転職が不安な人へその原因と不安解消方法を解説 転職前・後などケース別にご紹介

「初めての転職活動が不安で仕方がない」

「転職が決まったけど、新しい仕事や職場に馴染めるか不安しかない」

など転職がはじめての人も、そうでない人も転職に不安を感じるのが普通です。

転職活動中はもちろん不安だけど、内定後にも不安を抱く人は多くいます。この記事では「転職っしたいけど転職が不安で一歩を踏み出せない人」「転職後・内定後に不安になっている人」「転職して入社後に不安になっている人」に不安の原因と解消方法をご紹介します。

 

この記事で伝えたいこと

目次
無料の適職診断[特集] 無料の適職診断

多くの人が感じている「転職の不安」とは

転職の不安とは

転職に不安を感じるのは普通です。

転職によって自分の人生がどう変わるかわからないので、不確実な未来に多くの人が不安を感じます。

ここでは、多くの人が感じる転職にまつわる不安4種類について紹介します。

転職を考えるときに感じる不安

まず、多くの人は「転職しようかな?」「転職したいな」と思っても、冷静に考えてみると不安を感じます。

 

  • 転職活動ってどうやってやるの?
  • 希望に合う仕事は見つかるのか?
  • 収入が下がったらどうしよう
  • ブラック企業だったらどうしよう
  • どれくらい時間や費用がかかるの?
  • そもそも転職しないほうがいいのか?
  • 仕事しながら転職活動できるの?
  • パートナーや家族に反対されたら?

 

などなど、漠然とした不安を抱くのが普通です。

 

転職活動中に感じる不安

いざ、転職活動を始めると、やはり不安を感じる人が多数います。

 

  • 希望に合う求人が見つからない
  • 履歴書や職務経歴書の書き方がわからない
  • 面接対策に自信がない
  • 在職中の転職活動は時間が制限されるのでやりにくい
  • 転職活動しているのが会社にバレたらどうしよう
  • 退職して転職活動をしているので金銭面が心配
  • 書類選考に落ち続ける
  • 何社受けても内定が出ない

 

転職が初めてという人は、そもそも転職活動の進め方がわからず不安を感じる人が多いはず。

転職が2回目かそれ以上という人でも、なかなか内定が出なければやはり不安になります。

 

内定後に感じる不安

せっかく内定が出て転職先が決まったのに、まだ不安を感じる人もいます。

 

  • 第一希望の企業ではないけれど、ここに決めて良いのか?
  • 実はブラック企業じゃないのか
  • 条件面が変わったりしないか
  • すぐに内定承諾しないといけないのか?待ってもらえるのか?
  • もっと自分に合う仕事があるのではないか?
  • 今の会社の方が良いのではないか?
  • あっという間に内定が出たけどこの会社大丈夫?
  • 内定取り消しになったらどうしよう
  • 今の会社を円満退職できるだろうか

 

「内定ブルー」という言葉があるくらい、内定が出ても不安を感じる人は数多くいます。

 

無料の適職診断[特集] 無料の適職診断

入社後に感じる不安

入社後、特に転職初日に不安を感じる人はかなりいます。

  • 新しい職場で歓迎されるのだろうか
  • 初日の挨拶や自己紹介が上手くできるだろうか
  • 遅刻したらどうしよう
  • 新しい仕事で力を発揮できるのだろうか

 

そして入社後少し経っても様々な不安を抱えることもあります。

 

  • 新しい職場に馴染めない
  • 職場の人間関係を一から築いていくのが難しい
  • なかなか仕事で力を発揮できない
  • ここで長く働けるのだろうか
  • 前の会社の方が良かったかも…

 

転職活動中どれだけ情報収集しても、実際に入社してみるまでわからないことはたくさんあります。

でも新しい仕事や職場に慣れることで解消する不安もあるので、焦らないようにしましょう。

 

