Uターン転職の全てを解説!「都会の生活に疲れた」「地元に戻って貢献したい」「地元で家庭を築いて子育てしたい」方へ

近年「田舎暮らし」や「地方移住」が注目されている影響で、Uターン転職して田舎で働くことに興味を持つ人が増えています。

「都心よりも地元でゆったりと働きたい」「憧れの田舎暮らしをしながら働きたい」と就職・転職のタイミングでUターン転職を考える人が多いのです。

 

しかし現実には地方に転職するUターン転職となると求人数が少ないので、自分のやりたい仕事を探すだけでも簡単にはいきません。

理想のUターン転職を成功させるには自分のキャリアや人生設計をよく考えた上でしっかりと情報収集してUターン転職に挑む必要があります。

さらにUターン転職は生活拠点も移さなくてはならないため、よりも一層強い決意と準備が大切になります。

 

コンサル山田
Uターン転職失敗してすぐに他のところに転職、というわけはいかないからな。

 

この記事では「都会の生活に疲れた」「地元に戻って貢献したい」「地元で家庭を築いて子育てしたい」と考えているあなたへ、理想のUターン転職を成功するために、「Uターン転職の求人を探す方法」「Uターン転職を希望する理由やきっかけ」「Uターン転職のメリット・デメリット」「Uターン転職のベストタイミング」「Uターンに向いている人」を合わせてご紹介します。

参考資料「UIJターンの促進・支援と地方の活性化―若年期の地域移動に関する調査結果―」(PDF:566KB) (独立行政法人労働政策研究・研修機構)

 

この記事で伝えたいこと

目次
無料の適職診断[特集] 無料の適職診断

「Uターン転職」とは?「Iターン転職」「Jターン転職」「Oターン転職」との違いも説明します。

Uターン転職・Iターン転職・Jターン転職・Oターン転職

都会で就職した人が地方に転職するパターンには大きく4つあります。

  1. Uターン転職
  2. Iターン転職
  3. Oターン転職
  4. Jターン転職

 

地方に転職する際に、

  • 自分が生まれ育った地元へ転職する
  • 自分が生まれ育った地元ではない地方に転職する

でパターン分けしていると考えるとわかりやすいです。

「Uターン転職」は、生まれ育った地元を離れて都会で就職した人が、地元の会社に転職することを指します。

 

Uターン転職は都会から地方へ

Uターン転職とは

Uターン転職とは生まれ育った地元を離れて都会で就職した後に、地元に戻って転職をする里帰り転職のことを指します。

地元に戻る理由は「都市部での生活が合わない」「地元で子育てをしたい」「家業を継ぎたい」など人によって様々で、近年では家族の高齢化により親の介護を理由とする人も増えています。

Uターン転職をするとキャリアだけでなく、生活そのものが変わるため人生の大きな転換点となります。

また、地方勤務のための転職活動は求人情報が少なく、面接へ行くにも費用と時間がかかるなど、ハンデがあります。

地元に戻るからと言って、Uターン転職活動を軽い気持ちで考えてはいけません。

忍耐強く転職活動を進めなければならないことを頭に入れておきましょう。

しっかりとUターン転職のメリット・デメリットを天秤にかけ、地元に戻って働くことが良い人生を送るためのカギになり得るのかどうか、慎重に考えてください。

 

 

Iターン転職は都会生まれが地方へ転職

Iターン転職」とは都会で生まれ育った人がそのまま都会で就職した後、地方に転職することを言います。

旅行などをきっかけに地方の魅力を感じ、都会にはない生活を求めて転職する人が多いです。

しかし都会と地方では生活スタイルが大きく異る面が数多くあります。

今まで経験したことのない地方での生活は仕事面だけでなく生活面にも大きな変化をもたらします。

そのため、転職活動を開始する前に希望する地方の生活が自分に適しているのか、気候、交通手段や生活範囲などより詳しくその土地について情報収集を行う必要があります。

他にも独立・起業を考えている人が「地方でしかできない職種での起業」「経済資源」「優遇制度」などを求めて移住するケースも増えています。

関連記事 Iターン転職についてわかりやすく解説!メリット・デメリットから実際にIターン転職した人の声

 

