Iターン転職についてわかりやすく解説!メリット・デメリットから実際にIターン転職した人の声とは

近年、都会で生まれ育ってそのまま就職していた人々が田舎暮らしに憧れて地方へ転職をするIターン転職が増えています。

とはいえ、都会と比べて田舎での転職は求人数の少なさ等から難しい点も挙げられる為、Iターン転職がしたいと考えたのならばしっかりとした事前準備が必須です。

本記事ではIターン転職に関する情報を余すことなくご紹介します。

コンサル山田
実際にIターン転職した人の声も掲載しているぞ。

この記事で伝えたいこと

目次
無料の適職診断[特集] 無料の適職診断

Iターン転職とは?

Iターン転職とは?

それではIターン転職について見ていきましょう。

またIターン転職と共によく知られている「Uターン転職」「Oターン転職」「Jターン転職」についてもご紹介しますのでぜひご覧ください。

Iターン転職は都会生まれが地方へ転職

Iターン転職とは冒頭で紹介した通り「都会で生まれ育った人が都会で転職後、地方へ転職する」ことです。

地方は都会と違い、自然に溢れてゆったりとした時間が流れている感覚がある為、旅行で地方に行ってその魅力にひかれる人も多いかもしれませんね。

対して都会のイメージと言うと、利便性は良いものの、ギスギスとした忙しい時間が流れている感覚があります。

しかし、Iターン転職は今までの仕事環境や生活環境が大きく変わる為、想像以上に大変なのが現状です。

魅力がある半面、実際に地方へ転職して後悔する人も多い為、思い付きで行動せず事前に準備する必要があります。

 

Uターン転職は都会から地方へ

Uターン転職とは「地方で生まれ育った人が一度都会で就職した後、地元に戻って転職する」ことです。

地方で生まれ育った人にとって都会は何でも揃っている魅力的な場所に見えます。

では一体なぜUターン転職を考えるのか…その理由として「都心部での生活が合わない」「家業を継ぐことになった」「子供が生まれた」等、様々な理由が考えられます。

Iターン転職と違い、ある程度土地勘や人脈があるから地方へ戻って転職しても安心!と考えて安易にUターン転職を行う人もいますが、地方は求人数も少なく面接に行くにも自家用車を使わないと行けない会社も多いです。

この点をしっかり理解しておかないと転職がうまく行かずに後悔する可能性も高くなりますので注意しましょう。

関連記事 Uターン転職の全てを解説!「都会の生活に疲れた」「地元に戻って貢献したい」「地元で家庭を築いて子育てしたい」方へ

 

Oターン転職は都会→地方→都会

Oターン転職は「都会で生まれ育った人が一度地方へ転職した後、また都会に戻って転職すること」です。

理由としては、以下が挙げられます。

  • 地方に憧れて転職したけれど思っていた以上に大変だったので都会に戻ってくる
  • 地方で得られた経験を活かすために都会へ戻ってくる
  • 地方ではキャリアが活かせずに都会へ戻ってくる

最初の理由に関してはIターン転職で後悔した人にもよくある理由です。

ただ旅行で行くだけならば地方の良い面にしか目が行かない為「地方最高」と思うかもしれませんが、実際は求人数以外にも利便性等、都会と比べて相当ストレスを感じる面が多くなります。

 

無料の適職診断[特集] 無料の適職診断

Jターン転職は都心から別の地方へ

Jターン転職とは「地方で生まれ育った人が一度都会で就職した後、生まれ故郷ではない地方へ転職すること」です。

例を挙げると地方出身者が一度都会で就職した後、自身が生まれた地方ではない地方都市等に転職するというイメージになります。

Jターン転職で代表的なパターンは、自身が生まれた地方に近い中核都市へ転職するパターンです。

その為、以下のように考えている人にはJターン転職がおすすめです。

  • 地方に住む家族や友人との距離を近くしたい
  • ある程度の利便性は欲しい
  • 地元に比べて求人数は豊富なところに住みたい

 

