「スルースキル」とは?今のビジネスシーンで重要なストレス回避ができ人間関係も良くなるスキルについて解説

スルースキルについて完全解説
  • 「スルースキルとは我慢や無視する技術のこと?」
  • 「スルースキルの身に付け方は?」
  • 「自分は現状でスルースキルを持っているのだろうか?」

「スルースキル」についてこのような疑問を抱えていませんか?私も最初は大体の意味しか想像できなかったので、気持ちは非常に分かります。

スルースキルは、我慢や無視するスキルではなく受け流す技術です。

身に付けることで、嫌な相手と人間関係をしっかり保ちながら、それでいて自分は精神的なダメージをたいして負わなくなります。

この記事を読む主なメリットは以下の通りです。

  • スルースキルとは何かメリット・デメリットを含め理解できる
  • 人生が圧倒的に楽になるスルースキルの身に付け方が分かる
  • 上司や同僚との対話でスルースキルの活かし方が会話形式で学べる

職場やプライベートの些細な出来事をいつまでも引きずってしまう方は、ぜひこの「スルースキル」についての記事を最後までご覧ください。

タップできる目次
この記事の監修者
転職コンサル山田
コンサル山田

「日刊お仕事マガジン」編集長。
ウェブマーケティング会社経営者。上場企業からスタートアップまで7回の転職経験を元に「日刊お仕事マガジン」を運営。
転職ノウハウだけではなくビジネス全般、キャリアアップ、独立起業、最新ビジネスニュースなどをお届け。

スルースキルとは?正しい意味を解説

スルースキルの意味を解説

スルースキルとは、自分のストレスになる周囲からの言動やネガティブな状況を真に受けず上手く受け流すスキルです。

ストレスが多い現代社会を、スマートに渡っていくために必要なスキルといえるでしょう。

ここでは、スルースキルが具体的に「何を意味するか・身に付けるメリットは何か」を説明していきます。

スルースキルという単語の意味だけを推測すればニュアンスは伝わるけれども、正確な意味を知らない方はぜひ参考にしていただければと思います。

スルースキル=「我慢」や「無視」するスキルではない

スルーは日本語に直訳すると「通過や経過」。要するに、自分の周りで何か不都合が起こっても、触れずにやり過ごすことを意味します。

対して、「我慢」はマイナス感情を自分の中で受け入れ、心の痛みが消えるまで待つか、自分を説得して辛さを紛らわそうとします。

スルーと我慢は同じだと勘違いする人が多いですが、両者は根本的に異なるので明確に区別しましょう。

もっと厳密にいえば、スルースキルは「無視」でもありません。無視は物事に対して関わることを拒絶する状態です。

スルースキルは問題が起こった時など一応は関わろうとします。そして自分にとって重要ではない問題と分かると、その後は関わるのをストップします。

あくまでも、スルーは受け流すことです。無視とスルーを混同すると、人間関係の悪化につながるので注意しましょう。

スルースキルが高いメリット

  • やるべき事に集中でき成果が出る
  • 心身ともに健康を保てる
  • 他人と付き合うのが苦でなくなる

スルースキルには主に以上のメリットがあります。

スルースキルを身に付けると、細かい事で悩まず、充実感に満ちた健康的な生活を送れるようになります。

人生が今より確実に楽になるので、少しずつ物事の捉え方や考え方を変えていきましょう。

▲目次に戻る

スルースキルが高く常に感情が安定している人の5つの特徴

スルースキルが高い人の特徴

ここでは、スルースキルが高い人の特徴を5つにしぼって説明します。

スルースキルが高い理由として、これまでの人生経験で身に付いた場合と生まれ付きの気質で自然と身に付いている場合の2パターンあります。

いずれにしても、スルースキルがあれば楽な気持ちで自分のやるべきことに集中できるので万人に有益なスキルです。

しかし、スルースキルが高すぎても逆にデメリットが生じます。

これからスルースキルを身につけようと考えている方は、そのデメリット部分もしっかり意識していかなくてはなりません。

スルースキル高い人特徴1:ポジティブに物事を捉える

誰が見てもネガティブな問題でも、スルースキルが高い人はポジティブに変換します。

仕事で失敗しても成長の機会と捉え、しっかり反省し今後に活かすことを考えます。悩むだけでは問題は1ミリも解決しないのを認識しているので、実際の行動に移すまでがとにかく早いです。

