ペルソナ

「ペルソナ」の意味・使い方は?類義語やペルソナ設定の重要性を解説

「ペルソナ」とはマーケティング用語で、詳細に設定した商品・サービスのユーザー像を指します。

ペルソナ設定はマーケティング・商品開発に不可欠となりましたが、

「ターゲットと何が違うの?」「日本語で言うなら何?」

といった疑問を抱いている方も多いようです。

今一度「ペルソナ」の意味と正しい使い方をおさらいしておきましょう。

 

無料の適職診断[特集] 無料の適職診断

「ペルソナ」の意味は?マーケティングにおける重要性

ペルソナの意味

何となく使ってしまいがちな「ペルソナ」ですが、正しい意味と重要性を知っておくと、より効果的なペルソナ設定を行うことができます。

今一度おさらいしておきましょう。

 

「ペルソナ」の意味

「ペルソナ」の直訳は「人間」ですが、マーケティング用語の「ペルソナ」は詳細なユーザー像を指して使われます。

「20代男性」のようにざっくりとした情報ではなく、職業・年収・家族構成・居住地・ライフスタイル・趣味・価値観・生い立ちなど詳細な情報を設定し、よりリアルなユーザー像を確立させることが大切です。

 

ペルソナを確立させておくことで、特定のユーザーの満足度が高い商品・サービスを見出し、他社との差別化を図ることができます。

 

「ペルソナ設定」の意味

企画やプロジェクトを始める際にペルソナを決めることを、「ペルソナ設定」と言います。

ペルソナ設定をすることで、企業・チーム全体が同じユーザー像を共有することができます。

ユーザーの視点で考えることも容易になり、より満足度の高い商品・サービスを生み出すことにも繋がります。

 

「ペルソナマーケティング」の意味

ペルソナ設定をして、そのペルソナのニーズを満たすための商品・サービスの開発を行うことをペルソナマーケティングと言います。

最近は大衆に受け入れられる商品・サービスよりも、特定のユーザーの顧客満足度が高い商品が求められています。

企業にとってペルソナマーケティングは不可欠と言えます。

 

▲目次に戻る

無料の適職診断[特集] 無料の適職診断

「ペルソナ」と類義語「ターゲット」の使い分け

ペルソナとターゲットの使い分け

ペルソナの類義語に「ターゲット」があります。

混同されがちですが、両者の意味は微妙に異なりますので注意が必要です。

 

「ターゲット」は「想定顧客層」を意味するマーケティング用語で、商品・サービス開発の際に標的にするべき年齢層や性別を指して用いられます。

顧客を個人ではなく「集団」として捉え、実在する情報であるという特徴があります。

対して「ペルソナ」はユーザーを個人として捉え、架空の人物を作り上げます。

団体か個人か、そして実在するか架空か、といった違いがあると覚えておきましょう。

 

「ペルソナ」の例

35歳、子育て中で共働き家庭のママ(SNS好き)のための「オールインワンスキンケア」

特定のニーズを満たし、広告媒体も限定することができる

 

40歳、2人暮らしでおうち時間を豊かにしたい男性のための「ビールのサブスク」

ペルソナがあることで、価格設定や品質の決定がスムーズになる

 

「ターゲット」の例

新聞や雑誌の読者層

一定の年齢層・ライフスタイルのグループをターゲットにしている

 

人材募集の際の「募集要項」

一定の要項を満たす複数の人をターゲットとする

 

▲目次に戻る

「ペルソナ」の使い方・例文とペルソナ設定のしかた

ペルソナの使い方と例文

「ペルソナ」の意味はわかりましたが、実際に会話や文の中で使う場合にはどのように使えば良いでしょうか。

例文から実際の使い方を学びましょう。

 

「ペルソナ」の例文

  • ペルソナ設定のための情報収集・市場調査を行ってほしい
  • ペルソナがはっきりしたことで、プロジェクトの方向性が決まった
  • 成果が上がらないのは、ペルソナ設定ができていないからだ