▲目次に戻る

Iターン転職のメリット

Iターン転職のメリット

次はIターン転職のメリットについて更に深掘りしてご紹介します。

生活環境をガラリと変えることができる

Iターン転職は都会から地方への転職となる為、生活環境はガラリと変わります。

夜になれば夜景が綺麗ですし、季節の移り変わりを目だけではなく肌で感じることもできます。お子さんがいる家庭ならば、都会にはない自然溢れる環境でのびのびと育てることができる点もメリットの一つです。

また都会と比べて静かで穏やかな空気の中で暮らすことで心にゆとりもうまれるでしょう。

 

通勤時間のストレスを減らすことができる

都会暮らしあるあると言えば「車や公共機関の通勤退勤ラッシュ」です。

人が多ければそれ程、通勤退勤ラッシュに巻き込まれやすく非常にストレスを感じます。

それに比べて地方ならば自動車通勤OKな職場も多く、電車もそこまで混雑する時間帯はない点がメリットです。

 

人と仲良くなりやすい

都心は近所付き合いが少ないイメージですが、地方はお隣同士の助け合いや地域のコミュニケーション等を大切にしている傾向があります。

その為、Iターン転職することにより人と仲良くなりやすい点もメリットです。

ご家族で地方へ…ともなれば親同士や子供同士、お隣同士のコミュニケーションを取りつつみんなで助け合って和気あいあいと暮らしていくことができます。

地方から都会へ来た人は「都会の人は冷たい」とよく言いますが、一度地方のコミュニケーションに慣れてしまうと寂しく感じても仕方がありません。

 

生活コストの削減

地方は都会に比べて物価が安い等の点を踏まえて生活コストの削減ができる点もメリットです。

生活コストとは光熱費や物価はもちろん家賃等、生きていく上で必要なコストを指しています。

特に家賃は都会と地方で大きな差がある為、地方へ行くと都会では考えられない額で満足の行く家を借りたり購入したりすることもできます。

 

自然が豊富

都会と地方の大きな違いと言えば、やはり自然の豊富さです。

とはいえ都会でも木のあるお家や会社、公園等は増えていますが本来の自然には勝てません。

地方は自然が豊富な為、空気も美味しくリフレッシュにもってこいです。

また都会のようにビルや車に囲まれない環境はストレスフリーを実現させることもできますね。

 

▲目次に戻る

後悔しないために知っておこう!Iターン転職のデメリット

Iターン転職のデメリット

Iターン転職にはメリットが豊富ですが、デメリットもあります。

しっかりデメリットを把握しておかないと「やっぱり都会に帰ろう……」となってしまう可能性も。

そうならない為にも、メリットだけではなくデメリットにも目を向けてみましょう。

 

生活インフラが不安定

都会のように生活する人々が多い場所では災害時の対策等がバッチリ整っていますが、それに比べて地方のインフラは大雨で停電が1週間程度続いてしまう……等、インフラが不安定です。

特に最近不安視されている大地震に関しても、都会は都会で色々と不安は残りますが地方に大地震が起きてしまうと何日も救助が来ずに大変な思いをする可能性もあります。

生きていく上である程度設備が整った環境でないと後々Iターン転職を後悔する原因になりかねません。

 

運転免許を持っていないとキツイ

地方は都会と違って「電車は1時間に1本」「バスは人が少ないところなら半日に1本」もザラです。

そうなると運転免許証を持っていないと何をするにも非常に不便な思いをすることになります。

移動手段以外にも「大きなスーパーは何キロも先に1店舗しかない」「スーパーとドラッグストアが離れた場所にある」「コンビニまで徒歩30分」等、都会では考えられない利便性の悪さが目立ちます。

以上を踏まえて運転免許証を持っていない状態でのIターン転職はデメリットが大きいのです。

 

求人が少ないため、就職が大変

最近ではインターネット環境があればどこにいても求人を探すことはできるようになりました。

とはいえ、どこにいても働くことができる人は「何らかの技術や資格を持っている」人が前提です。

加えて地方では都会と比べて、そう頻繁に求人を募集していない為、圧倒的な求人情報不足に陥る可能性もあります。

そのため「とりあえず行ってから転職先を決めればいいだろう」「田舎だから人手不足って聞くし」と安易な気持ちでのIターン転職はNGです。

年収が下がる可能性がある

年収に関してはどうしても避けられないでメリットです。

求人情報を調べたことがある方はわかると思いますが、地方と都会を比べると都会の方が年収は高い傾向にあります。

例えば2019年の国土交通省調査結果である「賃金・労働生産性の地域格差」では都心の東京や神奈川、大阪が350万円~400万円前後、地方の秋田、青森県青森250万円~300万円前後と年収に差があります。