スルースキル高い人特徴2:集中力が高い

今自分がやるべき事に全力で取り組んでいるので、外部からの余計な情報を自然とシャットダウンできます。

例えば上司や同僚から嫌味を言われても、そもそも気づいていない場合も多いでしょう。

スルースキルは意識して発揮されるのではなく、自然と出てくる場合がほとんどです。

仕事に対して常に全力投球している結果、気付かないうちに自分にとって関係ない内容を自然にスルーできているといえます。

スルースキル高い人特徴3:無駄な感情に振り回されず冷静

スルースキルの高い人は、常に自分の軸を持って行動します。

他人の言動に対して右往左往せず、客観的な視点で自分なりに判断しようとします。

例えば上司から物覚えの悪さを指摘された場合、これまで会社から何かしら通告があった訳ではないので、他の社員と比べて能力は著しく劣っていないはずと考えます。

その上で物覚えが悪いのは事実として認め、悩んで時間を浪費するより一刻も早く仕事を覚えようとするでしょう。

選択と集中という言葉がある通り、気にしてもどうすることもできない問題に振り回されず、本質的に必要な部分だけに向き合える冷静さを持っています。

スルースキル高い人特徴4:仕事を含めプライベートが楽しく充実している

スルースキルが高い人は、総じて人生全般が充実しているケースが多いです。

仕事にしろプライベートしろ自分が心から楽しいと思って打ち込んでいれば、多少辛いことがあってもやりがいや充実感が勝ります。

目の前の小さな問題よりも、自分が心から達成したいゴール(目標)に意識が自然に向いているからです。

プライベートが充実していれば常に職場の人間関係に支配されず、ON・OFFの切り替えが無理なくできます。

スルースキル高い人特徴5:サイコパス気質な場合も

冒頭で述べた通り、スルースキルが高い原因は大きく2種類あります。

1つはこれまでの人生経験が影響している場合、もう1つは生まれ付きの気質が影響している場合です。

前者であれば、自分自身の努力があったからこそスルースキルが身に付いたと考えられるので問題はありません。

しかし生まれ付きの気質が影響してスルースキルが備わっている人は、他人に配慮がない言動を普段から無意識レベルで取ってしまいがちです。

その結果、周囲から人の気持ちを考えられないサイコパスだとレッテルを貼られてしまう人もいます。

スルースキルが高いと一般的にポジティブな印象ですが、高すぎても周りから距離を置かれる弊害があることも覚えておかなくてはいけません。

▲目次に戻る

スルースキルが低くストレスを抱えやすい人の5つの特徴

スルースキルが低くストレスを抱えやすい人

自己肯定感が低い人や他人とのコミュニケーション経験が少ない人は、特にスルースキルが低い傾向にあります。

自信の無さが原因で、物事の判断基準が自分ではなく他人に偏りがちになるからです。背景にあるのは、仕事全般に関するスキルの乏しさです。

スキルが無く仕事に対して自分の考えを持てず、コミュニケーションも苦手なので、常に他人の意見ばかりを優先しています。

その結果、他人からネガティブな言動を受けても、自分が間違っていると思い込みスルーできなくなっています。

スルースキル低い人特徴1:自己肯定感が低すぎる

自分に自信がない人ほど、スルースキルも低い場合が多いです。

他人の言動に動じやすいということは、それだけ自分のスキルや経験、今の取り組みに自信を持てていません。

スルースキルが低い人は自分に対する信用度がかなり低いので、結果のみで自分の価値感すら判断してしまう場合もあります。

他人から少し指摘されただけで、人格まで全否定されたと思い自己嫌悪に陥ってしまうことも多いです。

会社に入社したばかりで右も左も分からない場合、自信が持てないのは仕方がない部分もあります。

しかし、できないながらも懸命に働いている自分を認めてあげることが、スルースキルを身に付ける礎になるのです。

