ビジネス英会話とは

ビジネス英会話とは?日常英会話との違いからビジネス英会話の勉強法まで初心者にわかりやすく解説

「英語勉強するならビジネスで通用するビジネス英会話を学ぼう!」

「ビジネス英会話と日常英会話って何が違うの?」

なんて思っているビジネスパーソン多いと思います。

最近は国内企業でも海外進出したり、反対に海外企業が国内展開を図り日本企業との取引が増えている昨今、多くの企業では外国人ビジネスマンと接する機会や英文を読み書きする機会が増えています。

このような背景もあり近頃はTOEICや英会話の勉強をはじめているビジネスパーソンが増えています。

英語の勉強を始めた方の中には、ビジネスでは「ビジネス英会話が重要」といったフレーズを耳にした経験がある方もいるでしょう。

たしかに「ビジネス英会話が重要」というのは正しいのかもしれませんが、そもそもビジネス英会話とはどんなものなのでしょうか?

ビジネス英会話と聞くと、「日常英会話と何が違うの?」とか「ビジネス英会話って難しそう」そんな不安を持つかもしれません。

今回の記事では、ビジネス英会話について、またビジネス英会話の勉強法や日常英会話との違いを英語初心者にもわかりやすく解説します。

ビジネスで英会話を学びたい人必見です。

 

無料の適職診断[特集] 無料の適職診断

ビジネス英会話とは?ビジネス英会話の特徴

ビジネス英会話とは

そもそもビジネス英会話とは、どんな英会話を指すのでしょうか?

一般的にビジネス英会話と呼ばれるものは、以下3つの特徴を持っています。

特徴1:その名の通り「ビジネス」で使用する英会話

ビジネス英会話とは、その名の通り「ビジネス」の場面で使用される英会話を意味します。

一方学校で友達と会話したり、海外旅行で現地の人とフランクに話す場合は「日常英会話」と呼ばれます。

 

特徴2:ビジネス英会話は業務や仕事で使う専門用語が多い

ビジネス英会話の最大の特徴は、業務や仕事で使う専門用語が数多く出てくる点です。

たとえば製造業であれば、「Prototype(試作品)」や「Ordering(発注)」など、商品を製造する過程に関連する英単語が頻繁に会話に出てきます。

上記でお伝えした専門用語は一部であり、経営やマーケティング、ファイナンスなど、業種や業界によって多用する専門用語は大きく異なります。

ビジネスの場面で出てくる英単語は、日常英会話では滅多に目にしない難解なものばかりです。

ビジネス英会話を勉強するのであれば、こうした専門用語を使いこなせるようになる必要があります。

 

特徴3:ビジネス英会話ではフォーマット化された表現を使う機会が多い

ビジネス英会話のもう一つ大きな特徴としてあげられるのが、「フォーマット化された表現が多い」点です。

ビジネス英会話と聞くと、習得するのが難しそうなイメージを抱くかもしれません。

ですが商談や社内会議など、場面によって使用する表現はある程度フォーマット化されているため、実際に覚えることはそこまで多くありません。

 

たとえば商談が終わって相手にお礼を述べる場面では、

”Thank you for your time(お時間をいただき誠にありがとうございます)”

と言う表現がしばしば使われています。

 

また相手に謝罪を行う場面では、

”I am sorry about〜(〜について私は申し訳ないと思っています)”

という表現を使うケースが多いです。

 

このようにビジネス英会話では、使用するフレーズが場面によって定型化(決まっている)されています。

定型化されたパターンを覚えてしまえばある程度会話できるため、日常英会話と比べると、実は難易度はそこまで高くないのです。

 

無料の適職診断[特集] 無料の適職診断

ビジネス英会話と日常英会話の違い

ビジネス英会話と日常英会話の違い

ビジネス英会話の特徴をお伝えしましたが、そもそも日常英会話とはどのような点で異なるのでしょうか?

ここでは、ビジネス英会話と日常英会話の違いを3つご紹介します。

日常英会話と比べてビジネス英会話は「丁寧な表現」を好む

日常の場面では友達や家族などの気心知れた相手と会話する一方で、ビジネスの場面では取引先の相手や上司などと会話します。

そのため日常英会話と比べると、ビジネス英会話では「丁寧な表現」を使うのが一般的です。

たとえば目的地の場所を聞くとき、日常英会話では

”Where is〜(〜はどこ?)”