参考データ:賃金、労働生産性の地域間格差(国土交通省)

 

これだけ見ると「地方は年収が低いし……」と悩む人も多いかと思いますが「都会と比べて生活コストが削減できるのだから年収が下がっても問題ない」と気持ちをプラスに切り替えられる人であればこの点は問題ないでしょう。

しかし「生活コストが削減できる分、貯金に回したりしたいから年収はあまり下がって欲しくない」と考える人にとっては難問となります。

利便性が低い

運転免許を持っていないにも通ずることですが、地方の利便性は都会に暮らしていた人からすれば非常に低いです。

例えば都会ならば徒歩圏内にスーパーやコンビニがあって、多少夜遅くてもどこかでご飯を食べに行くことや簡単な買い物もできます。

しかし地方ではなかなか徒歩圏内でスーパーやコンビニがないところも多く、夜は大体21時過ぎにはお店も閉まっており気軽に買い物はできないでしょう。

例えばお子さんが「明日学校で〇〇が必要」と寝る前に思い出されたり、自身が寝る前に明日必要だったもので買い忘れていたりしたものがあったら……困ってしまいますね。

 

▲目次に戻る

どうして?みんながIターン転職を考えた理由は?

Iターン転職を考えた理由は?

メリットがあればデメリットもあるIターン転職。

ここでは実際にIターン転職を考えた人々にどうしてIターン転職を考えたのか、その理由を聞いてみました。

土地に魅力を感じたから

Iターン転職を考えた人々が1番に理由として挙げるものは「土地に魅力を感じたから」です。

地方は土地ごとに季節で表情を変える自然が魅力的に感じます。

見ていて飽きない季節の移り変わりと、土地ごとのご当地等、都会とは違った魅力がありますよね。

その他にも綺麗で澄んだ空気を吸えば心と体の洗濯をしているようですし、懐かしい駄菓子屋、土地ごとに住む人々とのコミュニケーションも良いですね。

都会の喧騒を忘れた穏やかな毎日が送れそう……そう考えてIターン転職を考えるのだそうです。

 

自治体の支援制度

近年、地方の自治体ではIターン転職を支援する制度が整いつつあります。

例えば移住者への助成金制度、家賃を支援する住居支援制度、子育て支援制度等様々です。

そのため「結婚を機に」「定年からスローライフを送りたい」「子供がうまれて」等の理由でIターン転職を考える人もいます。

 

都会に疲れたから

Iターン転職をする人々の中には「都会に疲れた」という理由の人もいます。

確かに利便性もあって色々と恵まれている環境が揃っている都会でも、人が多い都会だからこそ様々なところでストレスを感じて嫌になる人もいるはずです。

「都会では同僚や上司とぶつかりあいつつ、バリバリ働いていたけれどふとした時に、自分はどうしてこんなに必死に働いているんだろうと思った」「もっとゆっくり生きてみたい」と考える人がIターン転職を考えるのかもしれませんね。

事実地方に行くと働いている皆さんが和気あいあいとしていて凄くゆっくりした時間が流れているように感じます。

「あぁやって働きながら、大きな贅沢は出来なくても細々と暮らせたらいいなぁ」と一度でも思ったことがある人もいるのではないでしょうか。

 

結婚・出産

自治体制度と通ずる内容ですが結婚や出産を機にIターン転職を考える人もいます。

「結婚を機に田舎で二人のんびり暮らしていきたいな」「子供も生まれるし自然溢れた環境で健やかに育って欲しい」そんな思いや願いを胸にIターン転職をするのです。

他にも地方では都会と比べて幼稚園や保育園の空きがある為、仕事と子育ての両立を目指すパパママにもピッタリです。

都会と比べて物価が安いから

その他にもIターン転職を考える理由として「都会と比べて物価が安いから」というものもあります。

都会は都心になればなる程、1つひとつの物価が高いのが特徴です。

それでも買う人がいるからと言えばそうなのですが、出来ることなら物価が安いところで暮らしたい……そう思いますよね。

特に家族が増えたりして出費がかさむとなれば出来るだけ生活コストを抑えたいと思うのは当然です。

 

▲目次に戻る

Iターン転職が向いている人ってどんな人?