スルースキル低い人特徴2:仕事はもちろんプライベートもつまらない

スルースキルが低い人は仕事以外に熱中していることが少ない場合が多く、気持ちの切り替えが上手くできない場合が多いです。

つまり、意識が職場で起こったことに支配されやすい状態になっているといえるでしょう。

例えば時間を忘れて楽しめる趣味があれば、就業時間後は無理なく仕事モードから気持ちをOFFできるのでストレスを溜め込むまずに済みます。

仕事中に多少辛いことがあっても、仕事だけが全てではないと開き直り、マイナス感情を上手く処理できます。

スルースキル低い人特徴3:そもそも何が物事にとって重要なのかを理解していない

物事は絶対に欠かせない大切な根幹部分と、その他の部分に分けられます。

職場でスルースキルが低い人は、全ての仕事を完璧にこなそうとするあまり、些細な不都合でも見逃せない傾向があります。

例えば社内で開催するイベントの書類を作成する場合、最低限の日時・場所とイベント内容が記載してあれば問題ありません。

それにも関わらず細部のデザインにまでこだわって時間を浪費して、本来力を注ぐべき業務をおろそかにしてしまう場合もあります。

職場の人間関係も同様で、上司や同僚から嫌味をいわれても最終的に仕事で成果を出せれば問題ありません。

周囲のどうでもいいネガティブな言動ばかりに注目して、自分の大切な時間を失うのはもったいないことです。

スルースキル低い人特徴4:コミュニケーションの経験が少ない

これまでの人生で他人とコミュニケーションを取ってきた経験が少ない人は、社会生活を送る上で必要なスルースキルが身に付いていない場合が多いです。

人とそれなりに接してきていれば、受け流しても問題がない言動としっかり受け留めるべき言動の区別はできるはずだからです。

スルースキルは社会人経験を積み重ねる過程で自然に身に付いてきますが、最低限のスキルは社会人になる前段階で身に付きます。

今職場で他人の言動が気になると過度に悩んでいる方は、社会人になる前段階で本来身に付いているべきスルースキルが今まさに成長中の可能性があります。

コミュニケーションの得意・不得意に関係なく、他人の言動を受け流すスルースキルは経験によって培われるのです。

スルースキル低い人特徴5:他人の言動や気持ちに関心があり過ぎる

人は自分が思うほど他人を気にしていない場合がほとんどです。

スルースキルが低い自覚がある人は、無意識に他人の言動や気持ちに関心を持ち過ぎているかもしれません。

繰り返しになりますが、職場の人間関係に気持ちが支配されると、どうでもいい相手の言動で一喜一憂しやすい状況になります。

スルースキルが高い人であれば、自分は自分、他人は他人と一定のタイミングで感情を切り離して考えられますが、スルースキルが低い人は影響を受け続けてしまいます。

▲目次に戻る

スルースキルの土台を作るトレーニング方法7選

スルースキルのトレーニング方法について

スルースキルを発揮する土台は、自信と精神面な余裕。

身に付けるためには、物事に対する捉え方や意識を変えていくトレーニングが必要です。

とにかくネガティブな出来事をいつまでも引きずってしまうという方は、ここに書いているトレーニング7つを参考にしてみてください。

スルースキルを高めるトレーニング1:物事をポジティブに捉える習慣をつける

最初は中々難しいかもしれませんが、どんなにネガティブな出来事が起こってもポジティブに変換する癖をつけましょう。

職場で上司から叱責されてしまった場合を例にして、ポジティブ変換の一例を挙げます。

ポジティブ変換例

  • 「ミスして怒鳴られた」→「おかげで一大事は免れた、次から気を付けよう」
  • 「仕事が遅くて迷惑をかけた」→「この機会にスキルアップをしてミスを減らす工夫をしてみよう」
  • 「何もそんなに怒鳴らなくても」→「自分だったらどうでもいい人に怒らないな」

