LinkedIn(リンクトイン)

LinkedIn(リンクトイン)について今更聞けない世界最大級ビジネスSNSの基本的な使い方からビジネスチャンスをつかむコツを紹介

LinkedIn(リンクトイン)」とは、世界最大クラスのビジネス特化型SNSです。

日本では知名度こそありませんが、LinkedIn(リンクトイン)は高機能のビジネスSNSで世界ではユーザー数の多いサービスです。

 

実はわたしも転職活動の際に「LinkedIn(リンクトイン)」を知りましたが、正直うまく使いこなせないまま今の会社に入社が決まりました。

LinkedIn(リンクトイン)を使いこなせば、もっと便利に効率よく転職活動ができたのではないかなぁと思っています。

そこでこの記事では、今さら聞けないLinkedIn(リンクトイン)の基本的な使い方や、メリット、更にあなたの転職活動に活かす効果的な使い方を紹介します。

 

目次
無料の適職診断[特集] 無料の適職診断

LinkedIn(リンクトイン)とは世界最大級のビジネスSNS

LinkedIn(リンクトイン)

 

LinkedIn(リンクトイン)は、日本だけでなく世界規模でビジネスに特化したSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)です。

2003年にアメリカでサービスがスタートし、日本では2011年に利用が始まりました。

現在、全世界で6億4500万人以上もの人がLinkedIn(リンクトイン)に登録しています。(※登録ユーザー数はTwitterよりも利用者が多いSNSなんですよ。)

 

ビジネスに関する情報交換や情報収集はもちろん、転職活動もできるSNSとしてLinkedIn(リンクトイン)は定着しています。

事実、海外ではプライベート用SNSはFacebook、ビジネスで使うSNSはLinkedIn(リンクトイン)と使い分けをするビジネスマンも多くいるとか。

世界ではLinkedIn(リンクトイン)を活用するのは、ビジネスマンなら当たり前といっても過言ではないでしょう。

 

海外で働きたい人にはLinkedIn(リンクトイン)は常識!

世界では当たり前のように使われているLinkedIn(リンクトイン)ですが、日本国内のユーザー数は200万人程。

2011年にLinkedIn(リンクトイン)の利用が始まったにもかかわらず、未だに日本にはあまり定着していません。

実はこれはとてももったいないこと。これから海外で働きたいという方は、絶対はLinkedIn(リンクトイン)はおさえておきましょう。

その理由は2つあります。

グローバル企業と直接つながれる!

まず、LinkedIn(リンクトイン)を利用すれば、海外企業の求人に直接応募できます。

それだけではありません。

LinkedIn(リンクトイン)なら、海外のエージェントや海外企業から直接オファーが届く「ダイレクトリクルーティング」の可能性もあるのです。

世界中の企業と個人が直接つながりを作ることができる点がLinkedIn(リンクトイン)の最大の魅力!

つまり、LinkedIn(リンクトイン)を利用すれば、国内だけでなく、海外企業ともつながれる可能性が広がるのです。

 

生のビジネス英語と接することができる

2つ目の理由は、実際のビジネスシーンで飛びかう「生きた英語」に日々触れ合うことができる点。

海外で働きたいのであれば、英語は必須、しかも机上の文法論ではなく、生きた英語が話せないといけません。

LinkedIn(リンクトイン)を利用することで、実際のビジネスで使う英語に接することができ、なによりも英語力の向上につながります。

 

無料の適職診断[特集] 無料の適職診断

LinkedIn(リンクトイン)の特徴 なぜ世界で支持される?LinkedInのメリット

このように、海外を視野に入れている転職者はもちろんですが、日本国内で転職したい方にもLinkedIn(リンクトイン)を利用することはメリットが多くあります。

なんだか使い方が難しそう…と敬遠している方も多いようですが、要はFacebookと同じSNS。実は難しいものではありません。

色々な人とつながれる

LinkedIn(リンクトイン)の最大の魅力である「つながり機能」。

あなたのアドレス帳からつながりたい相手を探してくれるだけでなく、コンタクトを取りたい人の名前を直接検索することも可能。

また属性を絞りこむ機能もあり、同じ業界や職種、また出身大学なども検索できます。

属性を絞りこむことで、

  • 仕事上でつながりたい人とコンタクトがとれる!
  • 新規顧客の発掘もできる
  • 大学OBやOG訪問にも役立つ

などといったメリットがあります。

また、直接的につながりのない方でも、LinkedIn(リンクトイン)ユーザーであれば、「つながりを申請」して連絡することも可能。

ですので、LinkedIn(リンクトイン)を活用すれば、様々な視点からビジネスの輪が広がっていきます。

 