Oターン転職は都会→地方→都会

「Oターン転職」とは都会から地方へ一度転職した後に再び都会へ戻って転職することを言います。

Oターン転職には、

  • 一度地方で就職したものの何らかの問題があり戻ってくる
  • 地方でしかできないことを求めて転職し、その経験を都市部の企業で活かすためにもう一度都市部に戻ってくる

パターンなどがあります。

残念なのは、地方へ転職したけれど何らかの問題があって再び都会に戻るケースです。

苦労して手に入れた地方への転職を失敗しないために、事前の移住対策や生活スタイルの見直しなど、情報収集と準備を怠らないことです。

 

無料の適職診断[特集] 無料の適職診断

Jターン転職は都心から別の地方へ

「Jターン転職」とは地方で生まれ育った人が都会で就職した後に生まれ故郷とは異なる地方に転職することを言います。

ただし出身地とは異なる地方と言っても、地元から遠くない地方都市に移住する人も多くいます。

地元に近い地方都市なら

  • 家族や地元の友人との距離が近くなる
  • 自然環境や人との繋がりなどの地方の生活を楽しむ
  • 都会の利便性もある程度欲しい

という望みが同時にかなうので選択されることが多いようです。

 

また地方都市であれば地元に比べて求人数が多いので仕事を見つけやすいことからJターン転職を選ぶ人もいます。

都会から地方へ転職する場合、いきなり地元に戻って働くよりも地方都市の方が働きやすく、地元への帰省が楽になるのもメリットといえます。

 

スポンサードリンク

 

▲目次に戻る

Uターン転職活動のやり方について地元企業が出す求人を見つける3つの方法

Uターン転職仕事の探し方

 それでは地元企業にUターン転職したいと思ったとき、どのように求人を探せば良いのでしょうか。できればUターン転職者を歓迎してくれる企業の求人を見つけたいものです。

地方へのUターン転職においては「求人数の少なさ」がネックになります。地方の企業では退職する人自体が少ないため、求人が出る機会がそもそも少ないです。

その上、採用枠ができてもツテやコネで枠が埋まりやすい傾向にあります。

そのため、まずは「求人の出るタイミングを逃さないこと」が大切です。

常に情報収集を怠らず、希望に合う求人が出たらすぐに行動することが必須です。

ここで紹介する以下3つの方法

  1. 自治体のサポート情報やハローワークでの情報収集
  2. 地元の知り合いの人脈をあたる
  3. 転職サイト・エージェントを利用する

を組み合わせることで求人を見つけるチャンスを広げて、Uターン転職を成功させましょう。

 

自治体の就職・転職情報などを活用

みやぎ移住ガイド

自治体のサポート情報・ハローワークでは地元の中小企業などを中心に求人を探すことができます。

地元に貢献したい、中小企業への転職を考えている人に向いています。

とくに人口減少が進んでいる地方自治体では「移住支援金」なども用意してUターン転職を公的にサポートしています。

 

コンサル山田
これは北海道と宮城の例だ

参考資料 北海道ふるさと移住定住推進センター

参考資料 みやぎ移住ガイド

地元の友人・知人・親にお願いする

地方の企業では友人・知人・親のツテやコネを利用して転職する方法もあります。ツテやコネを利用した方が、他の転職活動に比べて比較的スピーディーに話が進みます。

Uターン転職したいと思ったら、一度地元の友人・知人・親に相談してみましょう。

ただし待遇や就業についての交渉を自ら行わなければなりません。

 

転職サイト・転職エージェントを利用

転職サイト転職エージェントはUターン転職でも活用できます。

大手の転職サイトや転職エージェントは全国展開しているので、地方企業や大手企業の地方支社などの求人を見つけることも可能です。

リクルートエージェント「地方在住ですが、転職エージェントを利用できますか?」より抜粋

基本的に、どの地域にお住まいの方でも利用可能です転職エージェントでは対面の面談だけでなく、電話やWebでの面談を受け付けています。そのため、近くに拠点がない地域にお住まいで「直接面談が難しい」という方も利用できます。
また、U・Iターン転職を考えている方の相談にも応じています。都市部以外の求人案件で、地域密着型の独自情報を持っている転職エージェントもあるので、ご自身の状況や希望に合わせ転職活動に役立ててください。
リクルートエージェントは全国に拠点を持ち、地域密着型の豊富な情報を強みとした転職支援を行っています。地方での転職やU・Iターン転職を検討されている方も、ぜひご相談ください。