Iターン転職が向いている人って

ここまでIターン転職について様々な情報をご紹介しましたが「そもそもIターン転職が向いている人ってどんな人なの?」という点に焦点を当てて見ていきましょう。

都会と地方の違いを理解し、楽しめる人

Iターン転職が向いている人は「都会は都会の良さがあり、地方には地方の良さがある」と都会と地方の違いを楽しめる人です。

初めて行く土地に長く住むとなれば様々な問題点が出てきます。

それを一つひとつ「嫌だ!」とマイナスに受け止めてしまう人ではなくて「地方には都会にはないこんな違いがあって面白いな」と楽しめる人にIターン転職はピッタリです。

子供を自然溢れる環境で育てたいパパ・ママ

「子供は自然溢れる環境でのんびり育てたい」そう考えているパパママにもIターン転職がおすすめです。

他にも「ゲーム機やスマホで遊ばせるのではなくて自然で遊びながら育って欲しい」という場合にもIターン転職をおすすめします。

もちろんゲーム機やスマホが全くない田舎というわけではないにせよ、都会は公園が少なかったり不審者が心配だったりとなかなか外で遊ばせられないとお悩みのママさんが大勢います。

その点、地方ならば地域の目で子供たちを見守り、自然を使った都会では知ることのできない遊び方などを知ることもできるでしょう。

地方で自身の新しい可能性を見出したい人

「都会で頑張ってきたけれど、どうしても自分の才能が埋もれてしまう」そんな人は地方で自身の新しい可能性を見出してみませんか?

例えば都会で培ったスキルを駆使して地方という新たなステージで自身の才能を発揮してみるというのも良いですね。

都会はハイキャリア層も多く、頑張ってもなかなか認められないという苦しい思いをしている人もいるかもしれません。

しかし地方では「都会で培ったスキルを発揮してくれる人」をいつでも歓迎しています。

あなたのこれまでの頑張りを新天地で発揮するのも新たなやりがいになるのではないでしょうか。

 

▲目次に戻る

Iターン転職のやり方

Iターン転職のやり方

「よし!Iターン転職をしよう」そう決めた方、ちょっと待ってください。

しっかりとIターン転職に必要な準備はしていますか?ここではIターン転職を失敗しない為に覚えておくべきIターン転職のやり方をご紹介します。

 

移住先の決定

Iターン転職をしよう!と決めたら、まず1番最初に移住先を決定させることが重要です。

移住先を決める際に重要視するポイントは、以下4つになります。

  • 移住者支援等の制度はあるか
  • 利便性の有無
  • 自身が譲れない条件
  • 求人情報の量

先ほど紹介したように、近年では移住者支援制度を整えている地方もある為、この制度もしっかり利用してお得に引っ越しできるようにしましょう。

その他にも利便性の有無は重要です。運転免許があるとしても車で1時間もかけてスーパーには行きたくないですよね。

また「これだけは譲れない」という条件が組み込まれているのか、求人情報の量はどの程度なのかを地方の情報誌やネットで情報収集をして移住先を決定するようにしてくださいね。

 

転職活動

移住先が決定したら、次は転職活動です。

地方はなかなか求人情報の量が少ないのが欠点と言えます。

「一体どうやって転職活動したら良いのか」と悩まないように、活用するべき3つの転職活動方法をご紹介します。

JOINの活用

JOIN

JOINとは移住支援サイトのことで、空き家情報や田舎暮らし特集、求人情報を掲載しています。

転職活動だけではなく、行きたいと考えている地方の魅力やフォトライブラリーも閲覧できる点が特徴です。

求人もネット求人サイトでは掲載されない自治体からの求人等、地域に根付いた求人もありますので要チェックです!