▲目次に戻る

20代の人が感じる転職の不安

20代の人が感じる転職の不安

ここでは、特に20代の人が抱きがちな転職の不安について解説します。

「転職するなら20代」と言われることもありますが、転職が初めて、職歴が短い、など20代だからこそ感じる4つの不安です。

未経験の転職活動が不安しかない

20代で転職する人は、転職が初めてという人がかなりの割合でいます。

当然のことながら初めての転職活動に不安を感じる人が多くなります。

 

  • 履歴書や職務経歴書の正しい書き方
  • 企業研究
  • 求人の探し方
  • 採用面接の対策

 

などなど、新卒の就活とはかなり異なるからです。

 

アピールできるような実績や経験がない

20代の人は職歴が短いので、転職活動でアピールできるような実績や経験がないことを不安に感じる人がいます。

でも一般的に20代の人を採用しようとする企業は、実績や職歴よりも入社後のポテンシャルを重視する傾向にあります。

20代の転職でも「人柄重視で採用」というケースが多いので、実はそれほど心配する必要はないです。

ただし、20代後半になって「キャリアアップのために高年収のハイクラス転職に挑戦したい」というときには、実績の少なさや職歴の短さが不安材料になる可能性があります。

 

自分がやりたい仕事がわからない

20代の場合、転職はしたいけれど「自分がやりたい仕事がわからない」ので不安に感じる人もいます。

職歴が短い20代ですから「今の会社や仕事が合わない」ことはわかっても、「やりたい仕事」がわからないのは仕方がないとも言えます。ただし自分に合う仕事は自己分析を念入りに行うことで見えてくることがあります。

自己分析といっても難しいことではなく、

  • 好きなこと/嫌いなこと
  • 得意なこと/不得意なこと
  • 興味があること/面白いと感じないこと
  • 我慢できること/耐えられないこと
  • 頑張れること/絶対無理なこと

などを書き出してみるだけです。

書き出した項目から自分の強みと弱みが見えてくるはずです。そして自分の強みを活かせるのが「自分に合う仕事」と考えられます。

「自分に合う仕事」なら「やりたい仕事」である可能性が高いです。

 

「とりあえず3年は我慢」って本当?

20代の人が転職を考えるとき「とりあえず3年は続けないといけないの?」と不安になる人もいます。

「石の上にも三年」という諺のように「とりあえず3年はガマン」すべきなのでしょうか?

採用担当者にしてみれば、前職の勤務年数が短いと気になるはずです。

なのでせっかく採用しても「すぐに辞めてしまうのでは?」と思わせる応募者には内定を出さないと考えられます。

ただし前職の勤務年数が短くても大丈夫なケースもあります。

 

  • ブラック企業で健康を害する程の長時間労働を強いられていた
  • パワハラやセクハラが横行しているのに会社が隠そうとする

 

など採用担当者が納得できる理由で転職を希望する場合です。

「このまま仕事を続けていたら心身の健康を損なう」という状況で仕事をしているならば、転職するまで3年ガマンしなくても大丈夫です。

と言うか、ガマンはオススメできません。

関連記事 【ブラック企業のすべてがわかる】これでブラック企業の特徴から見抜くに方法

 

▲目次に戻る

30代・40代の人が感じる転職の不安

30代・40代の人が感じる転職の不安

ここでは、30代・40代の人が特に抱きがちな転職の不安について解説します。

30代・40代になると、20代の人ほど転職が簡単でなくなるために出てくる不安があります。

また家族から反対されるケースが多くなる年代でもあるので、そう言った不安を抱く人も多くなります。

そもそも求人を見つけることができるのか

30代・40代の人が転職を考えるとき、「そもそも求人があるのか」という不安があります。

35歳が転職の壁」という時代は終わったと言われていて、30代・40代の転職は増えています。が、20代の転職よりは求人数が少なくて難しいという現実は変わっていません。