 

また大手転職サイトが「Uターン転職希望者向け説明会」などを主催することがあります。

そこで地元の求人情報を得たり、実際に企業の人事や責任者などと話をする機会を得ることもできるため、興味がある場合は積極的に参加しましょう。

求人数はやはり大手の転職サイトや転職エージェントの方が多く保有している傾向にあります。

 

転職エージェントの役割
転職エージェントの役割について

 

「リクナビNEXT」や「はたらいく」といった転職サイトでは「地域密着」を掲げており、地方の中小企業の求人に強みがあります。

他の転職サービスと併用して効率よくUターンの転職活動を進めてください。

 

関連記事  転職サイトおすすめ一覧

関連記事 転職エージェントおすすめ一覧

 

 

▲目次に戻る

みんながUターン転職を希望する理由やきっかけについて

Uターン転職の場合、生活環境自体が大きく変化するため強いきっかけや理由があります。生まれ育った地元に何となく戻りたいという軽い気持ちでUターン転職活動すると転職後「失敗した…」と思ってしまうことも。

このデータは独立行政法人労働政策研究・研修機構が調査した「出身県へのUターンの理由」です。

 

Uターンする理由
「UIJターンの促進・支援と地方の活性化―若年期の地域移動に関する調査結果―」(PDF:566KB) (独立行政法人労働政策研究・研修機構)

一番の理由は「実家に戻ったため」という回答ですが、大きく3つに分類して解説します。

自分はなぜUターン転職したいのか、考えるときの参考にしてください。

理由1:自分や家族のために生活環境を変えたい

自分や家族のために生活環境を変えたいという理由でUターン転職を希望する人は多いです。

  • 満員電車で遠距離通勤をやめたい
  • 都会の暮らしに疲れた
  • 自然豊かな環境で暮らしたい
  • 子供を地方でのびのびと育てたい

などの理由で都会から地方へ移住するために、Uターン転職を選択しています。

 

理由2:愛着のある地元に貢献したい

都会の学校や企業で得た知識やスキル・経験を生かして地元に貢献したいという理由でUターン転職を選択する人もいます。

  • 地元の企業で自分のスキルや経験に関連した業務の立ち上げに携わりたい
  • 地元商品の製造や販売に自分のスキルや経験を生かしたい

など、生まれ育った地域の発展に貢献したい、という思いでUターン転職する人もいます。

 

理由3:結婚、介護など家庭の事情で地元に戻らなければいけない

自分の希望ではないけれど、

  • 地元の企業に勤めている人と結婚する
  • 家業を継ぐ
  • 親の介護をする

ためにUターン転職を選ぶ人もいます。

特に、

  • 他に家業を継ぐ人がいない
  • 他に親の介護をしてくれる人がいない

という場合は、いつかはUターン転職の決断を迫られることになります。

 

 

▲目次に戻る

都会から地方へ移住して良かった!Uターン転職のメリット

Uターン転職のメリット

Uターン転職で得られるメリットとは何でしょうか。

首都圏での生活と地元での生活を比較して考えてみましょう。

Uターン転職後の生活には以下のようなメリットが挙げられます。

 

Uターン転職のメリット
  • 住み慣れた地元の生活に戻るので新たな環境に慣れるストレスがない
  • 通勤が楽になるなど生活にゆとりができる
  • 家賃・生活コストが下がることも
  • 地方自治体のUターン支援サポートを受けられる場合がある

 

