テレワークが進み「自宅って楽!」と思う方がいる反面、長期化することでテレワークの疲れが溜まり「テレワーク、もう限界…」と悩む方もいるようです。

テレワークを辛く感じてしまう原因として、

  • 1日中座りっぱなしで、背中・腰が痛い
  • 家族がいるので集中できない
  • 上手に休憩できず、疲れが溜まる

などがあるようです。

実は自宅の環境を少し変えるだけで、上記の問題をすべて解決できることをご存じでしょうか。

今回は、私自身が使ってみて良かった&これから使ってみたいアイテムを含めて、快適な仕事空間を作るアイデア・ストレスを減らすアイデアをご紹介します。

テレワークを快適にするためのデスク・チェアについて

「家にいるのに疲れる」
「在宅勤務、限界かも…」

と悩む方ほど、仕事用のスペースを確保できていなかったり、スペースはあっても長時間の作業に適していなかったり…とデスク環境が整っていないことが多いです。

デスク周りを整えると、体への負担が少なくなるだけでなく、集中力も高まり仕事のペースもアップします。

理想的なデスク環境とその作り方をご紹介しますので、ぜひテレワークの環境作りに役立てて頂ければと思います。

実は快適なテレワークには「デスク」が大事

テレワーク環境改善のために必要なのは、

  • オフィスと同程度の大きさ+自分の高さのデスク
  • 疲れにくい椅子(デスクとバランスが取れているもの)

の2つであり、まずは自分に合ったデスクを用意する必要があります。

テレワークが快適なものになるかどうかは、デスクにかかっていると言っても過言ではありません。

オフィスと同程度、あるいはより大きいデスクがあると、作業効率が落ちることなく、疲れも最小限に抑えることができるでしょう。

オフィスで一般的に使われているデスクのサイズは、「幅120㎝、奥行き70cm」程度で、PCや電話機があってもA4サイズ書類を広げられる大きさです。

引用:「オフィスコム」より幅1200mmデスク

A3書類を広げたい方、本や電卓など色々なものを置きたい方は、より大きい「幅140㎝、奥行き80㎝」程度のデスクを選びましょう。

パソコンやデバイスを複数台置いてマルチディスプレイにしたいと考えている方は、幅150cm以上、奥行き80㎝以上の大きいサイズのデスクが適しています。

しかし部屋の広さ等の問題により、大きいデスクを置けない場合もあるでしょう。

とにかくコンパクトな仕事スペースにしたい方であれば、「幅100㎝、奥行き60㎝」「幅80cm、奥行き50㎝」などのコンパクトサイズデスクを選ぶこともできます。

メールチェックや事務作業のみであれば、コンパクトデスクであっても十分作業可能です。

しかしデスクトップパソコンを使った仕事に使うと、画面が近い・作業スペースが狭すぎるなどの弊害が出るため注意が必要です。

デスクの大きさだけでなく、高さも重要なポイントです。

デスクの理想的な高さは、手を置いたときに肘が90度以上になり、自然にキーボードに手が届く高さです。

一般的には72㎝のデスクが理想とされていますが、それは平均的な成人男性(身長170㎝)を考えて計算された値ですので、女性であればそれ以下、170㎝以上の方であればそれ以上にする必要があります。

デスクの高さが自分に合っていないと、猫背や巻き肩、そこからくる腰痛や肩こりに悩まされてしまいます。

デスクの高さを変えるだけで、一日仕事を終えた後の疲れ具合がかなり変わるものです。

「デスクを購入したいけど、どの高さにすれば良いかわからない」

と考えている方には、「昇降式デスク」をおすすめします。

電動(またはガス式)で、レバーひとつで机の高さを変えることができるため、身長や椅子の高さに合わせた高さにできるのがメリットです。

実際に私も使っていますが、肩や腰が疲れない位置を研究しながら使えるため疲れが軽減したように感じます。

「すでにあるデスクを活用してテレワーク環境を整えたい」という方には、デスクの上に置くミニデスクもおすすめです。

デスクを新調する必要なく目線の位置を高くする・画面の向きを合わせることができますし、持ち運び可能なので様々な場所で作業することが可能です。

ダイニングテーブルを日中は作業スペースにし、夜は食事スペースにする…といった使い方もできるため、夫婦両方が在宅勤務の方や、ワンルームで在宅勤務をする方にもおすすめです。

仕事用の「椅子」を新調しよう

デスクが整ったら、それに合わせて椅子の新調も検討しましょう。

「とりあえず」と思いダイニングチェアや手持ちの椅子で仕事を始めたものの、背中や腰が痛くなり限界を感じている方も多いのではないでしょうか。

ダイニングチェア等の椅子はデザインを重視して作られているため、硬くて体に馴染みにくく背中や腰に負担がかかります。

さらに高さを調節できないため、猫背になったり、ストレートネックになったりと姿勢が悪くなる原因にもなってしまうのです。

その点「ワーキングチェア」と呼ばれる仕事用の椅子は座面・背面にクッション性のある素材を使用しているため、長時間座っても体への負担が少ないです。

そして高さを調節できるので、正しい姿勢・楽な目線で仕事をすることができ、集中力もアップするのです。

「インテリアに馴染むだろうか…」なんて心配している方には、シンプルデザインのワーキングチェアをおすすめします。

快適性を追求する方には、ゲーミングチェアをおすすめします。

ワーキングチェアの機能に加えて、足台・首枕など長時間快適に座っているための工夫が施された製品が多いです。

背中や腰の痛みがひどく姿勢改善できる椅子をお探しの方には、バランスボールもおすすめです。

created by Rinker
MAROOMS(マルームズ)
¥16,500 (2021/08/02 08:09:38時点 Amazon調べ-詳細)