参考までに、一般社団法人日本人材紹介事業協会(人材協)が発表した「大手人材紹介会社3社が転職紹介した実績」を表にまとめてみました。

2021年上半期の実績によると、全年代で転職紹介してもらった人の数は増えています。

しかし、やはり20代の増加率が30代・40代より多くなっています。

転職希望者の転職時年齢転職紹介人数の増加率(前年同期比、%)
25歳以下112.1%
26~30歳110.5%
31~35歳104.2%
36~40歳103.8%
41歳以上108.8%

(一般社団法人日本人材紹介事業協会「人材協、職業紹介会社大手3社 2021 年度上期転職紹介実績を発表 」で調べて作成 2021年11月)

 

年収が下がるかもしれない

30代・40代の人の転職でよくある不安の一つに「年収が下がるかもしれない」があります。

住宅ローンを抱えていたり、子供の教育費がかかったりする世代でもあるので、転職で年収が下がるのは影響が大きい人が多いです。

厚生労働省の調査によると、令和2年は30代・40代で転職した人の

 

  • 約4割が年収が上がった
  • 約2割が年収は変わらなかった
  • 約3割は年収が減少した

 

という結果になっています。

 

そして年代が上がるほど転職で年収が増えた人の割合が増えていますが、年収が減った人の割合は35~39歳が一番多くなっています。

 

転職希望者の転職時年齢転職によって賃金が増えた人の割合転職で賃金が変わらなかった人の割合転職によって賃金が減った人の割合
30~34歳48.6%18.4%32.8%
35~39歳40.6%20.5%37.7%
40~44歳41.7%20.7%37.4%
45~49歳39.7%27.5%32.5%

(厚生労働省「令和2年転職者実態調査の概況」で調べて作成 )

 

なので転職によって必ず年収が下がるわけではないが、約3割の人は転職で年収が下がっている、という実態を知っておいてください。

 

今より労働環境が悪くなるのでは

30代・40代の人はそもそもそ求人数が少ないので、今より労働環境が悪い仕事に転職する結果になるのでは、という不安を持つこともあります。

例えば転職後の勤務時間で見てみると、厚生労働省の調査では、令和2年は30代・40代で転職した人の

 

  • 約2~3割が労働時間が増えた
  • 約3~4割が労働時間は変わらなかった
  • 約3~4割は労働時間が減少した

 

という結果になっています。

労働時間が変わらなかった人も合わせると、30代・40代の7~8割は労働時間が増えていないので、そんなに心配しなくても大丈夫と考えられます。

 

転職希望者の転職時年齢転職によって労働時間が増えた人の割合転職で労働時間が変わらなかった人の割合転職によって労働時間が減った人の割合
30~34歳32.5%28.1%39.1%
35~39歳26.8%30.3%41.6%
40~44歳33.4%33.9%32.2%
45~49歳22.9%44.1%31.9%

(厚生労働省「令和2年転職者実態調査の概況」で調べて作成 )

 

新しい職場の企業風土や人間関係に馴染めるかどうか

30代・40代になると、それなりに前職の勤務年数が長くなるので、新しい職場に馴染めるかという不安を抱く人が多くなります。

同じ業界であっても社風の違いや仕事の進め方の違いはあるはず。新しい環境ですぐに実力を発揮できないのでは、と心配になる人もいます。

また職場によっては若い人が多かったり、同年代の上司がいたりすることもあるので、これまでと違う職場の人間関係に戸惑う可能性もあります。

転職先に馴染めるかどうかは、実際に働き始めてみないとわかりません。

ただし事前に情報収集しておくことで大まかな雰囲気はわかることがあります。できれば応募する企業で実際に働いている人から話を聞くのがベストです。

 

家族が反対するのでは

30代・40代になると、本人は転職したいという強い希望を持っていても、配偶者や子供など家族に反対されるのでは、という不安を持つ人が多くなります。

嫁ブロック」という言葉があるように、転職を配偶者やパートナーから反対されて内定を辞退する人がいるくらいです。

家族は転職によって

 