住み慣れた地元の生活に戻るので新たな環境に慣れるストレスがない

Uターン転職の場合、住み慣れた地元の生活に戻るので、地元の知人が多く、生活パターンも想像しやすいので早く地域に馴染むことができます。

Iターン転職やJターン転職と比べて、新しい環境に慣れるストレスが少ないのは大きなメリットです。

地元を離れて長い時間が経っていると、地元の生活もある程度変化しているかもしれません。

でも実家の家族や親戚、古くからの知り合いから気軽にいつでも情報をもらえるので、知り合いゼロの土地に移住するのとは全然違います。

 

通勤が楽になるなど生活にゆとりができる

Uターン転職をすると、生活にゆとりができると感じる人が多いです。

特に、通勤が楽になるのは大きなメリットです。

地方で暮らすと、長い通勤時間や満員電車が当たり前の通勤ストレスから解放されます。

住居コストが低いので会社の近くに住んで通勤時間を短くすることもできますし、会社から離れたところに住んで車で通勤もできます。

交通渋滞に悩まされることもないですし、高い駐車場代を支払う必要もありません。

通勤以外にも

  • 高齢になった両親の近くに住めるので安心
  • 子育て世代は実家の家族や親戚の手助けを得られる

など、気持ちにゆとりができるようになります。

関連記事 通勤時間が長い人へストレスを軽減する方法など

 

家賃・生活コストが下がることも

家賃をはじめ地方では都会よりも物価が安いため、生活コストの削減が可能になります。

とくに、地方は土地代が首都圏に比べて安いので、若い世代でも家を持つことができます。

住宅ローンの負担が軽ければ、生活全体にゆとりができます。

また子育て世代なら子供の教育コストが下がることもメリットです。

都会で子育てをすると早くから受験のために塾に通ったり、私立学校に通わせる人が多いですが、地方の場合はそのようなことがあまりないので、子育てに関わるコストは低くなります。

地方に移住して余裕のある生活を楽しむことができるのはメリットです。

 

コンサル山田
ただし地方によっては「車は一人1台」なんてとこだと車維持費が結構掛かるから注意だ。

 

Uターン転職を歓迎する地方自治体もあるので公的サポートを受けられる可能性もある

自治体によってはUターン転職で地元に戻る人を歓迎しているところがあります。

そのような自治体は、引越し費用の負担や住居確保、子育て支援など、様々なサポートを用意しているので、地元自治体のホームページをぜひチェックしてみてください。

国土交通省のふるさとSearch(ふるさとサーチ)では、都道府県が運営するUターン等のポータルサイトや、Uターン等定住の促進に取り組む市町村の情報が掲載されています。

 

ふるさとサーチ

 

こちらもUターン転職する際にはおすすめです。

参考サイト:ふるさとSearch(国土交通省)

 

スポンサードリンク

 

▲目次に戻る

地方での勤務や生活は難しい?後悔する前に知っておきたいUターン転職のデメリット

都会で満員電車に揺られ仕事ばかりの生活を続けていると、Uターン転職がとても魅力的なものに感じるかもしれません。

しかし、Uターン転職にもデメリットがあり、それを知らずに見切り発車してしまうと転職後に後悔することになりかねません。

とくにUターン転職の失敗はその後の人生に大きく影響することが考えられるため、冷静にUターン転職のデメリットも把握しておきましょう。

 

Uターン転職デメリット
  • そもそも求人数が少なく、年収が下がる傾向にある
  • ブラック企業に当たってしまう可能性がある
  • 自動車を所有するためのコストや冷暖房代がかかることも
  • 東京のような都会と比べて娯楽が少ない
  • 家族が反対するかもしれない

 

地方は求人数が少ないので希望年収は難しい可能性がある

Uターン転職で必ず問題になるのは「求人数の少なさ」です。

Uターンの転職活動が長期化しやすい理由の1つにはこの求人数の少なさがあります。「首都圏一極集中」と問題視されているように、多くの企業は東京や大都市に集まっているのが現状です。

秘書ひとみ
たとえばハローワークの求人数で、東京都で200万件〜400万件の求人数があるのに対し青森では20万件〜30万件と10倍の差があります。

 

少しずつ地方に拠点を移している企業も増えつつありますが、その求人数・募集人数は都心の比べものにならないほど少なくなっています。

また地方によっては求人情報が地場産業・工場労働・医療・介護関係がほとんどの場合もあります。都会と同じように働きたくても人気の業界を選ぶこと自体が非常に難しくなることも頭に入れておきましょう。