 

「ペルソナ」を設定するときの注意点

ペルソナ設定の際には、インタビュー・アンケート・SNS調査・データ分析などが必要となります。

 

基本的に必要な情報は職業・年収・家族構成・居住地・ライフスタイル・趣味・価値観・生い立ちなどです。

ライフスタイルや価値観から「特定の商品・サービスに幾らくらい払えるか」がわかり、現実的な価格設定ができます。

 

ペルソナ設定を間違えたり、会社が目指す目標を逸してしまうと、プロジェクトや企画が失敗してしまう可能性が高くなります。

情報収集や調査を入念に行い、正しいペルソナ設定を行いましょう。

 

▲目次に戻る

「ペルソナ」を言い換えるなら「顧客ターゲット」

「ペルソナ」を言い換えるなら、「顧客ターゲット」と言えます。

詳しい使い方も見てみましょう。

 

「顧客ターゲット」の使い方

  • 顧客ターゲットの設定が甘いから、次の会議までにもう一度調査してほしい
  • 顧客ターゲットの設定により、プロジェクトメンバーの認識が一致した
  • 顧客ターゲットの意識に残る方法で広告を出したい

 

「ペルソナ」は英文で使ってもOK?

「ペルソナ」の語源はラテン語ですが、英語でも同様の意味で使われているため、英文でも使うことができます。

「私達はユーザーのペルソナ設定をする」は英語で「We create a user persona.」と言います。

 

▲目次に戻る

「ペルソナ」を設定するメリット・デメリット

ペルソナ設定のメリットとデメリット

「ペルソナ」を設定することには、顧客満足度が上がること以外にもメリットがあります。

メリット・デメリットを正しく理解することで、より効果的なマーケティングを行うことができるでしょう。

 

「ペルソナ」を設定するメリット

ペルソナを設定すると、顧客満足度の高い商品・サービスを開発できるため、売り上げアップ・企業イメージアップに繋がるでしょう。

広告を打つ際にも、ペルソナが目にするであろう媒体のみに絞ることができるため、無駄な広告費を削減することができます。

また商品開発の際に企画を立てやすくなります。

ユーザーが絞り込まれているので、明確な商品やサービスの設計ができるためです。

 

「ペルソナ」を設定するデメリット

まず、ペルソナの設定に時間がかかることがデメリットです。

ペルソナ設定のためには調査、情報収集、分析に多くの時間を費やすことになります。

そして、時間をかけて設定したペルソナも、時間が立てば古いものとなり役に立たなくなることもあり得るので、定期的に見直す必要があります。

また、ペルソナ設定を間違える可能性があるというリスクもデメリットです。

 

▲目次に戻る

ペルソナについて まとめ

ペルソナとは、マーケティング用語で商品・サービスのユーザー像を詳細にしたものを指します。

類義語の「ターゲット」は実在する特定のグループを指すのに対し、ペルソナは架空の人物で、家族構成やライフスタイルなど詳細情報が設定されているという違いがあります。

ペルソナを設定することは、顧客満足度の高い商品・サービスを生み出し、無駄なくプロジェクトを遂行するために不可欠です。

「ペルソナ」の意味と重要性を正しく理解し、マーケティングや商品開発に活かしていきましょう。

 

転職を成功させるために転職エージェントを活用しよう

転職エージェントおすすめランキング

いまや転職を成功させるためには転職エージェントの活用は必須。

年齢・キャリア別に転職エージェントおすすめランキングを発表!

転職エージェントのメリット・デメリット・活用方法までそのすべてを一挙に紹介しています。

 

>> 転職エージェントおすすめランキング <<

無料の適職診断
スポンサーリンク
ペルソナ
最新情報をチェックしよう!
>今の時代、転職を成功させるには転職エージェントの利用が必須

今の時代、転職を成功させるには転職エージェントの利用が必須

転職エージェントも今はキャリア・業種によってさまざまあります。 自分に合った転職エージェントを見つけましょう。

CTR IMG