  • 年収が減ると家計を見直さなければいけない
  • 勤務地によっては引越し・転校があり得る
  • 知名度の低い会社に勤めるとママ友の間で恥ずかしい

 

などなど、いろいろなレベルで影響を受けることになります。

家族から反対されるのでは?という不安がある人は、家族とのコミュニケーションを大事にすることをオススメします。

転職を考え始めたらすぐに

 

  • なぜ転職したいのか
  • 今の仕事についてどう考えているのか
  • 転職したらどうなるのか
  • 転職するとマイナス面もあるけどプラス面もある

 

などについて家族と話し合うようにしておきましょう。

 

スポンサードリンク

 

▲目次に戻る

転職の不安を解消する方法

転職の不安を解消する方法

これまで様々な転職の不安を解説してきました。

ここではそれらの不安を解消する11の方法を紹介します。

転職理由はポジティブかつ明確にする

転職活動の不安を軽くするには明確な転職理由が必要です。転職理由は応募企業の採用担当者から必ず聞かれるからです。

なので転職理由が現実逃避であったり、採用担当者が納得できないものであったりすると、転職成功は期待できません。

転職理由はポジティブかつ明確にしましょう。

 

例えば、

  • 会社の経営方針が変わって、〇〇の仕事をしてキャリアアップしたいという希望が叶えられなくなった
  • xxの仕事をしたいのだが、上司や人事に相談しても研修を受けても今の会社では担当させてもらえない

 

というように

 

  1. 自分はキャリアアップのために△△をしたい
  2. そのためにあらゆる手を尽くしたが叶わない
  3. なので転職によって目標を達成したい

 

という3つの要素が入っている転職理由であれば、採用担当者も納得するはずです。

 

キャリアプランやライフプランを再確認してみる

キャリアプランやライフプランを再確認して転職の不安を軽くする方法もあります。

 

  • 出世したいのか?何かのスペシャリストになりたいのか?
  • 仕事にやりがいを求めるのか?仕事よりも趣味に生きるのか?
  • 家を持つのか?
  • 家族を持つのか?子供を持つなら教育は?

 

5年後、10年後、20年後のビジネスマンとしての自分の姿やどんな生活を送っていたいかということを考えて、人生の目標を再確認しましょう。

一つ一つ目標を再確認することで

 

  • この転職は本当に今の自分に必要なのか
  • 目標を達成するためにどういう仕事に転職したら良いのか
  • 何が一番大切な転職の条件なのか

 

ということが整理され、転職に対する不安が軽減される可能性があります。

 

自己分析をして強みと弱みを把握する

自己分析をして自分の強みと弱みを把握するのもオススメです。自分に合う仕事が見つかるかどうかという不安が軽減されることがあるからです。

転職サイトにある適職診断や自己分析ツールを利用してみるのもアリです。自分の強みがわかれば、それを生かせる仕事を探しましょう。

その仕事が自分に合っている仕事である可能性がかなり高いからです。

また自分の弱みも把握していれば、転職しないほうが良い仕事を避けられる可能性大です。

しっかりと自己分析をすることで、

 

  • 自分に合う仕事を見つける
  • 自分に合わない仕事に転職しない

 

の両方をクリアして転職の不安を軽減しましょう。

 

キャリアの棚卸しをして経験やスキルを整理する

キャリアの棚卸しをして経験やスキルを整理することで、転職先で自分は何ができる人なのかアピールしやすくなります。

厚生労働省の調査によると、転職者を採用した企業の採用理由で多いのが「経験を活かして即戦力になるから」という理由でした。

なので、転職活動で「即戦力になる経験やスキルがある」ことをアピールできるようになれば、「転職できるのだろうか」という不安が小さくなる可能性があります。

 