地元だからなんとかなると仕事を見つける前に生活拠点を移すのはオススメできません。

仕事を決めずに戻ったら地元には応募できる求人がなかったということも考えられますので、必ず準備期間を長期的にもち、情報収集を忘れないようにしてください。

またUターン転職では年収が下がることも覚悟しておく必要があります。これも年収で仕事を選べるほど求人件数がないのが理由です。

関連記事 地方は仕事がないのは本当?地方の求人事情と地方ならでは仕事について

 

古い体質のブラック企業が多い可能性

Uターン転職ではブラック企業に当たる確率が高くなりやすいことも考えておきましょう。

地方の企業では人の出入りが頻繁ではないため、人材の新陳代謝が悪く古い体質が残っているような企業も多いのです。

もちろん地方の中小企業にも優良企業は多数あります。でもそのような企業は人が辞めないので、求人自体が出にくい傾向にあります。

ブラック企業かどうかを見極めるには実際に企業に足を運び、自分の目で見て雰囲気を感じることが大切です。

Uターン転職の場合、転職活動にかかる交通費・宿泊費などすべて自費になります。

だからと言って時間やお金が勿体無いなどとは思わずに、希望の求人があれば積極的に企業に足を運びましょう。

関連記事  ブラック企業の特徴と見抜く方法

 

自家用車を所有するためのコストや冷暖房代などが掛かることも

「生活コストが下がるから年収が下がっても問題ないはず」と軽く考えてしまうと転職後の生活で苦労することになるため気をつけましょう。

確かに、地方では家賃も物価も安くなるため全体的な生活コストが下がると思われがちですが、どこに行ってもそうなるわけではありません。

地方では車がなければまず生活することができないため、家族全員がそれぞれ車を持つことは珍しくありません。

そうなると複数台の車を維持するコストがかかります。

また地域によっては寒さが厳しい地域や暑さが厳しい地域など気候も様々なため、光熱費が都心に比べて大幅に高くなってしまうことも考えられます。

このように移住する地域によって、生活コストが都会よりかかる部分もあります。

そのため、移住後の生活コストや最低でも必要な年収の目安などをしっかりと計算して仕事を探すことをオススメします。

 

東京のような都会と比べて娯楽が少ない

地方では都会に比べて娯楽が少なくなります。

娯楽が少なくても地元の生活に満足できるか、都会の利便性を捨てても地方での生活に本当の魅力を感じることができるのかを冷静に考えましょう。

  • 夜遅くまで営業している飲食店が少ない
  • 話題のお店に簡単に行けない
  • コンサートや演劇等の公演が少ない

など、都市型の娯楽が好きな人にはツライです。

山登り、マリンスポーツ、キャンプ。ガーデニングのようなアウトドアの趣味がない人には退屈な生活になるかもしれません。

 

家族が反対する可能性も

家族を連れてUターン転職する場合は、家族の意見や理想の生活スタイル、価値観などを改めてすり合わせることが大切です。

  • 都会から離れたくない
  • 子供の学校が心配/転校したくない
  • 配偶者の地元ではないから生活が不安
  • 配偶者の転職が難しい

などさまざまな理由で家族が反対する可能性があります。

家族の反対を押し切ってUターン転職はオススメできません。

よく相談しても家族を納得させることができなければ、そのUターン転職は間違っているのかもしれません。

ここまでUターン転職のメリット・デメリットについて述べてきました。

それでも自分にとってUターン転職がメリットが勝り、自分の理想の人生を実現できると思えるのであれば転職活動を開始しましょう。

少しでも迷いがあれば「こんなはずじゃなかった」「都心に戻りたい」ということになりかねません。一度Uターン転職をして年収が下がってしまうと、例え都心へ戻ってきたとしても元に戻すことは大変になるため、将来のことを考えて慎重に行動することが大切です。

関連記事 「嫁ブロック」を回避して転職を成功させるには?