すべてのつながりを可視化できる

LinkedIn(リンクトイン)が優れている点は、これらのつながりがすべて可視化されていること。

「1次」「2次」「3次」と、コンタクトの強さを段階的に表しています。

  • 1次コンタクト あなたと直接つながりがある相手
  • 2次コンタクト あなたとつながっている相手(1次)とつながりがあるLinkedInユーザー
  • 3次コンタクト 2次コンタクトとつながっているLinkedInユーザー

知り合いの知り合いまで見ることができるため、ネットワークが広がりやすくなります。

 

自己紹介が履歴書替わり!転職のスカウト・オファーを受けるとこも

あなたのレジュメが魅力的であれば、LinkedIn(リンクトイン)に登録するだけで、企業やヘッドハンターからオファーを受けることもあります。

事実LinkedIn(リンクトイン)に登録したレジュメが目に留まり、「Amazon」などのグローバル企業からで直接オファーがあったことも。

とくに海外では、LinkedIn(リンクトイン)を使って優秀な人材をまず探し、その後採用活動を開始するという企業も少なくありません。

また採用スカウト以外にも、仕事のオファーを受けるというケースも多々あるとか。

ビジネスマン同士が直接つながれることで、新しいビジネスチャンスも広がります。

 

求人を探す機能もある!

LinkedIn(リンクトイン)には、求人検索機能もあります。

勤務地や職種などから検索したり、転職に関するメールを受け取ることも可能。

同時に求人情報を発信している企業も多くありますので、LinkedIn(リンクトイン)は転職活動にも大いに役立ちます。

 

海外のインターンに応募できることも

海外のインターンであれば、LinkedIn(リンクトイン)で募集するケースがよくあります。

企業に勤めている大学OB・OGとコンタクトをとり、そこからインターンを紹介してもらえることもあるようです。

 

世界中の「ビジネスの最新情報」を収集できる

LinkedIn(リンクトイン)を利用すれば、ビジネスの最新情報をチェックすることもできます。

「タイムライン」という機能があり、そこではあなたの「つながり」が発する情報や、LinkedInが流す最新のビジネスニュースが表示されます。

一般的なトレンドだけでなく、あなたに関連する情報もまとめてチェックすることが可能です。

このように、LinkedIn(リンクトイン)はFacebookと大変よく似た機能が多数あります。

両社の違いは、Facebookはプライベートな投稿が多いのに対し、LinkedInはその内容が「ビジネス」に特化しているというだけ。

LinkedIn(リンクトイン)を利用することで、ビジネスにおけるたくさんのメリットが得られるでしょう。

 

LinkedIn(リンクトイン)の基本的な使い方

では、具体的にLinkedInの使い方を詳しく見ていきましょう。

まずは登録から

まずはLinkedIn(リンクトイン)に登録するところから始まります。

登録する内容は

  • 本名
  • メールアドレス
  • パスワード
  • 居住地域(主な活動エリア)
  • 職種または役職
  • 会社名

 

すべて入力すると、登録したメールアドレスに確認メールが届きますので、届いた認証コードを入力してください。

自己紹介は「履歴書」替わりになる!

「登録」が終わると、あなたとつながりがあるLinkedIn(リンクトイン)を確認することができます。

すぐに見ることも可能ですが、あなたのプロフィールが完成していなければつながり機能を活かせません。

ですので、まずはあなたのプロフィールを埋めていきましょう。

プロフィールをしっかりと入力することで、あなたがどんな人物なのかを表すことができます。

魅力的なプロフィールになれば、実際に転職オファーをする企業もありますので、ここは力を入れてください。

 

【写真】

あくまでもビジネス用のSNSです。カジュアル過ぎず、明るい写真を選びましょう。

 

【職業ヘッドライン】

あなたが取り組んでいる仕事や、持っている専門スキルなどを完結に入力します。

この職業ヘッドラインは、LinkedIn(リンクトイン)で検索した際に名前とともに表示される重要なポイントです。プロフィールを読んでもらえるかは、職業ヘッドラインの印象にもかかっているといっても過言ではありません。

ぜひ興味をそそる職業ヘッドラインを考えてみてくださいね。

 

【キャリアサマリ】

こちらにはあなたの仕事に関する情報をまとめます。
これまでの経歴や実績、持っているスキルなどを入力します。

できるLinkedIn(リンクトイン)は、こちらに「コンタクト方法」も記載しています。
あなたに興味を持ってくれた人が誰でも連絡できるよう、メールアドレスなども掲載しておきましょう。