このように最初は強引でも構わないので、どんな問題でもポジティブに変換すればスルースキルが徐々に高まってきます。

職場だけではなく、日常生活においても意識してみてください。

スルースキルを高めるトレーニング2:相手の言葉の裏を不必要に読まない癖をつける

相手の言葉の裏を不必要に読まず、可能な限りストレートに受け取るようにしましょう。

身振り手振りなどの非言語情報を含め、そもそも言葉だけで相手の意図を完全に読みとるのは難しいからです。

言葉を深読みして悪く解釈しても、結局は取り越し苦労の場合が多いです。

スルースキルを高めるために、結果がどう転ぼうと、まずはストレートに言葉を受け取る癖をつけましょう。

もし相手の言葉を真に受けてトラブルに発展したら、その時に落ち着いて対処すれば問題ありません。

非は相手にもあるので、そこまで負担がかからず解決できる場合がほとんどです。

スルースキルを高めるトレーニング3:気にする必要がない細かい言葉よりもゴールを軸に置く

気にする必要のない細かい言葉よりも、仕事の目標達成を軸に置いて必要な情報のみに耳を傾けましょう。

仕事は人間関係で心身をすり減らす場でも、上司の顔色を伺う場でもありません。職場の人間関係は大切ですが、仕事の本質は目標に対して一定の成果を出すことです。

これだけは認識して欲しいのですが、本当に仕事が忙しく充実している人なら不必要に言葉を発する暇はありません。

仕事以外の事を考える余裕があるからこそ、本質からずれたネガティブな言葉で他人を攻撃できるのです。

ゴールから逆算して、不要な情報は気にせず頭から排除しましょう。

あわせて読みたい
職場の人間関係が最悪で本気で悩んでる!仕事を辞める前に知っておきたい上司・部下・同僚との関係に振... 「職場の人間関係が最悪!」 「職場で孤立してしまってツライ」 「職場の人間関係がめんどくさい」 など職場の人間関係に関する悩みはつきません。 ストレスの大きな原...

