「タイト」の業界別意味と正しい使い方・使う際の注意点を解説

「タイトってよく聞くけど、どういう意味?」「洋服やビジネス用語でもタイトってあるけど同じ意味なの?」と疑問に思っている方も多いはず。

実は、タイトという一つの用語でも状況別で様々な意味があるのです。本記事では「タイト」という用語について、意味や例題はもちろん実際にタイトという言葉を使う際の適切なタイミングをご紹介します。

 

この記事で伝えたいこと

無料の適職診断[特集] 無料の適職診断

タイトって何?

タイトとは英語で記載すると「tight」で意味は「キツイ」「固い」等が挙げられます。

例えば以前有名な女性歌手が歌っている曲の中に「タイトなジーンズに〜」という表現がありましたが、これをそのまま直訳すると「キツイジーンズ」です。

また「ぴったりしている」「かたくしっかりしている」という意味合いもあるため、様々な業界で利用されることの多い用語でもあります。

タイトに似ている用語「ハード」

タイトに似ている用語として「ハード」という用語もよく使われます。例えば「今日は仕事がハードな一日だった」「スケジュールがハードすぎる」等が代表的です。

ではタイトとハードとは同じ意味なのかを考えてみます。ハードとは日本語だと「辛い」「大変」「しんどい」等の意味で使われることが多い用語です。

結論的に言うとタイトは時間等に追われて大変、キツイ時に使う用語で、ハードは肉体的に大変、キツイ時に使うものだと考えてみましょう。

そうすると「今日のスケジュールはタイトだった=精神的に早くスケジュールをこなそうと大変だった」「今日のスケジュールはハードだった=運動量が多くて凄く疲れた」という風に上手に用語を使い分けることができるようになるのです。

このようにこの2つは文章にしてみると違いがそこまでないように見えるのですが、「タイトは精神的」「ハードは肉体的」に辛い!大変!キツイ!というような意味合いなのです。

 

▲目次に戻る

【状況別】タイトの意味

次は状況別でタイトの意味を見ていきましょう。

ビジネス用語でのタイトとは

ビジネス用語でのタイトとは「厳しい」「余裕がない」という意味です。

例えば「予算やスケジュールが厳しい」という場合に厳しいという部分をタイトに変えたり、納期の期限が迫っているという場合に「納期期限がタイト」という風に変えたりして使います。

 

無料の適職診断[特集] 無料の適職診断

IT用語でのタイトとは

IT用語でのタイトはビジネス用語と同じく「納期まで余裕がない」という意味です。

例えば「〇〇会社から新たな仕事を依頼されたが、納期限が迫っている仕事があってタイト過ぎる」という場合は新たな仕事を依頼されたけどそんな余裕はないよ!という風に使います。

 

アパレル用語でのタイトとは

アパレル用語でのタイトとは「体に密着した洋服」という意味です。

女性の場合、よく店員さんが「そちらの商品は結構タイトなんですよ~」というように使っている場面を見かけたことがあるかと思います。例えばスキニージーンズ等、体にぴたっと密着しているような服をタイトな服と呼び、最近はメンズでもタイトなものが増えていますよね。

 

音楽用語でのタイトとは

音楽用語でのタイトとは「音やリズムが引き締まっている」という意味です。

上3つと違い「厳しい」「キツイ」「固い」という意味合いではないですが、音を聞いている時に「エッジが効いている!」「音が引き締まっているように感じる」という時にタイトという用語を使います。

 

▲目次に戻る

タイトってビジネスシーンのどんな時に使う用語?例題を4つ紹介

次はタイトという用語をビジネスシーンのどんな時に使うのか、例題を4つご紹介します。

①納期までタイトなスケジュールだ

この用語の意味は「納期まで厳しいスケジュールだ」「キツイスケジュールだ」という意味です。

また仕事を依頼してきた取引先に「今は納期がタイトなものを多く担当しているため申し訳ありませんが今回は難しいです。」とお断りの言葉として使うこともあります。

 

②来週が納期だとスケジュールがタイトですが頑張ってみましょう

この用語の意味は「来週が納期だとスケジュールが厳しい/キツイですが頑張ってみましょう」という意味です。

厳しいやキツイ以外にも余裕がないという場合にも使います。しかし人によってはタイトだと感じる納期は違うため、一概にどの程度がタイトと呼べるのかは人それぞれです。

 

③タイトなスケジュールで大変申し訳ありませんが何卒お願いできませんでしょうか

この用語の意味は「厳しい/キツであろうスケジュールで大変申し訳ありませんが何卒お願いできませんでしょうか。」という意味です。

仕事上、期限が短い仕事を任せなければならない時もあります。そんな時に「タイトなスケジュールだがどうにかなりませんか」という風に使います。

 

④予算がタイトなので上司と相談する

この用語の意味は「提示された予算だと非常に厳しい/キツイので、とりあえず上司と相談する」という意味です。

「〇〇さん、すいません。今回提示された予算なんですがかなりタイトなので、どうしましょうか」という風に使います。

 

スポンサードリンク

 

▲目次に戻る

ビジネスシーンでタイトを使う際の適切なタイミングと使い方をレクチャー

最後にビジネスシーンで実際にタイトを使ってみたい!とお考えの方に向けて、タイトを使う適切なタイミングと使い方をレクチャーさせていただきます。

納期が厳しい時

まず、依頼された仕事の納期が厳しい時や納期に間に合いそうにない時がタイトを使う適切なタイミングです。

使い方としては「すいません納期がタイトで間に合いそうにないです。」「そちらの納期だとかなりタイトなのでもう少し期限を延長できませんか?」という風に使います。

 

予算が厳しい時

次に提示された予算が厳しい時がタイトを使う適切なタイミングです。

使い方としては「申し訳ありませんが、ご提示いただいた予算ですとかなりタイトかと思います。」「先方から提示された予算がタイト過ぎる」という風に使います。

 

タイトを使う適切なタイミングは「厳しい」「キツイ」「難しい」

タイトには基本的に「厳しい」「キツイ」「難しい」という意味合いがあります。

そのため「さすがにこれは厳しいだろう」「この予算だと厳しい」「その納期に間に合わせるのは難しい」という時がタイトの使い時だと覚えておきましょう。

 

▲目次に戻る

タイトの意味と使い方 まとめ

今回はタイトという用語についてご紹介しました。

タイトとは英語で記載すると「tight」で意味は「キツイ」「固い」等が挙げられます。ビジネス用語でのタイトとは「厳しい」「余裕がない」という意味で使われます。

タイトという用語自体は様々なシーンで聞きますが、ハードと同じ要領で使っている方もいることでしょう。しかし、タイトとハードは「精神的or肉体的」という違いがあります。

本記事を参考に、ご自身がタイトという用語を使う際は適切なタイミングで使えるように予習しておきましょう。

 

スポンサードリンク

 

▲目次に戻る

仕事・転職で悩んでいるなら【無料】適職診断受けてみよう

適職診断を受けよう

「正直いまの仕事が合っていない」「どんな仕事が自分に合っているのかわからない」

そんな人は無料の「適職診断」を受けることで自分に合った仕事を知ることができます。

 

>> 【無料】適職診断を見る <<

無料の適職診断
スポンサーリンク
タイト
最新情報をチェックしよう!
>仕事・転職で悩んでいるなら【無料】適職診断受けてみよう

仕事・転職で悩んでいるなら【無料】適職診断受けてみよう

「正直いまの仕事が合っていない」「どんな仕事が自分に合っているのかわからない」. そんな人は無料の「適職診断」を受けることで自分に合った仕事を知ることができます。

CTR IMG