Iターン転職に強い転職エージェントの活用

次に活用するべき転職活動方法は「Iターン転職に強い転職エージェントの利用」になります。

転職エージェントと言えば「高収入」「ハイキャリア」を目指す人が利用するものだと考えている人も多いかと思いますが、実はIターン転職や本記事で紹介したUターン転職・Oターン転職・Jターン転職等に強い転職エージェントがあるのです。

また転職活動の際に地方にいなくてもコンサルタントと密に連絡を取りつつ転職活動を進めていくこともできます。

加えて「住まい」「教育」「物価」などの最新情報も提供してくれますので転職活動をしながら地方の情報収集もできますよ。

  • 「doda」コンサル山田が転職成功した転職エージェント
    5

    doda

    dodaは私も利用したことがあり「カウンセラーの熱意」は他の転職エージェントと比べても高く、求人も希望する会社はもちろんのこと他社転職エージェントでは紹介されなかった優良企業が多くありました。

    「年収アップしたい方」「営業職・企画職・ITエンジニア職」「首都圏在住の35歳までの方」にはもっともおすすめの転職エージェントです。

    運営会社

    パーソルキャリア株式会社

    求人数

    約10万件(非公開求人含む)

    対応エリア

    北海道・宮城・東京・神奈川・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫・岡山・広島・福岡

    サポート特徴

    求人紹介、応募書類添削、面接対策、年収交渉、入社日調整など

    強い業種

    IT、通信、大手メーカー、医療系など

    公式サイト

    https://doda.jp

  • 「リクルートエージェント」求人数No.1の業界最大手転職エージェント
    5

    リクルートエージェント

    転職・人材業界では最大手の転職エージェント「リクルートエージェント」。

    • 業界最大級の非公開求人取り扱い
    • 業界最大手ならではの実績経験豊富なアドバイザー陣
    • 書類添削・面接対策など充実した転職サポート

    転職を考えたら登録必須の転職エージェントです。

    運営会社

    株式会社リクルートキャリア

    求人数

    20万件以上(非公開求人含む)

    対応エリア

    北海道・宮城・栃木・埼玉・千葉・東京・神奈川・静岡・愛知・京都・大阪・兵庫・岡山・広島・福岡

    サポート特徴

    面談、求人紹介、書類添削、面接対策、面接日程調整、入社日・年収交渉など

    強い業種

    IT・WEB関連、通信、医療、メーカーなど幅広い

    公式サイト

    https://www.r-agent.com

  • 「ビズリーチ」年収600万円以上スカウト型ハイクラス転職サービス
    4

    ビズリーチ

    テレビCMでおなじみの「ビズリーチ」。

    従来の転職エージェントとは異なりヘッドハンティングに近いサービスで登録すると複数のヘッドハンターからのスカウトが届きます。

    「年収600万円以上」「管理職・幹部ポジション」の転職を考えているならビズリーチがおすすめです。

    運営会社

    株式会社ビズリーチ

    求人数

    約96,000件

    対応エリア

    全国対応(ヘッドハンターが全国4,700人登録)

    サポート特徴

    登録すると「企業」や「ヘッドハンター」からスカウトがくる転職サービス

    強い業種

    インターネット関連、IT関連、大手メーカーなど

    公式サイト

 

ハローワークの活用

転職活動で活用したい転職方法3つ目は「ハローワーク」の活用です。

ハローワークは全国にある為、現地に行かなくてもJOIN同様その地域に根付いた求人を探すことができます。

ハローワークで求人を探す場合はスマホやパソコンではなく、実際にハローワークへ行って探す方が操作もわかりやすい為おすすめです。

参考リンク:ハローワークインターネットサービス

 

関連記事 仕事の探し方王道5選

「移住~入社」までの流れ

次は移住~入社までの流れを簡単に説明していきます。

流れは以下7つとなります。

  1. 移住先の決定
  2. 情報収集
  3. 実際に現地へ
  4. 転職活動
  5. 住居の確保
  6. 現職の引継ぎ
  7. 移住・入社

情報収集をするだけではなく、一度現地へ足を運んで生活に必要な施設の有無や距離、住みたいと思っている地域に暮らす人々の様子を見てみるのもおすすめです。

以上7つが基本的な移住~入社の流れとなりますが、ポイントとして現職の引継ぎがある場合は気持ちよく退職する為に事前に退職する旨を伝えておきましょう。

また時期によっては住居の確保が難しくなる可能性もある為、気になる住居があれば早めに連絡しておくことも重要です。

 

