「セグメント」の意味や分野別の使い方について解説

セグメントはマーケティングの分野でよく使用される用語です。

このセグメントという用語はビジネス以外でも、様々なシーンで使われています。本記事ではセグメントという用語についての意味や、状況別の意味、そしてセグメンテーションの方法等、セグメントに関する情報を詳しくご紹介します。

 

この記事で伝えたいこと

無料の適職診断[特集] 無料の適職診断

セグメントって何?

セグメントは冒頭でお話した通り、マーケティング方法として知られています。

マーケティング対象の中で「年齢」「性別」「購買傾向」「商品に対する認識」等の予め決められた指標に基づいて分けた、傾向が似ている集団がセグメントです。

そして、その集団を分ける行為のことをセグメンテーションと言います。

 

セグメントの英語表記と意味

英語では「segment」と表記され、以下の意味を持ちます。

  1. (自然にできている)区切り,区分,部分.
  2. 幾何】 線分; (円の)弓形.
  3. 【生物】 体節環節.

引用リンク weblio英和辞典

 

セグメントのビジネスシーンでの意味

マーケティングにおいて、市場や顧客を特定の条件等によって分類したグループのことです。

 

セグメンテーション

市場や顧客をいくつかのグループに分類することをセグメンテーション(セグメント化)といいます。

分けられたセグメントのどのような層に、どのようにアプローチするかを考え、効率的なマーケティング戦略を練ることができます。

 

無料の適職診断[特集] 無料の適職診断

セグメントとターゲットの違い

セグメントとよく混同される用語で「ターゲット」という用語があります。実際、ビジネスシーンでは「セグメントとターゲットって何が違うんだろう」と考える方もいるでしょう。

「セグメント」は市場や顧客を特定の条件等によって分類したもの、「ターゲット」とは、セグメント化により作成したグループのうち、自社の狙いたい対象グループのことです。

 

▲目次に戻る

状況別 セグメントの意味

次は状況別でセグメントの意味は変わるのか、4つの業界で使われるセグメントで比較してみますのでぜひご覧ください。

ビジネス

ビジネスで使われるセグメントには、冒頭でもお話した通り、ある特定の条件で分けられた集団という意味です。

例えば、何かを販売したりするときに、ある程度狙う顧客層が定まっていないと、マーケティングや戦略を練ることが難しくなります。

なので、まずはセグメントで集団を分け、その中からターゲットを決めて絞って特定の顧客層を狙うことで効率的に利益を上げることができるでしょう。

 

自動車業界

主にヨーロッパの自動車業界でマーケティング手法として統計調査に使用される乗用車分類概念です。

セグメントの分類方法には様々な種類がありますが、最もポピュラーなものはグローバルインサイト社やマーケティングシステムズ社というメジャーな調査会社が用いる手法です。

グローバルインサイト社の分類法は、車のボディサイズ・車の価格・車のイメージなど複数の要素から「B」や「C」など車をカテゴライズします。

 

ネットワーク業界

ネットで使われるセグメントとは、何かしらの基準に戻づいて区分した範囲を占めすときに使う用語になります。

例えば物理的なネットワークの範囲「〇〇地方エリア」「〇〇県エリア」等や、LANのセグメント分け(複数のLANケーブルをグループに分ける)等でもセグメントという用語が使われています。

 

建設業界

建設業界で使われるセグメントとは施工管理技士がよく使う用語で、シールドトンネル構築で使用されるコンクリート製の壁面ブロックのことです。

セグメントとは日本各地にあるトンネルが崩れないように守る役目を担っています。その他にも電気や光ケーブル等の配線をまとめている共同溝や、上下水道にも使われています。

このように、建設業界でのセグメントは、私たちの身近にあるコンクリートのことを指しているのです。

 

スポンサードリンク

 

