メンター

「メンター」の意味とは?使い方からメンター制度のメリット・デメリット・メンターに向いている人を解説

「メンター」は「指導者」「助言者」を表す言葉です。

ビジネスの場では、

  • 指導・助言をする人を「メンター」
  • 指導・助言される人を「メンティー」

というように使われています。

何となく使ってしまいがちな「メンター」の正しい意味や使い方をおさらいしておきましょう。

 

無料の適職診断[特集] 無料の適職診断

「メンター」の意味

メンターの意味

「メンター」の語源はギリシャ神話にあります。

ホメーロスの叙事詩「オデュッセイア」に出てくる良き指導者・理解者の名前「メントール」が変化し、「メンター」という言葉が生まれたと言われています。

しかし現在のビジネスにおける「メンター」には「指導者」「助言者」という意味以上の役割があります。

 

「メンター」の意味

「メンター」は新入社員(中途入社も含む)の教育のために指導・助言・支援をする、相談役のような人材です。

支援される新入社員側は「メンティー」と呼ばれます。

メンティーと年齢の近い社員がメンターとして選任されることが多く、配属部署が異なる2人がペアになることもあります。

「メンター」は上司とは異なるため、業務の命令をすることはありません。

 

「メンター」が行うのは、

  • 仕事の進め方に関するアドバイス
  • 自立して仕事をするためのアドバイス
  • 社内での人間関係のアドバイス
  • 精神的なサポート
  • プライベートな悩みを共に考える

といった、メンティーの成長のための総合的なサポートです。

 

「メンター制度」の意味

「メンター」が「メンティー」をサポートする制度を「メンター制度」と呼びます。

メンター制度には

  • 新入社員向けメンター制度
  • 若手社員向けメンター制度
  • 女性社員向けメンター制度

など様々な種類があります。

「メンター」が「メンティー」をサポートする期間は半年〜1年間が一般的です。

「メンター」と「メンティー」のマッチングには、

  • 人事部が適正や相性を検討してマッチングする
  • 人事部が候補者を用意して「メンティー」が希望する「メンター」選ぶ

方法があります。

 

企業が「メンター」を用いる理由

以前は直属の上司が新入社員のサポートを全面的に行っていましたが、様々な理由で「メンター」が必要となりました。

主な理由は以下の通りです。

  • 人手不足で、教育のための時間を取ることができない
  • 終身雇用制度の崩壊、早期退職者の増加で指導者が足りない
  • 短期間で「自立した人材」「即戦力」を育てるのが難しい
  • 職場での悩みを解決できず、退職する新人社員が多い
  • 時間、労力をかけて教育した新人がすぐに辞めてしまうことが多い

直属の上司には相談しにくいことも話せる存在がいることで、新入社員が「組織に属し、ケアされている」という安心感を抱くことができ、自信を持って業務に取り組むことができるようになります。

 

無料の適職診断[特集] 無料の適職診断

「メンター」に適した人材とは

  • メンティーの特性を理解し、向き合える人
  • メンティーに合わせた教え方ができる人
  • 観察眼があり、メンティーの必要に気づける人
  • 他人の話をよく聞き、時間を割くのをいとわない人

メンターは実務経験や社会人経験が豊富であるだけでなく、面倒見がよく、根気強いことも求められます。

メンターに誰を選ぶかにより、担当の新入社員の成長度合いも変わるので、注意深く選出を行うべきです。

 

スタートアップ企業にとっての「メンター」

これまでは、企業内での人材育成の場で使用される「メンター」という言葉について紹介してきましたが、「メンター」は「スタートアップの起業家に助言を与える人」という意味で使われることもあります。

スタートアップ企業にとっての「メンター」とは、企業の経営・戦略・マーケティングから人材や人生相談まで、会社に関する様々な相談にのる「指導者」の役割を果たします。

会社の方向性に関する相談が多いため、1人のメンティーへの指導と異なり、経営・マーケティングなどの専門的知識が必要となります。

有能なメンターがいる場合、スタートアップ企業のパフォーマンスは上がり続けるでしょう。

 

スポンサードリンク

 

▲目次に戻る

メンター」と「コーチング」の違い

メンターとコーチングの違い

メンター制度もコーチングも、「1対1で指導を行い自立を促す」という点では同様の教育方法です。

しかしメンターは新人の様々な悩みのサポートを行います。

これに対し、コーチングはプロジェクト達成・企業目標の実現など明確な目標のためのサポートを指し、業務経験のある人も対象にサポートを行うという違いがあります。

 

