転職が決まらない!期間は

転職が決まらない…長引く転職活動に焦りを感じている方へ「転職を成功させるために」

「こんなにがんばっているのになかなか転職が決まらない」

「何社受けても書類選考すら通過できない」

「どうすれば内定をもらえるのか。」

 

転職が決まらず転職活動が長期化すると、焦りや不安が生まれてくるものです。

「内定が出ない」「転職が決まらない!」と焦っているあなた。

それは転職活動の取り組み方に問題があります。

この記事では、転職が決まらないと焦っているあなたにぜひ見直していただきたい原因と対策を紹介します。

 

どれも転職成功者は必ずおさえているポイントです。

転職が決まらないときは、ぜひ転職活動を一から見直してみてください。どこに問題があるのかに気づけば、きっと道は開けるはずです。

 

目次
無料の適職診断[特集] 無料の適職診断

「転職が決まらない!」実際に転職活動にかかる期間の目安は

転職が決まらない!期間は

「転職がなかなか決まらない」そう悩んでいるかもしれません。しかし、そうすぐに新しい仕事が見つかるものではありません。

一体転職活動にかかる期間は、どれくらいなのでしょうか。まず、転職活動期間の目安について説明します。

 

退職してからの転職活動は3か月が目安

退職してから転職活動を始める場合、3か月程度が内定までの目安です。

退職してからの転職活動は、自分の時間をフルに使って内定獲得を目指さなければなりません。無職の期間が続くのもよくないので、3か月以内に次の仕事を決めたいものです。

 

在籍中の転職活動は半年が目安

会社に在籍しながら転職活動をするのは、半年が目安です。仕事をしながらだと多くの選考を一度にこなすことができないので、時間がかかってしまうのも無理はありません。

かと言って1社ずつ選考を受けると、応募先全てに落ちた時には最初からやり直しとなってしまいます。自分のキャパシティに応じて、焦らずに忍耐強く転職活動に臨むことが求められます。

 

転職活動から内定までの応募社数は

転職エージェントのマイナビの調査によると、マイナビ転職登録会員の平均応募社数は半年間で8.4社との調査結果が出ています。

 

年齢別 転職での平均応募者数

〜19歳 4.1社
20〜25歳 6.3社
26〜30歳 7.1社
31〜35歳 8.2社
36〜40歳 8.7社
41〜45歳 10.1社
46〜50歳 12.1社
51〜55歳 14.5社
56〜60歳 14.5社
61歳以上 15.2社

参考 平均応募者数や選考通過・内定確率はどのくらい?(マイナビ転職)

 

同調査によると書類選考を通過する可能性は30〜50%とのことなので、転職活動はやはり一筋縄ではいかないことがわかります。

内定獲得までに大体10社程度、もしくはそれ以上応募することになると思っておきましょう。

 

無料の適職診断[特集] 無料の適職診断

補足: ブランクが長引くほど転職活動は難しくなる!

仕事が激務で転職活動の時間が取れないからと、先に退職してしまおうと考えるかもしれません。

しかし転職先が決まる前の退職は要注意です。

職がないブランク期間が長引くほど、企業からの印象が悪くなります。経済的にも苦しくなり、結局本意でない内定を承諾することにもなりかねません。

ブランクが長引くと転職活動がさらに難しくなっていくので、退職してから転職活動をするならすばやく行動を開始してください。

 

 

「転職が決まらない理由」なぜ内定が出ない?よくある4つの原因

転職活動が長引く、なかなか内定が出ない…。それはなぜなのでしょうか。

以下で、考えられる4つの原因について説明します。

 

理由1:転職の事前準備ができていない

転職への事前準備が十分でないせいで、転職が決まらないのかもしれません。

転職の事前準備として経歴・スキルの棚卸し、業界・企業研究をしっかりと行わなければなりません。

「なぜ転職したいのか」「なぜ転職しなければならないのか」ということも明確にしておく必要があります。

これらがあいまいなまま転職活動をしても、志望動機や自己PRの甘さを見抜かれ、落とされてしまいます。

 

理由2:応募する求人の選び方が間違っている

応募する求人の選び方が間違っている可能性もあります。

「あれもこれも」と条件を絞り過ぎて、応募できる求人数が限られすぎていませんか?

大企業や有名企業ばかりにフォーカスして、自分のスキルや経歴に合った企業を選べていない、ということはありませんか?