▲目次に戻る

「年齢別」Iターン転職を成功させる方法(20代・30代・40代)

Iターン転職を成功させる方法

最後にIターン転職を成功させる方法を20代・30代・40代ごとにご紹介します。

20代:Iターン転職をする理由を明確に持つ

本記事でメリットとデメリットについてお話ししたように、正直に言って20代前半の人が都会から地方へIターン転職をする際には「なぜIターン転職をしたいのか」という理由を明確にする必要があります。

理由として20代はまだまだこれから働き盛りとなる為、スキルを積みハイキャリアを目指したいという願望があるならば叶う可能性が高いからです。

しかし地方へIターン転職するということは当初夢に見ていたハイキャリアになれる可能性や年収は低くなります。

失敗する人で多い理由が「家族に帰って来いと言われたから」「都心は就職難だったから」というもの。

しかしこれでは明確な理由にならない為、結局年収の低さや都会との違いに挫折してしまう種を増やしてしまう可能性を考慮して、「20代でIターン転職をする理由はコレ」と明確な理由を持っておく必要があります。

 

30代:キャリアの振り返りと移住先の地域産業リサーチ

30代でIターン転職を成功させるためには、まずキャリアの振り返りと移住先の地域産業リサーチから始めましょう。

理由として、いままでの仕事でどのようなキャリアを積んできたのか……この先どのような仕事をしていくのかを振り返ることで即戦力としての転職がしやすくなる為です。

また移住先ではどのような地域産業が盛んなのかを知っておかないと地方が求めているニーズに答えられずに、転職のハンデとなる可能性があります。

30代でのIターン転職はある程度キャリアを持ち、これからも成長を遂げる可能性が高い丁度良い時期です。

その為、キャリアの振り返りや地域産業リサーチをしておかないとせっかくの成長を阻止してしまうことにもなりかねませんので「やりすぎかな?」と感じる程に入念にリサーチしておきましょう。

40代:人脈を利用しつつ情報収集

40代は様々な人脈を築きあげてきた頃合いです。

その為、人脈を利用することで思わぬ転職先と巡り合える可能性も高まります。

また地域の情報収集をしておくことで転職後の生活がイメージしやすくなる為、家族で移住する場合もスムーズに生活を始めることができるでしょう。

40代は結婚し、出産を経て家族で……というケースが多いかと思います。

その為、自分自身中心で考えるのではなくて「家族も含めて」Iターン転職を考えることで成功しやすくなるはずです。

 

▲目次に戻る

Iターン転職について まとめ

旅行で見た地方と実際に住む地方では違いがあるように、Iターン転職にはメリットもあればデメリットもあります。

その為、Iターン転職をしたいと考えたらメリットだけではなくデメリットにも目を向けて考えるようにしてくださいね。

また本記事を読んで「よし!Iターン転職しよう」と思った人は、都会と地方の違いを前向きにとらえて充実したIターン転職になるように入念な情報収集を忘れずに行動しましょう。

 

関連記事 Uターン転職の全てを解説!「都会の生活に疲れた」「地元に戻って貢献したい」「地元で家庭を築いて子育てしたい」方へ

関連記事 通勤時間が長い人へストレスを軽減する方法など

関連記事 仕事の探し方王道5選

 

▲目次に戻る

転職を成功させるために転職エージェントを活用しよう

転職エージェントおすすめランキング

いまや転職を成功させるためには転職エージェントの活用は必須。

年齢・キャリア別に転職エージェントおすすめランキングを発表!

転職エージェントのメリット・デメリット・活用方法までそのすべてを一挙に紹介しています。

 

>> 転職エージェントおすすめランキング <<

無料の適職診断
スポンサーリンク
最新情報をチェックしよう!
>今の時代、転職を成功させるには転職エージェントの利用が必須

今の時代、転職を成功させるには転職エージェントの利用が必須

転職エージェントも今はキャリア・業種によってさまざまあります。 自分に合った転職エージェントを見つけましょう。

CTR IMG
\今すぐチェック/
仕事のことで悩んでいるならオンラインで今すぐ無料
無料適職診断