「メンター」の例

  • 部署に馴染めない新人のために、コミュニケーション能力を上げるためのアドバイスをする
  • キャリアを重ねるためにすべきことをアドバイスする
  • 複数の業務に、優先順位を正しくつけて取り組むことを教える

 

「コーチング」の例

  • 新規案件獲得のために、効果的なアプローチ方法を考えさせ、実行を助ける
  • 売り上げアップのために必要なスキルを提案し、実現を助ける
  • 目標達成のための計画表を提出させ、評価する

 

▲目次に戻る

「メンター」の使い方・例文

メンターの意味は理解できましたが、実際の会話では「メンター」をどのように使うことができるでしょうか。

例文を見ながら、メンターの正しい使い方を身に着けましょう。

 

「メンター」の例文

  • メンター制度を導入してから、新入社員の離職が減った
  • 新入社員のメンターを君にお願いしたいので、セミナーを受けてくれないか
  • メンターの先輩に相談できたおかげで、ストレスが減りました

 

▲目次に戻る

「メンター」を言い換えるなら「指導者」

メンターを言い換えるなら指導者

「メンター」を日本語で言い換えるなら、「指導者」と言うことができます。

しかし状況によって「指導係」「相談係」などの言葉を使うことで、「メンター」の持つ意味により近づけることができるでしょう。

 

「指導者」の使い方

  • 新入社員がイキイキ働いているのは、指導者が良いからだ
  • 良い指導者になるためのセミナーがあるので、参加してほしい
  • 指導者に求められているのは、相手が理解できるように伝える力だ

 

「メンター」は英文で使ってもOK?

「メンター」は英語で「mentor」と言い、同じ意味を持つため、英文でもそのまま使うことができます。

「彼は私のメンターです」を英語で言うと、「He is my mentor.」となります。

 

スポンサードリンク

 

▲目次に戻る

「メンター制度」を導入するメリット・デメリット

メンターの長所短所
メンター制度は企業・メンター・メンティーにとってメリットがあります。

しかしデメリットもあるため、導入の前には熟考が必要でしょう。

最後にメンターのメリット・デメリットを解説します。

 

「メンター制度」を導入するメリット

企業にとってのメリット

  • 離職する新人が少なくなる

 

メンターにとってのメリット

  • 後輩のマネジメント経験を積むことができる

 

メンティーにとってのメリット

  • 職場への適応が早く、安心感を抱いて仕事ができる

 

「メンター制度」を導入するデメリット

企業にとってのデメリット

  • メンター制度のための構造を作る必要がある

メンターにとってのデメリット

  • メンターのためのセミナー参加などが必要

メンティーにとってのデメリット

  • メンターと気が合わないと仕事がしづらくなる

 

▲目次に戻る

メンターについて まとめ

「メンター」は新入社員(中途入社も含む)の教育のために指導・助言・支援をする、相談役のような人材、という意味でビジネスの場で使われている言葉です。

 

メンターが必要とされる理由は、以下の通りです。

  • 人手不足で、教育のための時間を取ることができない
  • 終身雇用制度の崩壊、早期退職者の増加で指導者が足りない
  • 短期間で「自立した人材」「即戦力」を育てるのが難しい
  • 職場での悩みを解決できず、退職する新人社員が多い
  • 時間、労力をかけて教育した新人がすぐに辞めてしまうことが多い

メンター制度の導入は、上記の問題の解決に役立ちます。

メンターとなる人も、メンターの指導を受ける人も、メンターの意味や目指すものを正しく理解しておきましょう。

 

▲目次に戻る

 

スポンサードリンク
転職を成功させるために転職エージェントを活用しよう

転職エージェントおすすめランキング

いまや転職を成功させるためには転職エージェントの活用は必須。

年齢・キャリア別に転職エージェントおすすめランキングを発表!

転職エージェントのメリット・デメリット・活用方法までそのすべてを一挙に紹介しています。

 

>> 転職エージェントおすすめランキング <<

無料の適職診断
スポンサーリンク
メンター
最新情報をチェックしよう!
>今の時代、転職を成功させるには転職エージェントの利用が必須

今の時代、転職を成功させるには転職エージェントの利用が必須

転職エージェントも今はキャリア・業種によってさまざまあります。 自分に合った転職エージェントを見つけましょう。

CTR IMG