▲目次に戻る

セグメントという用語に関連する「セグメント」

セグメントという用語には「セグメント〇〇」というように、セグメントに関連する用語が複数あります。

ここではその、「セグメント〇〇」という用語について解説していきます。

セグメント利益

セグメント利益とは、企業の事業部門ごとの利益のことです。そしてセグメント損益は、企業の事業部門ごとの損益となります。

そして、このセグメント利益や損益、売上高等の財務情報をまとめた情報のことを「セグメント情報」と言います。

 

セグメント配信

セグメント配信とは「年齢」「性別」等の顧客を条件別に分類して、それぞれのニーズにマッチしている情報をメールで配信することです。

最近では様々なサイトで「〇つの質問であなたにピッタリな内容のメールを送ります!」というものが増えています。逆に一斉送信と呼ばれるものは、誰にでも同じ情報が記載されたメールを送ることです。

セグメント配信は、メールを受信する方々のそれぞれが気になる情報が記載されているので、メールの開封率が上がり、結果的に売り上げ増加や顧客増加に繋がるというメリットがあります。

 

セグメント分析

セグメント分析とは「事業」「商品」「顧客」等のセグメントから組織的な売り上げや収益性、成長性を分析することです。

例えば〇〇会社は、最近〇〇事業を始めたみたいだけど、売上はどのくらい出してるの?という時に、このセグメント分析を行うことで事業の売り上げはもちろん今後の伸びをイメージすることができます。

 

▲目次に戻る

セグメンテーションの方法と効率的な活用方法

セグメントについて理解を深めたところで、次は実際にセグメンテーションを行う際の方法と効率的な活用方法をご紹介します。

まず、セグメンテーションの方法として4つの基準を定めることが大切です。この中から企業が売りたい商品や、必要とされているニーズを踏まえた方法でセグメンテーションしてみましょう。

  1. 地理的変数:国や地域のエリアでセグメンテーション
  2. 人口動態変数:人口統計データから「年齢」「性別」「家族」等の属性でセグメンテーション
  3. 心理的変数:「ライフスタイル」「趣味」「購買意欲」からセグメンテーション
  4. 行動変数の:「使用率」「利益」「恩恵」「便益」からセグメンテーション

セグメントを効率的に活用するためには?

セグメントを効率的に活用するためには、まず目的に応じてセグメンテーションを行う必要があるでしょう。

例えば地理的変数でセグメンテーションを行うと仮定して、新商品のヒーターを製造して売ろうと考えたとき、暑い沖縄でセグメンテーションを行ってもあまり意味がありません。

逆に寒い日数が多い北海道や東北でセグメンテーションを行うことで、ニーズに沿った商品を作り上げることができます。

そのため、ご自身の企業等がどのような目的に応じてセグメンテーションを行うのか、そしてマーケティング本来の目的を明確にしておくことが大切です。

 

▲目次に戻る

セグメントについて まとめ

本記事ではセグメントという用語の意味や、セグメンテーションの方法、セグメントの効率的な活かし方をご紹介しました。

セグメントという用語にも、様々な意味合いがありますので、用語が使われたシーンによって意味を間違えないようにしてくださいね。

またこれからセグメントを行いたい!と考えている方は、4つの基準からセグメンテーションを行い、効率よくセグメントを活用しましょう。

 

▲目次に戻る

 

スポンサードリンク
仕事・転職で悩んでいるなら【無料】適職診断受けてみよう

適職診断を受けよう

「正直いまの仕事が合っていない」「どんな仕事が自分に合っているのかわからない」

そんな人は無料の「適職診断」を受けることで自分に合った仕事を知ることができます。

 

>> 【無料】適職診断を見る <<

無料の適職診断
スポンサーリンク
セグメント
最新情報をチェックしよう!
>仕事・転職で悩んでいるなら【無料】適職診断受けてみよう

仕事・転職で悩んでいるなら【無料】適職診断受けてみよう

「正直いまの仕事が合っていない」「どんな仕事が自分に合っているのかわからない」. そんな人は無料の「適職診断」を受けることで自分に合った仕事を知ることができます。

CTR IMG