また、文書や動画、URLなども添付することが可能です。より魅力的な「履歴書」になるよう、あなたをアピールできる資料を添付しましょう。

 

【職歴・学歴・ボランティア】

履歴書の職歴・学歴欄と同じです。
学歴は高校以降から職歴は職場ごとにわけて書いていきます。

もしボランティア歴があればそちらも記入します。日本では重視されない項目ですが、海外ではボランティア活動はプラス評価。海外での活躍を視野に入れている人は特に忘れずに入力しましょう。

 

【実績】

言語や受賞歴、参加したプロジェクトなどアピールものがあれば公開しておきます。

 

「つながり」を構築しよう

魅力的なプロフィールが完成したら、早速活用しましょう。

まずは「つながり」を構築します。検索バーで知り合いの名前を検索したり、アドレス帳から知り合いを検索してくれる機能もあります。

知り合いが見つかったら、つながりをリクエストし、相手からの承認を待ちます。

 

気になる企業や人をフォローして情報収集も

気になる企業やビジネスリーダーなどをフォローしておけば、「タイムライン」の欄にあなたに関係がある企業やつながりがある人からの投稿が表示されます。

更に、あなたに関係のある最新のビジネスニュースも表示されますので、最新情報をまとめてチェックすることが可能です。

 

補足:写真やプロフィール 公開範囲は設定できる!

ところで、実名・顔写真付きで、自分が勤める会社名や部署名などを投稿するのは、やはりなんとなく怖いと感じてしまう方もいらっしゃると思います。

実はLinkedInはそういったプライバシーに関する配慮もしっかりとされています。

「プロフィールの公開」で設定しておけば、あなたの個人情報を公開する範囲を、あなた自身で決められるのです。

 

  • 知らない人に写真を公開したくない
  • 転職活動をしていることを現職場にばれたくない
  • メールアドレスを知られたくない
  • 自分のつながりを公開したくない

 

など心配な方は、細かく設定しておけば、あなたの個人情報が公開されることはありません。

LinkedIn(リンクトイン)はこんな人におススメ!

LinkedIn(リンクトイン)はどのような人におすすめなのか解説します。

海外で働きたい人は必須!

先ほども紹介した通り、今後海外で働きた位と考えている方は、LinkedIn(リンクトイン)の登録はマスト!

世界規模で転職を考えているのであれば、直接世界とつながれるLinkedIn(リンクトイン)はあなたの転職活動を有利にするでしょう。

外資系企業の日本法人を狙っている人

外資系企業の日本法人が日本で採用活動を行う際もLinkedIn(リンクトイン)が使われることも。

大手グローバル企業はもちろんこと、新たに海外企業が日本進出する際の初期スタートメンバーを集める際にLinkedIn(リンクトイン)を利用することも多くあります。

 

キャリアアップしたい人

LinkedIn(リンクトイン)を利用して、キャリアアップ転職できた人は多くいます。というのも、LinkedIn(リンクトイン)では企業からの直接スカウトは当たり前。

キャリアアップしたいなら、ぜひLinkedIn(リンクトイン)を活用しましょう!

 

新たなビジネスネットワークを構築したい人

LinkedIn(リンクトイン)のつながり機能を活用すれば、あなたの知り合いの知り合い、その先の知り合いまでつながることが可能です。

新しいビジネスのネットワークを広げたい人にLinkedIn(リンクトイン)はおすすめです。

 

実は…すべての社会人・学生におススメです

学生であれば、つながり機能を最大限に活用に、OB・OG訪問やインターンに挑戦することも可能。

社会人であれば、新しい取引先を探したり、転職のオファーを受けたり、自身が転職したい企業を探したりなど、あらゆる角度からLinkedIn(リンクトイン)を活用できます。

つまり、LinkedIn(リンクトイン)は実はすべての「働く人・これから働く人」におすすめなのです!

 

補足: LinkedIn(リンクトイン)は日本ではまだマイナー だからこそ差別化になる!

