「やっつけ仕事」を徹底解説!言葉の意味、使い方、言い換え、する人の特徴、防ぐ方法、する人の対処法を全て解説します

「いつも締切ギリギリまで仕事に手をつけないから時間がなくて…」

「つまらない仕事だからやる気が出なくて…」

と言い訳しながら「やっつけ仕事」で済ましている人たち。

このままではいけない、と思っていても解決方法が見つからずに「やっつけ仕事」を続けているのでは?

この記事では

を解説します。

それから、「職場にいるやっつけ仕事をする人への対処方法」もあわせて解説します。

自分の「やっつけ仕事」に悩んでいる人も、職場で「やっつけ仕事」に悩まされている人も、ぜひこの記事を参考にしてください。

目次
無料の適職診断[特集] 無料の適職診断

言葉の意味、使い方、言い換えからわかる!「やっつけ仕事」とはどんな仕事か解説します

ここでは、

  • 言葉の意味
  • 使い方
  • 言い換え

の3つのポイントから「やっつけ仕事」とはどんな仕事なのか解説します。

「やっつけ仕事」の意味は?

「やっつけ仕事」という言葉の意味を調べると

「間に合わせのいい加減な仕事」
「その場しのぎの仕事」
「間に合わせの粗雑な仕事」

という解説が見つかります。

やっつけ仕事
読み方:やっつけしごと 間に合わせのいい加減な仕事。その場しのぎの仕事。
引用: 実用日本語表現辞典

やっつけ‐しごと【▽遣っ付け仕事】
間に合わせの粗雑な仕事。
引用: デジタル大辞泉

「間に合わせ」「いい加減」「粗雑」「その場しのぎ」などの言葉から、ネガティブな意味であることがわかります。

 

「やっつけ仕事」の使い方は?

実際、「やっつけ仕事」という言葉はどのように使われるのでしょうか?

「やっつけ仕事」という言葉が使われている記事から引用してみました。

苦手な仕事になかなか手をつけられずに、締め切り間際まで追い込まれてしまい、結局「やっつけ仕事」で何とか毎回終わらせているタカフミ君。何とかしたいと思いつつ「喉元過ぎれば」で、有効な対策を打てずにいるようです。
引用: シゴトハック研究所「やっつけ仕事」を防ぐ段取り術【問題編】  ITmediaエンタープライズ

仕事を不本意と思った瞬間から、やっつけ仕事になります。「俺はこんな仕事やりたくて会社に入ったんじゃない」というマインドになるから、その結果やっつけ仕事になる。
引用: 「なぜ不本意な仕事ばかりまわってくるのか -1年後の働き方が激変する5つの思考法【4】」プレジデント オンライン

やはり、

  • 締め切りギリギリに間に合わせの仕事をする
  • やりたくないから粗雑な仕事をする

というような意味で使われています。

 

「やっつけ仕事」を言い換えると?

今度は、「やっつけ仕事」の類語・言い換えをWeblio類語辞典で調べてみました。

  • レベルの低い仕事
  • 質の悪い仕事
  • 低レベルの仕事
  • 安っぽい仕事
  • ぞんざいな仕事
  • やっつけ
  • 雑な仕事
  • いい加減な仕事
  • ずさんな仕事
  • 粗雑な仕事

に言い換えることができる、ということです。

「やっつけ仕事」というのは「いい加減な作業をした結果のレベルが低い出来の仕事」と言えます。

 

▲目次に戻る

無料の適職診断[特集] 無料の適職診断

なぜしてしまう?やっつけ仕事をする人の特徴

やっつけ仕事をする人の特徴

それでは、なぜ「やっつけ仕事」をやってしまう人がいるのでしょうか?

ここでは「やっつけ仕事」をする人の特徴を紹介します。

仕事のスケジュールなど時間の管理ができない

仕事のスケジュールなど時間の管理が苦手な人は、やっつけ仕事をしがちです。

スケジュール管理ができていないと…

仕事の締切や納期間近になっても、仕事がまだできていない。

だから「やっつけ仕事」で無理やり間に合わせる。

という事態を招いてしまいます。

仕事の時間管理ができない人は

  • 急ぎの仕事/時間に余裕のある仕事
  • 時間がかかる仕事/すぐに終わる仕事
  • 重要な仕事/雑用のような軽めの仕事

などの見極めができていない可能性があります。

 

仕事の予定を立てるとそれだけで満足してしまう

仕事の予定を立てているのに「やっつけ仕事」をしてしまう人もいます。

それは、予定を立てたことに満足して、仕事をやった気になってしまうからです。

「仕事の予定を立てたからバッチリ」と安心していたら…

いつの間にか締切や納期が迫ってる。

だから結局は「やっつけ仕事」で締切や納期に間に合わせる。

というケースです。

 