企業から「うちに来て欲しい」と思われないと、内定はいつまで経っても出ません。あなたのことを欲しいと思う企業に応募することが大切です。

 

理由3:応募書類が魅力的でない

書類選考になかなか通らない場合は、応募書類が魅力的でないことも原因になりえます。

書類選考に通らなければ面接に進めず、内定を獲得できません。履歴書・職務経歴書はあなたの経歴やスキルを魅力的に伝えるものとなっていますか?特に高いクオリティの職務経歴書は自己PRに欠かせず、時系列で経歴を追うだけでは十分と言えません。

応募書類の質を高めるだけでも、面接のチャンスが高まります。

 

理由4:面接対策ができていない

面接対策ができていないことは転職が決まらない最大の原因かもしれません。いくら書類の出来がよくても、面接で満足に答えることができなければ内定は出ません。

面接官の質問に、簡潔かつわかりやすく答えることはできていますか?あなた自身を、魅力のある人材としてアピールできているのでしょうか?

面接対策は1人でするのは難しいものでもあります。客観的な視点を持って対策を進めなければなりません。

 

 

コンサル山田
ひとつずつ詳細に解説するぞ。

転職が決まらない理由1:事前準備不足が原因と解決策

転職が決まらないのは事前準備不足

上記で転職が決まらない原因を4 つ説明しました。

以下では、それぞれの原因と解決策を説明します。まずは、事前準備が不足している場合の具体的な原因とその解決策から見ていきましょう。

 

自己分析が甘い 強みややりたいことが明確でない

転職活動の基礎の部分になる自己分析が甘いかもしれません。自己分析が甘いと、自分自身の強みややりたいことがあなたにとっても明確でないためにブレやすくなります。

自己分析を深めるためには、「will」「can」「want」の3つを考えるとよいでしょう。

 

  • 「will」…将来どうなりたいか
  • 「can」…今何ができるのか
  • 「want」…何をしたいのか

 

この3つをクリアにすると、自分に合った職種や業界が見えてくるはずです。

 

コンサル山田
自己分析には「適職診断」もおすすめだぞ。

 

秘書ひとみ
大手人材サービス企業が行っている「適職診断」ぜひ試してみてくださいね。
関連記事

「今の仕事が自分に合っていない気がする」 「正直、仕事辞めたい、今日も会社行きたくない」 「転職したいけどどんな人が自分に合っているのかわからない」   これらは仕事をしているビジネスパーソ[…]

無料の適職診断

 

自分の市場価値を理解できていない

自分の市場価値を理解できていない可能性もあります。自分の市場価値以上の給与を求めると、なかなかオファーをもらうことができません。

自分の市場価値を正しく把握するには、転職エージェントに相談してみるのも方法の1つです。

またLinkedInなどのビジネスSNSやビズリーチなどスカウト型の求人サイトにプロフィールを登録し、オファーの有無やその内容から自分の市場価値を探ることもできます。

転職エージェントのパソナキャリアによる「年収診断・年収査定シミュレーション」では年収の相場を確認できるので、あなたの市場価値の判断材料の1つとして使ってみてください。

 

企業分析ができていない

企業分析は十分でしょうか。企業の公式ホームページにざっと目を通すだけでは、企業分析が足りているとは言えません。

企業分析をするには、まずは業界自体のビジネスモデルや、成り立ちから学びましょう。競合他社を把握し、競合がどのようなサービスを展開しているのかを把握することも必要です。「業界地図」などの書籍も役に立つでしょう。

「転職フェア」などで転職希望者向きの説明会が行われることもあります。説明会に参加すると企業のアピールポイントを理解できるので、もしタイミングが合えば参加してみてはいかがでしょうか。

 

転職活動のスケジュール管理ができていない

転職活動のスケジュール管理ができていないと、転職活動を効率よく進めることができません。

書類の提出期限や面接の日程など、リマインダーを用いながらスケジュールは厳守するよう気を付けましょう。

複数の選考を並行することは大切なものの、キャパオーバーにならないよう応募数を管理することも大切です。

 

転職が決まらない理由2:仕事探しに問題がある場合と解決策

求人探しに問題あると転職が決まらない

転職が決まらないは仕事の探し方に問題があることも考えられます。

仕事探しに関する具体的な原因と解決策を以下で説明します。

求人への応募数が少なすぎる

求人への応募数が少なすぎるのかもしれません。一度に応募する求人数が少なすぎると、選考が終わるごとにまた応募、と最初からやりなおしになって時間がかかります。

仕事を続けながら転職活動をするなら、欲張りすぎるとキャパオーバーになってしまうので応募数の管理をしっかりしてください。

しかし、仕事をやめてから転職活動をする場合はそうは言っていられません。選考待ちの企業がなくならないよう、つねに複数社手元に選考待ちがある状態をキープしましょう。

 