スルースキルを高めるトレーニング4:仕事以外にコミュニケーションの機会を増やす

他人とのコミュニケーションをスルースキルを身に付けるトレーニングの場と捉え、身近な人と接する機会を増やしてみましょう。

既に説明しましたが、コミュニケーションの経験が増えるほど、気になる他人の言動も自然に受け流せるようになります。

世の中に完璧な人間はいないので、親しい間柄でも人と接していればネガティブな気持ちになることは少なからずあるでしょう。

コミュニケーションの経験自体が少ない人は、そのネガティブな気持ちに対する耐性が非常に少ないです。

その結果、対人関係に消極的になり、どんどんコミュニケーションに苦手意識を持ちます。

コミュニケーションの機会を増やせれば、先に紹介したポジティブ変換や相手の言葉の裏を深読みしない練習もできます。

スルースキルの底上げはもちろん、人と接する苦手意識を克服する第一歩となるでしょう。

スルースキルを高めるトレーニング5:運動をして身体を鍛える

運動によって筋肉が付くと、テストステロンやセロトニンが分泌されます。

テストステロンは挑戦する精神・やる気をかきたてる効果があり、セロトニンは幸せホルモンと呼ばれ精神面を安定させるといわれています。

運動をすれば確実に今まで以上の自信が付き、積極的に自分の考えを周囲に発信できるようになるでしょう。

自信を持つ=考え方の軸を持てることにつながります。間違っていると思う他人の言動は迷いなくスルーでき、自分の信念を貫き通せるようになるでしょう。

運動は直接コミュニケーションと関係しませんが、間接的にスルースキルを底上げする手段として有効です。

スルースキルを高めるトレーニング6:仕事に集中して成果を上げる

仕事で成果を出せば、自分の仕事に対する取組み方は間違っていなかったという確実な自信を持てます。

これまで自信がなく上司の顔色ばかりを伺っていた頃とは違い、ある程度は自分の考えを業務全般に反映できるようになるでしょう。

上司や同僚と意見が食い違っても、違うものは違うと無理なくスルーできます。

仕事で早く成果を出すためには、これまで以上に仕事に集中するのはもちろん、積極的な自己啓発も必要です。

期間を定めて「〇ヶ月間は○○資格を取得する」など、仕事に関する勉強を短期間で集中しておこなうと飛躍的にスキルが向上するのでおすすめです。

スルースキルを高めるトレーニング7:プライベートで夢中になれることを1つ見つける

仕事だけが人生の全てではありません。

プライベートで夢中になれることを見つければ、仕事が軌道に乗らない時も「俺・私」にはこれがある的なイメージで、他のことを考えられる精神的な余裕ができます。

精神的な余裕はスルースキルを発揮する土台なので、時間を忘れて取り組めることを1つでも見つけていきましょう。

▲目次に戻る

【場面別】スルースキルを発揮する方法を会話例で紹介

自分に対する攻撃や悪口に対する同調を上手く受け流すコツは、相手に感情移入せずに冷静に対処することです。

今後も一緒に働く関係性なので一応反応はしますが、まともに心を相手に向けず論理的に対話していれば大抵は上手くかわせます。

上司や同僚に明らかな嫌味を言われた

上司・同僚「○○さんの仕事って超絶丁寧だよね。おかげで私はもう1つ仕事が終わったよ。」

自分「すいません。ミスをするとかえって時間かかると思いまして。」

大切なのは上司・同僚の嫌味にムキにならずに、いわれた内容に謝罪や同調すること。

その上で「なぜそうなったか」相手が納得できる理由を淡々と述べれば、関係性をこじらせずスルーできます。

他人の悪口に対して同調を求めらた

上司・同僚「○○さんって本当に物覚え悪いよね。」

私「本当ですか?見たこともないからちょっと分からないですが。」

上司・同僚「1つの手順覚えるのに1週間かかるのよ。」

私「そうなんですね。まぁ自分も人のことを偉そうにいえませんが。」

同調を求められたら、上記の会話例のように「話には一応のりながらも、自分は一切悪口をいわない」ようにしましょう。

悪口や愚痴はストレス解消につながると思われがちですが、実は自己肯定感を下げる要因になります。

悪いことだと本心では分かっているので、心のどこかに後ろめたさがあるためです。

相手のストレスがMAXで怒りがおさまらない

(会話例)

相手「何ってミスをしたんだ!」

自分「申し訳ありません。今後同じようなミスを起こさないようにします。」

相手「それで済むと思っているのか。大体お前はな・・・(以下省略)。」

自分「(相づちだけ打ち、言葉を発せずひたすら聞く)」

こちらのミスが原因で怒りが頂点に達している場合、相手はとにかく自分の気持ちを吐き出したいと思います。

相手は既に冷静な判断ができないので、こちらが弁解しようとするのは逆効果です。

さらに怒りを誘発するので、怒りが静まるまで相づちを打ちながら話を聞きましょう。

一旦気持ちが落ち着つけば「何でこうなったの?」という感じで、向こうからミスした理由を尋ねてくる場合も多いので、とにかく最初は聞き役に撤しましょう。

ついには自分がイライラしてきた

相手の言動に対してキレて暴言を吐いたら終わりです。

一瞬にして人間関係は崩壊します。

アンガーマネジメントの「6秒ルール」を聞いたことはありませんか?