と聞きます。

ビジネス英会話では、

”Could you tell me where〜(〜がどこにあるか、教えていただけるでしょうか?)

と、丁寧な表現を使います。

一見難しく見えますが、日本語でも日常の会話と仕事上の会話で使う表現が異なるのと同じです。

日本で言うところの「ビジネスマナー」に通じるものなので、ビジネス英会話を行う際は、丁寧な表現を心がけるのが大切です。

 

日常英会話では省略形やスラングが頻出するが、ビジネス英会話では基本使わない

日常英会話では、wanna(want toの省略形)やSup(What’s UPの省略形「最近どうです?」という若者向け表現)などの省略形やスラングを多用します。

しかしビジネス英会話では、先ほどお伝えしたように丁寧な表現を好むため、このような省略形やスラングは基本使わない方が良いと言われています。

省略形はなるべく使わずに(“wanna”ではなく”want to”)、かつSupなどのスラングではなく丁寧な表現(“It’s a pleasure to meet you”など)を使うように心がけるのが、ビジネス英会話では重要です。

 

「日常の場面でビジネス英会話」or「ビジネスの場面で日常英会話」を使うと?

それぞれの違いを無視して、英語を使用すると一体どうなるのでしょうか?

たとえば日常の場面で友達にビジネス英会話の固い表現を使うと、そっけなく話している印象を相手に抱かせて、友達との間に壁を作ってしまう恐れがあります。

一方でビジネスの場面で日常英会話のフランクな表現を使うと、失礼な表現だと思われて、大事な商談などで失敗する危険があるでしょう。

このような事態を回避するためにも、適切な場面で適切な英語を使うようにしましょう。

 

ビジネス英会話を使うシーン

ビジネス英会話を使うシーン

ビジネス英会話は具体的にどのような場面で使用されるのでしょうか?

一般的に使用される場面をご紹介するので、ビジネス英会話を勉強する際に参考にしてください。

海外取引先とのコミュニケーション

まず考えられるのは、海外取引先とのコミュニケーションでしょう。

新規で取引先を開拓するにしろ既存の取引先にしろ、商談を成功させるには正確に英語を伝える必要があります。

また商談を成功させるには、相手に対する誠意を伝える必要があり。

そのためにはビジネス英会話特有の丁寧な表現を完璧に使いこなす必要があるでしょう。

一つの英単語を言い間違え(聞き間違え)ただけで、致命的なミスとなり商談が白紙になる恐れがあるので注意が必要です。

 

外国人上司や同僚との会話

外資系の企業などでは、上司や同僚が外国人である可能性があります。

仕事を円滑に進めるには、コミュニケーションをしっかり取るのが重要です。

相手が日本語を話せないのであれば、自分が英語を覚えてコミュニケーションを取る方が近道かもしれません。

なお同僚であれば日常的な英会話でも問題ないと思いますが、外国人上司と会話する際には、丁寧な表現を重視したビジネス英会話を使うようにしましょう。

 

外資系企業への転職時の面接

「英語を覚えたら外資系企業に転職しよう!」と考えている方も多いかと思います。

会社によりますが外資系企業なので、面接自体が英語で行われる可能性があります。

ビジネス英会話の表現をマスターすれば、面接の時に自身の経歴や熱意を精一杯伝えられるでしょう。

 

関連記事

この記事では「外資系企業に転職したい」と考えている人のために 外資系企業で働くメリットとデメリット 日本にある外資系企業の特徴 外資系企業に転職しても大丈夫な人 外資系企業に転職するために必要なこと を解説[…]

外資系企業へ転職したい人

 