自分がこなせる仕事量を過信していて結局仕事が間に合わない

自分がこなせる仕事量を過信している人も「やっつけ仕事」をしている可能性があります。

そういう人は「これくらいできるはず」と自分ができる以上の仕事を引き受けてしまうからです。

その結果…

担当している仕事が多すぎで手が回らない。

締切や納期が迫っている仕事がたくさん出てくる。

だから、「やっつけ仕事」で無理に間に合わせる。

となりがちです。

 

やりたくない仕事を担当させられてヤル気が出ない

やりたくない仕事、面白くない仕事を担当させられたから「やっつけ仕事」をしてしまう人もいます。

興味がないし、つまらないからヤル気が出ないので、雑に仕事を片付けてしまう、というケースです。

会社の仕事というのはワクワク、エキサイティングな仕事ばかりでないので、このような人は自然と「やっつけ仕事」が多くなってしまうことも。

最悪の場合、「あの人はやっつけ仕事ばかり」というレッテルを貼られてしまう可能性アリです。

 

単に仕事が雑なので何をしても「やっつけ仕事感」が満載

単に仕事が雑なので、担当する仕事は全て「やっつけ仕事感」たっぷりになってしまう人もいます。

別に「やっつけ仕事」をしているつもりはないのに、周囲の人の目には「やっつけ仕事」をしたように見えてしまう残念なケースです。

仕事の量や締め切りや納期に関係なくいつでも

  • 誤字脱字だらけの書類を作る
  • 数値間違いが多いデータを提出する
  • 調べたり確認したりしないので全て適当

などしがちです。

そして、こういう人は自分の仕事が「やっつけ仕事」と思われているという自覚がない可能性が高いという問題もあります。

スポンサードリンク

 

▲目次に戻る

やっつけ仕事を続けていると起こりうるリスク

やっつけ仕事を続けていると起こりうるリスク

それでは、「やっつけ仕事」を続けているとどうなるのでしょうか?

ここでは起こりうる3つのリスクを紹介します。

締切や納期にいつもギリギリで職場や取引先に迷惑をかける

締切や納期に間に合わせるために「やっつけ仕事」をしている人は、だいたい締切や納期ギリギリに提出・納品することが多くなります。

なので、同じ職場の人や取引先に「本当に間に合うの?」といつもヒヤヒヤ、やきもきさせているはずです。

そこに不測の事態が発生したら、間に合わなくなることも十分あり得ます。

一度くらいなら仕方ないにしても、それ以上となると…。

締切や納期にいつもギリギリで「やっつけ仕事」をしている人は、職場や取引先に迷惑をかけるというリスクがあります。

 

仕事のクオリティが低いので職場や取引先から信用を失う

「やっつけ仕事」で仕上げたものは、当然クオリティが低くなります。

職場の人からは「こんなの納品できない」

取引先からは「このレベルでは困ります」

というリアクションが出てくるはず。

なんとかクリアできても「あの人の仕事ちょっと…」という低評価は避けられない可能性も。

「やっつけ仕事」でいい加減な仕事を続けていると、職場や取引先から信用を失うリスクがあります。

 

大きなプロジェクトや大事な仕事を任せてもらえなくなる

「やっつけ仕事」を続けているために

  • いつも締切や納期ギリギリで職場や取引先に迷惑をかけている
  • 仕事のクオリティが低くて職場や取引先から信用を失っている

という人は、大きなプロジェクトや大事な仕事を任せてもらえなくなるというリスクがあります。

「あの人には重要な仕事を振らないでおこう」となってしまうと、イマイチな仕事の担当ばかりになってヤル気が出ない人もいます。

そうなると、さらに「やっつけ仕事」を重ねて負のスパイラルに陥るというリスクもあります。

 

▲目次に戻る

やっつけ仕事にならないようにする方法

やっつけ仕事にならないようにする方法

やはり「やっつけ仕事」はしないのがベストと言えます。

ここでは、やっつけ仕事にならないようにする以下6つの方法を紹介します。

仕事の優先順位を考えてスケジュール管理をすることが必要

スケジュール管理が苦手で「やっつけ仕事」をしてしまう人は、仕事に優先順位をつけて段取りをきちんと考えることをオススメします。

仕事に優先順位をつけるといっても、ただ締切や納期の期限順に並べていくだけではありません。

締め切りが1ヶ月後でもすぐにできる仕事があれば、締め切りが1週間後でも初めてだったり、手間がかかったりで時間をかけなければいけない仕事もあるからです。

自分が担当しているタスク一つ一つについて

  1. すぐに仕上げなければいけない仕事/時間をかけて取り組まなければいけない仕事
  2. 丁寧に仕上げなければいけない仕事/そんなに気を使わなくても良い仕事
  3. なんども経験している仕事/初めての仕事