私自身もバランスボールを使いながら仕事していますが、骨盤を正しい位置に戻すことに意識が向くため姿勢がよくなった気がします。

椅子を買い替えるためのアイデアをご紹介しましたが、「新しい椅子を置くスペースがない」「経済的に無理」なんて方は、すでにある椅子をワーキングチェア用に改造するのもおすすめです。

一番簡単な改造方法は、いつもの椅子の上に置くことができるサポートチェアを使うことです。

正しい姿勢を自然に保つことができ、長時間座っていても疲れにくくなります。

テレワークで集中して仕事するためには?おすすめアイデア紹介

テレワークに限界を感じている方の中には、「集中できない」「仕事のペースが下がってしまう」という悩みを抱えている方も多いです。

家族がいる空間で仕事をしていると、当然家族の声や物音で気が散りますし、仕事以外のやるべき事が気になって集中できないかもしれません。

居住スペースにいることで仕事モードにスイッチを入れることができず、オンとオフの切り替えができない…という方もいるでしょう。

テレワークでも集中力を高めるためにはどうすればよいでしょうか。

自宅の一角をオフィスのみのスペースに

おすすめは、部屋の中に「仕事だけ」のスペースを作ることです。

狭くても一時的でも構わないので、仕事用のスペースを確保しましょう。

仕事スペースを作ることで、「その場所に座っているときは仕事をする」と脳にインプットすることができ、その場所に行くと自然に仕事モードに切り替えられるようになります。

仕事スペースを作るためには、パーテーションやカーテン等のアイテムがおすすめです。

同じ空間に家族がいても、目隠しがあることで仕事に集中できます。

手軽に挑戦できるアイテムを選べば、テレワークの時だけ仕事スペースを作ってその後は片付ける…ということも可能なので、部屋が手狭になるのを防げます。

たまにはホテルを使ってみる

いま「自宅で仕事に集中できない」という方のために「テレワーク用プラン」を用意するホテルが増えているのをご存じでしょうか。

「テレワークプラン」は朝の6~9時など始業に合わせた時間にチェックインでき、チェックアウトも夕方の終業時に合わせた時間になっているのが特徴です。

自分だけの空間で集中して仕事ができるだけでなく、眺めの良い部屋ならば仕事の合間に外を眺めてリフレッシュできます。

月~金に連続して使用したい場合には「巣ごもりプラン」「連泊割引」などがあり、お得に宿泊することも可能です。

さらに、いつもは行けないラグジュアリーなホテルの「テレワークプラン」を使って贅沢気分を味わう…なんてこともできます。

デイユースプランならば1万円前後で利用可能で、ホテルのハイレベルなサービスを利用することができるため、非日常を味わいたい方にぴったりです。

ヒルトン東京テレワークプラン

たまには気分転換にホテルを使ってみるのもひとつの手ですが、ホテルでのひと時が楽しすぎて仕事ができなくなってしまう…なんてデメリットに注意しましょう。

テレワーク中の休憩時間|みんなはどうしてる?

テレワーク中の「ランチ」「休憩時間」も悩みの種となっているようです。

毎日自宅にいて、朝昼夜…と料理しなければならず「自炊疲れ」を感じたり、上手に休憩を取ることができずいつもより疲れを感じたり、といった理由から限界を感じている方が多いようです。

テレワーク中の気分転換のアイデア

休憩といえばコーヒー、と考える方が多いですが、テレワークが始まってからは紅茶・ハーブティーの売り上げが伸びているようです。

在宅勤務になりお茶を淹れる余裕ができたことに加え、リラックス効果・リフレッシュ効果を求めてハーブティーや紅茶を購入する人が増えていると考えられます。

最近はコンビニでも「フルーツティー」をよく見るようになりましたが、これも気分転換を求めて紅茶を購入する方が増えている表われでしょう。

テレワークでついつい働きすぎちゃう方、上手に休憩が取れない方は、紅茶やハーブティーの力を借りてみてはいかがでしょうか。

テレワーク中もランチを楽しむためには?

クックパッドが行った調査によると、88%の人がテレワーク中に自炊をしているようです。

さらに、テレワーク中のランチは「時短」「簡単」であることが重視され、レンジだけで調理できるレシピ等が人気です。

食材を冷凍保存しておいたり作り置きしたり…と色々工夫しても、「自炊もうイヤ…」となってしまうこともあるでしょう。

そんな方は適度に「手抜きの日」を作って、テレワークのストレスが溜まりすぎないようにするのが大切です。

例えば、最近急速に進化しているレンチン食品を買いだめしておいて、「週に1回はレンチンの日」と決めてもいいかもしれません。

もちろん「Uber」などを利用するのもおすすめです。

大切なのは無理をせず、テレワークのストレスを少しでも軽減することです。

長期化するテレワークを上手に楽しんで、仕事を楽しんでいきましょう。

まとめ

生活様式が変わり、働き方が変わり…と変化が激しい中で、疲れを感じてしまうのは自然なことです。

しかし自宅で働く機会は、自分の理想の仕事環境を叶えるチャンスとも言えます。

テレワークのストレスは工夫次第で軽減できますし、上手にストレスを発散することで仕事の効率も上がるでしょう。

今回ご紹介したアイデアが皆さんのお役に立てれば嬉しいです。

一緒にテレワークを楽しみましょう♪

関連記事:リモートワークを快適&効率よくすごす方法10選