職種別 転職者を採用した理由の割合(複数回答3つまで)経験を活かし即戦力になるから専門知識・能力があるから職場への適応力があるから
管理的な仕事62.3%40.7%25.9%
専門的・技術的な仕事66.1%52.7%26.7%
事務的な仕事42.0%17.5%27.7%
販売の仕事58.8%13.4%25.8%
サービスの仕事54.9%23.9%29.5%

(厚生労働省「令和2年転職者実態調査の概況」で調べて作成。上記以外の理由は省略しています。)

 

転職に求める条件を譲れないものと譲歩できるものに分けておく

転職に求める条件を譲れないものと譲歩できるものに分けておくことで、求人が見つからないのではという不安を軽減することができます。

  • 仕事内容
  • ポジション
  • 年収
  • ワークライフバランス
  • 勤務地
  • 残業時間
  • 福利厚生

 

などなど転職先の希望条件がいくつかあるはずです。

ただしそれらの条件を全部カバーする求人案件を探そうとすると選択肢が狭まってしまいます。もしかしたら、そのような求人は無い可能性も…。

転職に求める条件をリストアップして、「絶対に譲れない条件」と「譲歩しても良い条件」を分けておけばより多くの求人から選ぶことができるようになります。

 

企業研究や業界研究は手を抜かない

入社してから「こんなはずではなかった」となるのではという不安を軽くするために、企業研究や業界研究は手を抜かないようにしましょう。

企業のHPや求人票の説明だけではわからないことがたくさんあるはず。口コミサイトを利用しても良いですし、実際にその会社で働いている人から話を聞くのは更にオススメです。

また企業研究はブラック企業を見抜くためにも大切です。

「転職先がブラック企業だったら…?」という不安をなくすためにも、企業研究や業界研究はしっかりとしておきましょう。

関連記事 【ブラック企業のすべてがわかる】これでブラック企業の特徴から見抜くに方法

 

内定が出るまで退職しない

仕事をしながら転職活動するのは時間面の制約があるので不安に感じる人が多いです。

でも退職してからの転職活動は、無収入になる期間があるので経済面の不安が大きくなります。

なかなか内定が出ないと収入面での不安から、時間に余裕があるにも関わらず焦って希望と違う仕事に転職して後悔する可能性があります。

できるなら内定が出るまで退職しないようにしてください。

 

円満退職を目指す

転職先が決まったら今の仕事を円満退職することを目指してください。

転職した会社が本当に自分に合っているかは実際に働いてみないとわかりません。

「新しい職場に馴染めなかったらどうしよう」という不安を小さくするためには、円満退職して「出戻り」できる環境を整えておくことがオススメです。

最近は、一度退職した人を再雇用する「出戻り」採用を実施している企業が増えています。もし転職に失敗してしまっても、戻れるところがあるならば不安も解消するはず。

ただし揉めに揉めて退職してしまっていたら、出戻り歓迎されるチャンスはあまり無いと考えるのが普通です。

後々のことを考えて、円満退職で仕事を辞めるようにしましょう。

 

家族の意見を大切にする

「家族が転職に賛成してくれないのでは」と不安に感じているのなら、家族の意見を大切にしましょう。

家族は転職の影響を一番多く受けるので、真剣に考えてくれているはず。

きちんと説明すれば理解してくれることもあるし、もしそれでも理解を得られないのなら、その転職は間違っているのかも…。

「仕事のことなど何もわかっていない」などと思わずに、家族の意見を大切にすることをオススメします。

関連記事 「嫁ブロック」を回避して転職を成功させるには?嫁ブロックを防ぐための7つのポイント

 

転職エージェントやハローワークに相談して第三者の意見を聞いてみる

転職についてあれこれと不安があるときは、転職エージェントやハローワークに行って転職のプロに相談してみるのもオススメです。

実際に、自分が抱えている不安について言葉で説明することで、頭の中が整理されるという効果があります。

また転職のプロは転職にまつわる様々な不安について的確にアドバイスしてくれます。

転職エージェントもハローワークも登録・利用は無料ですので、気軽に利用できるのも良いところです。

 