ビジネス英会話の勉強法

ビジネス英会話の勉強法

最後にビジネス英会話の勉強法について解説します。

とはいえ基本的な英語力(単語や文法の基礎知識やリスニング力、スピーキング力)が無ければ、ビジネス英会話の勉強が非効率になってしまいます。

ビジネス英会話を勉強する際は、まず事前に英語の基礎力を身につけてからにするのがオススメです。

その上でビジネス英会話の力を身につけたいのであれば、以下3つの勉強法を実践するのがオススメです。

ビジネス英会話に特有の表現パターンを覚える

先ほどお伝えしたように、ビジネス英会話では場面によって使用する表現がある程度決まっています。

ですので、ビジネス英会話を使いこなせるようになりたいのであれば、特有の表現パターンを重点的に暗記する必要があります。

たとえば「ビジネス英会話 定型表現」とネットで検索すれば、ビジネス英会話で使用する定型表現がいろんなサイトで紹介されています。

手軽に勉強したいのであれば、このようなサイトを参考にするのがオススメです。

自身の属する業界の専門用語に特化して英単語を覚える

ビジネス英会話ではたくさんの専門用語が出てきますが、実際には自身の働いている業界に関する専門用語のみ覚えれば問題ありません。

自分が関わっている業界の専門用語の英語を調べて覚えていくのも良いですし、業界や職種に特化した英単語帳を用いて勉強するのも一つの手です。

たとえば会計に関する職であれば、「会計プロフェッショナルの英単語100」という単語帳で会計に関する専門用語を勉強できます。

 

もしくは製造業であれば、「世界で通じる!製造現場の英語」という教材を使えば、製造業に関する専門用語を学習できます。

created by Rinker
¥1,760 (2020/12/02 20:54:56時点 Amazon調べ-詳細)

上記はあくまで一部であり、他にも業種や職種に特化した教材が世の中には沢山あります。

ビジネス英会話を実務で使いたいのであれば、自身の業界で頻出の専門用語を重点的に覚えていきましょう。

 

ビジネス英会話に「慣れる」ための練習を積み重ねる

日常英会話でも同じことが言えますが、結局英語を使えるようになるには「慣れ」が必要です。

ただひたすらインプット(専門用語や定型表現の暗記)ばかりしていても、ビジネス英会話を実践的に使えるようにはなりません。

大事なのは覚えたことを、その都度アウトアプットすることです。 たとえばビジネス英会話のオンライン講座を受講して、覚えた表現を使って会話するのが良いでしょう。

もしくは自分で覚えた表現をひたすら口にするだけでも、ビジネス英会話の力は身につきます。

ビジネス英会話の習得にはとにかく慣れが不可欠なので、ひたすら覚えたことをアウトプットする習慣を付けましょう。

 

ビジネス英会話とは? まとめ

今回の記事では、ビジネス英会話の特徴や勉強法についてご紹介しました。

ビジネス英会話はビジネスで使う英語であるため、丁寧な表現を好んだり専門的な用語が頻出するなどの特徴があります。

日常英会話とは異なる部分が多いので、ある程度基礎的な英語力を身につけたらビジネス英会話に特化した勉強をしていきましょう。ビジネスで英語を使いこなせるようになるための近道です。

 

関連記事

「英会話の勉強をはじめたいけど何からはじめていいのかわからない」 「英会話の勉強はやっぱり英単語から?」 「英会話の正しい勉強法ってあるの?」 数年前、英語が社内公用語になった会社のニュースは記憶に新しいと思います。 […]

英会話の勉強法
関連記事

「会社からTOEICのスコアを求められるようになった」 「転職で役立つようにTOEICの勉強をはじめたいけど…TOEICの基本を知りたい」   英語力を測る指標として用いられることの多いTOEICですが、良く耳に[…]

TOEICとは
関連記事

この記事では「外資系企業に転職したい」と考えている人のために 外資系企業で働くメリットとデメリット 日本にある外資系企業の特徴 外資系企業に転職しても大丈夫な人 外資系企業に転職するために必要なこと を解説[…]

外資系企業へ転職したい人
転職を成功させるために転職エージェントを活用しよう

転職エージェントおすすめランキング

いまや転職を成功させるためには転職エージェントの活用は必須。

年齢・キャリア別に転職エージェントおすすめランキングを発表!

転職エージェントのメリット・デメリット・活用方法までそのすべてを一挙に紹介しています。

 

>> 転職エージェントおすすめランキング <<

無料の適職診断
スポンサーリンク
ビジネス英会話とは
最新情報をチェックしよう!
>今の時代、転職を成功させるには転職エージェントの利用が必須

今の時代、転職を成功させるには転職エージェントの利用が必須

転職エージェントも今はキャリア・業種によってさまざまあります。 自分に合った転職エージェントを見つけましょう。

CTR IMG
\今すぐチェック/
仕事のことで悩んでいるならオンラインで今すぐ無料
無料適職診断