などのポイントから段取りを考えていく必要があります。

 

非常事態に備えて仕事のスケジュールには時間の余裕を持たせる

「やっつけ仕事」をしないために、仕事のスケジュールに時間の余裕を持たせることをオススメします。

普段は「やっつけ仕事」をしていなくても、不測の事態が起きてスケジュールが間に合わなくなりそうになる可能性もあります。

そんな時は「やっつけ仕事」で無理やり間に合わせようとすることもあり得ます。

ましてや、いつも「やっつけ仕事」でギリギリ締切や納期に間に合わせている人なら、不測の事態が起きたら対応しきれない可能性も。

仕事の締切や納期の前に予備日を設けるくらいの余裕があれば、何とかなるはずです。

 

仕事に短期、中期、長期のゴールを設定して達成感を積み重ねられるようにする

仕事の予定を立てると安心してしまって、結局「やっつけ仕事」をしてしまう人は、仕事に短期、中期、長期のゴールを設定するのがオススメです。

仕事の完成という長期のゴールだけでなく、短期、中期のゴールを設定して小さな達成感を積み重ねるようにしてみてください。

  • クライエントからヒアリングを行う
  • 説明資料を作る
  • 上司に報告する

など、仕事のプロセスの中に小さなゴールを設定することで仕事を進める道筋が具体的になってイメージしやすくなるからです。

例えば、山登りをするときに、「頂上まで登る」という目標だけではなかなか実行に移しにくいですが、

  • 登山に最適な時期を調べる
  • 当日の天候を調べる
  • 登山道の休憩場所をチェックする

などプロセスの中に目標を複数設定すると、最終ゴールへの道筋が可視化できるようになるのと似ています。

 

「やっつけ仕事」をしてしまった時のことを振り返り、できない仕事は断るようにする

自分がこなせる仕事量を過信していて結局「やっつけ仕事」をしてしまう人は、「やっつけ仕事」をしてしまった時のことを振り返ることをオススメします。

「やっつけ仕事」になったのはどんな仕事だったのか、他に何の仕事を担当していたのか、について一つ一つ検証していくと

  • この仕事は必要なかった
  • あの仕事は他の人が担当しても良かった

などということが見えてくることもあります。

自分が担当しなくても良い仕事の見極めができたら、次からはそういう仕事を頼まれたときに「NO」と断るようにしましょう。

そうすることで仕事のスケジュールに余裕が生まれ、「やっつけ仕事」をする必要がなくなるはずです。

 

面白くないと感じる仕事にも新しい学びを見つけてみる

興味のない仕事を担当させられてヤル気が出ないから「やっつけ仕事」をしている人は、面白くないと感じる仕事にも新しい学びを見つけてみることをオススメします。

つまらないからモチベーションが上がらない。

だから「やっつけ仕事」では、職場で「あいつは仕事が雑だ」というレッテルを貼られて終わりになってしまうことも。

『プロフェッショナルサラリーマン』の著者、俣野成敏さんは、20代の頃、向いていない仕事を担当させられていても絶対「やっつけ仕事」にしなかったそうです。

自分は苦手で向いていないと思っている仕事をしながら、自分の強みを見つけていったとか。

向いていないから「やっつけ仕事」ではなく、苦手な仕事の中にも何かを見出そうという姿勢が大切だと言えます。

 

上司や先輩にアドバイスをもらって仕事の取り組み方を見直す

いつも仕事が雑なので周囲の人の目には「やっつけ仕事」をしているように見えてしまう人は、仕事の取り組み方を見直すことをオススメします。

「やっつけ仕事」をしていると思われていることに気づいていなくても、そういう人は仕事で低評価を受けているはず。

そういう場合は、まず、上司や先輩に相談して仕事の取り組み方についてアドバイスをもらいましょう。

雑な仕事をしなくなれな、自然と仕事の評価が上がる可能性大です。

 

▲目次に戻る

やっつけ仕事をする人が職場にいたら?対処方法を解説

やっつけ仕事をする人が職場にいる時の対処方法

自分が「やっつけ仕事」をしなくても、職場に「やっつけ仕事」をする人がいるというケースもあります。

その場合、どのように対処したら良いのでしょうか?