「何事も失敗はつきもの」と割り切る

「何事も失敗はつきもの」と割り切ることで、転職の不安を解消することもオススメです。

みんな転職で失敗したく無いけれど

 

  • 採用選考に落ち続けて転職先が見つからない
  • 転職できたけど仕事、人間関係、社風など合わなくて転職したい

 

など誰にでも起こりうることです。

ウォルト・ディズニーは「失敗したからって何なのだ? 失敗から学びを得て、また挑戦すればいいじゃないか」と言っています。

難しいかもしれませんが「人生失敗はつきもの」 と割り切って、失敗を力に変えていくことで不安を解消することも可能です。

参考記事 向谷 匡史 「失敗を過度に恐れる人」に知ってほしい7名言 東洋経済オンライン

 

スポンサードリンク

 

▲目次に戻る

転職の不安に関するよくある質問

転職の不安に関するよくある質問をまとめています。転職の不安について疑問や質問があるかたはぜひご覧になってください。

20代で転職を考えていますがとても不安です?転職が不安な人って多いですか?
20代で転職する人は、転職活動が初めてなので不安、仕事の実績や経験が少ないから不安、どんな仕事をやりたいのかわからないから不安、勤務年数が短いから不安、と感じる人が多いです。
「とりあえず3年は我慢」って聞くけど、勤務年数が短いと転職に不利になるのか不安です。
勤務年数が短いのに転職する場合、転職の理由が重要になります。
普通、勤務年数が1~2年という人が応募してくると、採用担当者は「せっかく採用してもすぐに辞めてしまうのではないか」と考えるからです。でも、転職の理由が納得できるもの、例えば、「ブラック企業なので健康を害する前に転職したい」など、であれば、勤務年数の短さは問題にならないはずです。
転職が不安で転職活動を始めるべきか悩んでいます。不安を解消する方法はありますか?
まずは、転職活動が成功するよう準備をしっかりとしてください。具体的には、ポジティブな転職理由を考える、人生の目標を再確認する、自己分析をしっかりとする、キャリアの棚卸しをする、転職の条件を整理する、企業研究や業界研究を徹底的にする、ということです、また、経済面での不安を解消するためには、内定が出るまで今の会社を退職しないことが大切です。円満退職を心がける、家族が転職に賛成してくれるように説得する、ことでも精神面の不安を解消することに役立ちます。

 

▲目次に戻る

転職が不安な人へ まとめ

転職が不安な人へ まとめ

様々な転職の不安について解説しました。

多くの人に共通する不安もあれば、20代、30代、40代と年代ごとに特有の不安もあります。

これらの不安はこの記事で紹介した解消する方法で軽減することが可能です。

ぜひ参考にして、転職を成功させてください。

 

関連記事 転職が決まらない人へ「転職を成功させるために」

関連記事 【ブラック企業のすべてがわかる】これでブラック企業の特徴から見抜くに方法

関連記事 「嫁ブロック」を回避して転職を成功させるには?嫁ブロックを防ぐための7つのポイント

 

スポンサードリンク

 

▲目次に戻る

仕事・転職で悩んでいるなら【無料】適職診断受けてみよう

適職診断を受けよう

「正直いまの仕事が合っていない」「どんな仕事が自分に合っているのかわからない」

そんな人は無料の「適職診断」を受けることで自分に合った仕事を知ることができます。

 

>> 【無料】適職診断を見る <<

無料の適職診断
スポンサーリンク
転職が不安
最新情報をチェックしよう!
>仕事・転職で悩んでいるなら【無料】適職診断受けてみよう

仕事・転職で悩んでいるなら【無料】適職診断受けてみよう

「正直いまの仕事が合っていない」「どんな仕事が自分に合っているのかわからない」. そんな人は無料の「適職診断」を受けることで自分に合った仕事を知ることができます。

CTR IMG