 

知っている土地だからとつい安心しがちなUターン転職ですが、しばらく離れていれば状況やコミュニティは変化していきます。

あとから後悔しないためにも情報収集と準備が何よりも大事です。

 

▲目次に戻る

年齢別Uターン転職のベストタイミングを解説(20代・30代・40代)

年齢別Uターン転職について

Uターン転職にベストな年齢ってあるのでしょうか。

ここでは年齢別に20代、30代、40代のUターン転職についてそれぞれ解説します。

20代はある程度キャリアを積んでからがオススメ

20代の場合は、ある程度キャリアを積んでからUターン転職するのがオススメです。就職してからすぐに「やっぱり地元に帰ろうかなあ」程度の気持ちでUターン転職を考えても、おそらく転職は成功しません。

地元企業の採用担当者には、この人は採用してもしばらくしたらまた「やっぱり都会に戻ろうかなあ」と辞めてしまうのではないか、と見えて不採用になる可能性が高いです。

ある程度キャリアを積んで20代後半くらいになったら、Uターン転職を考え始めるのがオススメです。

スキルと経験が評価されるので、地元企業や大手企業の地方拠点で歓迎される可能性が高くなります。

ただし年収が下がることはおそらく避けられません。

年収が下がってもUターン転職で得られるものが大きい、と思えるのならUターン転職しても大丈夫でしょう。

 

30代がベストタイミング

30代はUターン転職をするのにベストタイミングと言われています。

30代になれば仕事で相応のスキルや経験があるので、地元企業や大手企業の地方拠点が求める人材のニーズを満たすことができるようになります。

また年収が下がったとしても、30代で家族がいる人なら、「子供の教育コストが下がるから」「住宅購入費用が抑えられるから」と年収が下がる分を上回る価値をUターン転職に見出せる人が多くなります。

Uターン転職のメリットとデメリットを比較した場合、メリットの方が多くなる可能性が高いのも30代の人です。

 

40代は即戦力やマネジメント経験があればOK

40代の場合は、Uターン転職に限らず、転職が難しい年代になります。

即戦力やマネジメント経験がある人ならUターン転職しても大丈夫ですが、家族がいる人はなかなか難しいかもしれません。

  • 子供の学校の問題
  • すでに家を持っている
  • 配偶者も職場である程度の地位についていて簡単に仕事を辞められない

などで都会を簡単に離れることができない人が多くなる年代だからです。

とは言っても、40代は高齢の両親が心配になってくる時期でもあります。

Uターン転職のメリットとデメリットをよく検討して、家族全員の賛成を得られたら、決めることをオススメします。

関連記事 40代の転職成功完全マニュアル

 

▲目次に戻る

Uターン転職が向いている人ってどんな人?

Uターン転職が向いている人

Uターン転職に向いている人・不向きな人はいるのでしょうか?

都会と気候を含めて自然環境が違うことが苦にならない、というのはもちろんのこと、重要なのはこの3つのポイントといえます。

  1. キャリア上昇志向よりも「ワークライフバランス」重視な人
  2. コミュニケーションが好きで、地方特有の人間関係が苦にならない
  3. 娯楽がなくてもOKで生活の不便さを楽しめる人

 

キャリアアップよりもワークライフバランスを重視する人

地方では都会と違い得られる情報の内容やスピードに違いがあります。常に「最先端の流行を追いたい」「仕事でキャリアアップしていくことがやりがい」のようなキャリア上昇志向の人は、のんびりとした地方の働き方に合わないことが考えられます。

もちろん地方でも最新技術を開発・企画していくような企業はあります。

それでも都会と比べれば数も少なく、スピード感も変わってきます。

そのため、Uターン転職にはとにかく仕事が命という人よりも、自分の人生をより豊かにするために仕事以外の部分を充実させたいという考えの人が向いていると言えるでしょう。

 

地方特有の人間関係が苦にならない人

もちろん住んでいたことのある土地なので、一から人間関係を築くよりもハードルは低く思われますが、都会よりも地元の人・ご近所の人に密接に関わっていく必要があります。

地方では人の入れ替わりも少ないためコミュニティの基盤が出来上がっていることがほとんどになり、迎え入れてもらうためのコミュニケーションを欠かすことはできません。

都会とは違う人との距離感や地域独自のしきたりなど、柔軟に対応できるコミュニケーション能力が求められるのです。

 