ここでは、職場の「やっつけ仕事」をする人に対処する4つの方法を紹介します。

逆ホウレンソウをして仕事の進捗状況をチェックする

「やっつけ仕事」をしている人は、締切や納期に追われてホウレンソウをする暇もない人が多いはず。

なので、こちらから逆ホウレンソウをして仕事の進捗状況をチェックするようにしましょう。

  • 私が担当しているところはできたから、そっちの担当よろしくね
  • クライアントから中間報告を聞きたいって連絡きたけど、今どんな感じ?
  • この仕事、締切前日に中身チェックしたいけどお願いできる?

など、こちらからコミュニケーションを頻繁にとってみるのもオススメです。

 

悩みや不安を聞く

「やっつけ仕事」をしている人が悩んでいたり、不安を感じたりしているようなら、相談に乗ってあげましょう。

話を聞いてもらうことで、何が原因なのか本人も頭の中で整理できることも。

その時に、

  • スケジュール管理の方法
  • 仕事の予定を立てる方法
  • 担当している仕事の量

などについてアドバイスをしてあげれば、改善が見込める可能性があります。

 

「やっつけ仕事」をしていることに気がついていなければ指摘する

いつも雑で「やっつけ仕事感」満載の仕事をしている人は、そのことに気がついていないことがあります。

そういう場合は、指摘してあげましょう。

指摘しても、仕事のやり方を変えたくないと言う場合は、仕方がありません。

でも、仕事のやり方を見直したいと思ってくれたら、積極的に相談に乗ってあげてください。

 

上司に相談する

もし、「やっつけ仕事」をしている人が改める気配を見せないのなら、上司に相談するのが一番のオススメです。

  • 仕事の割り振りを変えてもらう
  • その人以外の人も同じ仕事を担当するようにする
  • 大事な仕事はその人に振らない

など解決策が出てくるはずです。

 

スポンサードリンク

 

▲目次に戻る

やっつけ仕事に関するよくある質問

やっつけ仕事に関するよくある質問をまとめています。やっつけ仕事について疑問や質問があるかたはぜひご覧になってください。

やっつけ仕事というのはどういう意味ですか?
「やっつけ仕事」とは、「間に合わせのいい加減な仕事」、「その場しのぎの仕事」、「間に合わせの粗雑な仕事」のことです。雑でいい加減な作業でしたレベルの低い仕事という意味で使われています。
やっつけ仕事を続けているとどうなりますか?
「やっつけ仕事」を続けていると、締切や納期にいつもギリギリで職場や取引先に迷惑をかける、仕事のクオリティが低いので職場や取引先から信用を失うので、結果として、大きなプロジェクトや大事な仕事を任せてもらえなくなる。可能性があります。
職場にやっつけ仕事をする人がいて困っています。どうしたら良いですか?
やっつけ仕事をする人と一緒に仕事をすることになったら、逆ホウレンソウをして自分から進捗管理するようにしましょう。やっつけ仕事をしている同僚が仕事で悩んでいるようでしたら、話を聞いてアドバイスしてあげるのも一つの方法です。もし、自分でやっつけ仕事をしていることに気がついていないのなら、指摘してあげましょう。
そこまでしても改善が見られないのなら、上司に相談するのがベストと考えられます。

▲目次に戻る

やっつけ仕事について まとめ

「やっつけ仕事」とは、いい加減な作業をした結果のレベルが低い出来の仕事のことです。

やっつけ仕事を続けていると、迷惑をかける、信用を失う、大事な仕事を任せてもらえなくなるので、ぜひ改善に取り組みたいものです。

この記事で紹介した、やっつけ仕事をする人の特徴に当てはまるところがあれば、「やっつけ仕事にならないようにする方法」を参考にしてみてください。

また、職場の「やっつけ仕事」をする人に悩まされていたら、この記事で解説している対処法を試してみるのもオススメです。

 

関連記事 仕事ができるようになりたい人向け今すぐできるビジネスパーソンの行動・習慣・心がけについて

関連記事 仕事をサボって効率アップ!上手な仕事のサボり方

 

▲目次に戻る

 

スポンサードリンク
仕事・転職で悩んでいるなら【無料】適職診断受けてみよう

適職診断を受けよう

「正直いまの仕事が合っていない」「どんな仕事が自分に合っているのかわからない」

そんな人は無料の「適職診断」を受けることで自分に合った仕事を知ることができます。

 

>> 【無料】適職診断を見る <<

無料の適職診断
スポンサーリンク
やっつけ仕事
最新情報をチェックしよう!
>仕事・転職で悩んでいるなら【無料】適職診断受けてみよう

仕事・転職で悩んでいるなら【無料】適職診断受けてみよう

「正直いまの仕事が合っていない」「どんな仕事が自分に合っているのかわからない」. そんな人は無料の「適職診断」を受けることで自分に合った仕事を知ることができます。

CTR IMG