人の怒りのボルテージは、6秒を境に減少していくというものです。色々と検証してみたところ、6秒間は深呼吸1~2回が終わるぐらいの時間で、気持ちも非常にリラックスします。

イライラして耐えられなくなったら、ぜひ深呼吸をして数秒間我慢してみてください。

日本経済新聞出版社
¥990 (2024/02/27 12:43時点 | Amazon調べ)

▲目次に戻る

ストレスマネジメント系の研修を利用してみる

対策しても中々スルースキルを発揮できない場合は、ストレスマネジメント系に関する研修に参加して専門家から直接アドバイスをもらうのがおすすめです。

ただしオンライン上での授業やカウンセリングだけで完結する研修はおすすめしません。

オンラインだとどうしても対話が一歩通行になりやすく、自分のコミュニケーションの癖や悩みの細かなニュアンスが伝わりづらいからです。

スルースキル向上に役立つ研修例:

インソース講師派遣研修 ストレスマネジメント研修

株式会社インソース
ストレスマネジメント研修 研修会社インソースのストレスマネジメント研修一覧です。メンタルヘルスの中でも、「ストレスにどのように対処するか」に主眼を置いた研修のラインナップを紹介しています...

▲目次に戻る

スルースキル診断や適職診断で客観的に現状把握してみよう

「現段階で自分はスルースキルがあるのか?」

「コミュニケーションの傾向を知りたい。」

このような悩み・希望がある方におすすめなのが「スルースキル診断」です。

大手就職サイトや医師が監修している診断サイトもあるので、より客観的に現状を把握できるでしょう。

スルースキル診断ができるおすすめサイト

サイト名おすすめ理由詳細
マイナビ学生の窓口・大手就職サイトの監修
・具体的なアドバイス
詳細ページ
シティリビング・医師監修・特典がある場合も
・場面別の対処法
詳細ページ
ミイダス・適職診断(自分に合った仕事を知れる)
・コンピテンシー診断
詳細ページ

以下は上記2サイトの診断結果です。

スルースキル診断を実施して、どのような結果が得られるか参考にしてみてください。

マイナビ診断結果

出典 : マイナビ 学生の窓口

シティリビング診断結果

出典 : シティリビング 「ストレススルーのスキル診断」

ミイダス診断結果

仕事・転職で悩んでいるなら【無料】適職診断受けてみよう

適職診断特集

「正直いまの仕事が合っていない」「どんな仕事が自分に合っているのかわからない」

そんな人は無料の「適職診断」を受けることで自分に合った仕事を知ることができます。

コンサル山田

結局、無料適職診断で自分を知ることが仕事・転職では一番大事なんです。

▲目次に戻る

まとめ:スルースキルについて

スルースキルを身に付けるために土台になるのが、自分に対する自信と精神面の余裕です。

物事に対する捉え方・意識を変えるトレーニングによって2つの土台を身に付け、コミュニケーションの機会を増やしていけばスルースキルは向上します。

しかし、スルースキルには限界があります。

自分に非がないのに一方的に嫌がらせされる場合は、無理をせず周囲に相談しましょう。

▲目次に戻る

仕事・転職で悩んでいるなら【無料】適職診断受けてみよう

適職診断特集

「正直いまの仕事が合っていない」「どんな仕事が自分に合っているのかわからない」

そんな人は無料の「適職診断」を受けることで自分に合った仕事を知ることができます。

コンサル山田

結局、無料適職診断で自分を知ることが仕事・転職では一番大事なんです。

編集部おすすめの転職支援
コンサル山田

少しでも転職を考えているならまずは登録・相談だ。

退職代行サービス
スルースキルについて完全解説

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

この記事の監修者

「エーマッチ」編集長。
コンサル・マーケティング会社経営者で自らも7回もの転職経験者。
自らの転職経験を元に転職エージェントマッチングの「エーマッチ」を運営。転職エージェントの紹介だけでなく転職ノウハウ、キャリアアップ・独立起業などビジネス全般、最新ビジネスニュースなどをお届け。

タップできる目次