娯楽がなくてもOKで生活の不便さを楽しめる人

Uターン転職においては何よりも生活面での変化が大きくなりやすいため、自分の趣味志向を改めて考えると良いかもしれません。

とくにショッピングや都会の娯楽が欠かせないという場合にはUターン転職は向かないことになります。

自然に囲まれた環境で楽しみを見出せたり、不便さそのものを楽しむことができるような人であれば、地方での生活をのびのびと楽しむことができます。

 

コンサル山田
東京から地方へUターン転職した知人が「コンサートやライブイベントがとても貴重なんだ」と言ってたぞ。

 

Uターン転職に関するよくある質問

最後に、Uターン転職に関するよくある質問を紹介します。疑問がある方はぜひご覧になってください。

Uターン転職する場合の仕事探しの方法は?
一番多いのはハローワーク経由で探す方法です。全国にある地域密着の企業求人を探すことができますし市区町村によっては「Uターン転職歓迎!」と行政サポートがありますので一度現在お住まいの最寄りのハローワークに相談に行ってみましょう。
Uターン転職で地方に行くと年収は下がりますか?
やはり都心部(東京・神奈川・大阪・愛知など)と比べると地方では平均年収ベースで100万円以上差が出ることがあります。地方の企業では都心部のような年収は厳しいのが現状です。
参考資料 厚生労働省『令和2年賃金構造基本統計調査 結果の概況』より
やはり地方は仕事が少ないの?
実は有効求人倍率だけみると地方も首都圏もそれほど差がありません。ただ求人数自体には大きな差が有り東京都で200万件〜400万件の求人数、青森では20万件〜30万件の求人数と10倍の差があります。また業界・職種も偏りがあり人気のIT業界などは都心部に多く、地方は建設・製造業などが多くなります。地方だと仕事の選択肢が少ないのは確かです。
地方に行けば生活コストは下がりますか?
一番大きく下がるのは家賃などの居住費です。地方によっては東京の倍の広さで家賃半額程度、など大きな差があります。ただ地方だと車を所有しないと移動が厳しい場合は寒冷地などは暖房代がかかるなど、都会にはない生活コストもありますので一概に必ず下がるとは言えません。

 

▲目次に戻る

Uターン転職について完全解説 まとめ

Uターン転職について解説してきました。Uターン転職では一番が希望の仕事が見つかるかどうかが重要です。

Uターン転職を決める前に地元の現状や転職状況をよく調べて、その上でメリットとデメリットをしっかりと比べて、自分に向いているかどうか見極めることが大切です。また家族がいる人は、家族に賛成してもらえるように説得しましょう。

Uターン転職で「広い家でゆっくりと過ごすことができるようになった」「時間の余裕ができた」「家族との時間も増えた」そんな調査結果もあります。Uターン転職は人生が大きく変わる出来事になりますのでしっかりと準備していきましょう。

 

 

関連記事 通勤時間が長い人へストレスを軽減する方法など

関連記事 Iターン転職についてわかりやすく解説!メリット・デメリットから実際にIターン転職した人の声

関連記事 地方は仕事がないのは本当?地方の求人事情と地方ならでは仕事について

 

▲目次に戻る

 

スポンサードリンク

 

仕事・転職で悩んでいるなら【無料】適職診断受けてみよう

適職診断を受けよう

「正直いまの仕事が合っていない」「どんな仕事が自分に合っているのかわからない」

そんな人は無料の「適職診断」を受けることで自分に合った仕事を知ることができます。

 

>> 【無料】適職診断を見る <<

無料の適職診断
スポンサーリンク
Uターン転職
最新情報をチェックしよう!
>仕事・転職で悩んでいるなら【無料】適職診断受けてみよう

仕事・転職で悩んでいるなら【無料】適職診断受けてみよう

「正直いまの仕事が合っていない」「どんな仕事が自分に合っているのかわからない」. そんな人は無料の「適職診断」を受けることで自分に合った仕事を知ることができます。

CTR IMG