日本でのLinkedIn(リンクトイン)ユーザーは約200万人。日本国内のビジネス人口は6000万人といわれていますので、その浸透率はわずか3%程度なのです。世界ユーザー数が6億4500万人ですので、それと比べると、日本でのLinkedIn(リンクトイン)認知度はあまり高くありません。

事実、日本で転職を考える人の多くは「転職サイト」「転職エージェント」を利用する人がほとんど。

採用活動にLinkedIn(リンクトイン)を活用する企業は増えているのに、肝心の転職者の利用が少ないのが現状です。

だからこそ今、LinkedIn(リンクトイン)を使いこなせれば、優良企業と直接やりとりしたり、海外からのオファーを受けたりと、『普通の転職者』との「差別化」がはかれるでしょう。

まずはLinkedIn(リンクトイン)にプロフィールを詳しく登録しましょう。それだけであなたの転職が有利になってくるはずです。

 

LinkedIn(リンクトイン)を転職に活かす!効果的な使い方

では、実際にLinkedIn(リンクトイン)を転職にどうやって活用するかも見ておきましょう。

「おすすめの求人」から直接転職に応募できる

LinkedIn(リンクトイン)には、求人を検索する機能もあります。

あなたが希望する勤務地や業種、役職、会社の規模などを選択すると、それらの条件とあなたのプロフィールを元に、おすすめの求人が表示されます。

気になる求人があれば、その画面から直接応募できます。また希望する企業が決まっていれば、直接企業名で検索し、採用募集があるかを確認することも可能です。

設定画面で「転職希望」をチェックしておけば、メールでもおすすめの求人が届くという機能もあります。

LinkedIn(リンクトイン)には、一般の転職サイトには出回っていないような求人も多数あります。本気で転職を考えている方はぜひ「求人」機能も使ってみましょう。

 

実際に働いている人と会って話しことができるかも

LinkedIn(リンクトイン)の最大の魅力はいろいろな人とつながれるところ。実際に働いている人とつながれば、その会社の内部事情などの情報収集はもちろん、運が良ければ、インターンや転職の窓口を紹介してもらえるかもしれません。

ぜひつながり機能を活用し、実際に働いている人の声を聞きに行きましょう!

 

LinkedIn(リンクトイン)ではダイレクトオファーは当たり前!

LinkedIn(リンクトイン)では企業から直接スカウトを受けることは「当たり前」。

実際にリンクトイン経由で転職し、キャリアアップ・年収アップが叶ったという人は多くいます。

 

定期的に更新しよう!

LinkedIn(リンクトイン)は、定期的に更新しましょう。

プロフィールが魅力的であればあるほど、スカウトを受けやすくなります。

写真やスキル、最近取り組んでいるプロジェクトなどはどんどん更新してください。

リンクトインのプロフィールは、あなたの履歴書そのものです。キャリアを更新することで、あなたの魅力をアピールし続けましょう!

 

「LinkedIn(リンクトイン)」についてわかりやすく解説 まとめ

日本ではまだあまりなじみのないLinkedIn(リンクトイン)。ですが、使いこなせばビジネスネットワークは広がり、あなたの可能性も広がってきます。

転職を考えている人はもちろん、スキルアップしたい人や新たなビジネスチャンスを作りたい方にもLinkedIn(リンクトイン)はおすすめです。

まずは登録から!新しい第一歩を踏み出してみてください。

 

関連記事

この記事では転職口コミサイトの「OpenWork」について「口コミの信憑性」「なぜ支持されるのか」その理由について詳しく解説します。 転職活動をしていると、どうしても気になってくるのが求人企業の「リアルな情報」です。 HPや転[…]

OpenWork
関連記事

転職活動の情報収集において絶対に外せないのが、実際に働いている人からのリアルな会社の評判です。 自分が転職しようか考えている企業での「実際に働く人(働いていた人)からの口コミ・評判」は、企業HPや求人票にある情報とは違う意味で転職の判[…]

転職会議
関連記事

いまや転職活動において自分が希望どおりに転職を成功させるためには「転職エージェント」を利用するのは必須です。 しかし、転職エージェントが増えている今、   「どの転職エージェントを利用したらいいのかわからない[…]

転職エージェントおすすめランキング
転職を成功させるために転職エージェントを活用しよう

転職エージェントおすすめランキング

いまや転職を成功させるためには転職エージェントの活用は必須。

年齢・キャリア別に転職エージェントおすすめランキングを発表!

転職エージェントのメリット・デメリット・活用方法までそのすべてを一挙に紹介しています。

 

>> 転職エージェントおすすめランキング <<

無料の適職診断
スポンサーリンク
LinkedIn(リンクトイン)
最新情報をチェックしよう!
>今の時代、転職を成功させるには転職エージェントの利用が必須

今の時代、転職を成功させるには転職エージェントの利用が必須

転職エージェントも今はキャリア・業種によってさまざまあります。 自分に合った転職エージェントを見つけましょう。

CTR IMG
\今すぐチェック/
仕事のことで悩んでいるならオンラインで今すぐ無料
無料適職診断