あなたに合った企業・仕事探しができていない

あなたに合った企業選びができていないために、なかなか転職が決まらないこともあります。

あなたのスキルを求めている企業、社風が合う企業などさまざまな要素があり、自己分析を徹底することで自分に合った企業が見えてきます。

 

  • これまでの経歴の整理
  • 「will」「can」「want」の整理
  • 年収、勤務地、福利厚生、仕事内容…など転職条件の優先順位を整理

 

上記に加えて、「自分が今の会社で嫌なこと」もはっきりさせておくと、自分に合った社風の企業を見つけるのに役立ちます。

たとえば「社内決裁に無駄が多い」ことが嫌なら、スピード感のあるベンチャー企業を中心に求人を探せば、あなたに合う企業が見つかりやすくなります。

また「転職会議」「Openwork」などの転職掲示板では社員から見た企業の社風について確認することができるので、ぜひ活用してみてください。

 

企業のニーズを理解していない

企業のニーズを理解していないまま選考を受けても、内定は出ません。

自分を求める企業を見つけて、応募する必要があります。

企業はどんな人材を求めているのでしょうか。そのヒントはさまざまなところに隠れています。

 

  • 募集要項の「求める人物像」を確認する
  • 企業の採用ホームページの社員インタビューや会社紹介に目を通す
  • 転職掲示板で働いている人の傾向をリサーチする
  • 企業のビジネスモデル・競合を知る
  • 企業が属する業界の流行・風潮をリサーチする

 

たとえば上記のようなことをすれば、おのずと企業のニーズや求める人材について理解できます。

そこに照準を当てて、自己PRや志望動機を用意してみてください。

 

関連記事

人生において大事な「転職」。その際に重要になってくるが「仕事の探し方」です。 仕事に対する条件や希望は人それぞれありますが、「仕事の探し方」が間違っていたためにブラック企業や、思ってたのと違うといった会社に転職してしまうことは絶対に避[…]

仕事の探し方

 

転職が決まらない理由3:応募書類に原因がある場合とその解決策

応募書類に問題あり

応募書類に原因があると、書類選考より先に進むことができません。

以下では、応募書類に原因がある場合とその解決策について説明します。

 

応募書類を使いまわしている

履歴書・職務経歴書を使いまわしていませんか。

特に職務経歴書は企業ごとに書きかえる必要があります。企業が求める人材は同じではありません。それにもかかわらずどの企業にも同じアピールポイントを訴求しても、企業にはまったく響きません。

企業研究をしっかりとして、企業が魅力的に感じるポイントを職務経歴書でしっかりとアピールするために書類を一社ごとに用意してください。

 

自己PRが企業のニーズに合っていない

自己PRが企業のニーズに合っていない可能性が考えられます。自己PRは、職務経歴書の最後に書くことが多く、企業の採用担当者がもっとも念入りに見る部分でもあります。

自分の職務経歴によって自己PRが説得力のあるものになっているでしょうか。また、自己PRの訴求ポイントは企業にとって魅力的なのでしょうか。

「企業のニーズを理解していない」の見出しで述べた方法で企業ニーズを分析し、あなたに求められる能力が何なのかを把握してから自己PRを作成するようにしてください。

 

志望動機がありきたり

志望動機がありきたりで抽象的だと、熱意が伝わらずに落とされてしまいます。特に応募書類を使い回していると、どの企業でも言えるようなことを志望動機で言ってしまいがちです。

なぜその企業に入社したいのか、その理由は独自性のあるものでないといけません。採用担当者は面接のプロなので、適当な志望動機では準備不足を見抜かれてしまいます。

説得力のある志望動機を書くには、その企業の業界での位置付けと競合他社について調べましょう。応募企業のユニークな点が見えてくるはずです。

「社風に惹かれた」「経営方針に共感した」などのありきたりな言葉ではなく、「業界1位である優位性を生かして〜にチャレンジしたい」など、具体的な志望動機を心がけてください。

 

職務経歴書が読みづらい

職務経歴書が読みづらいせいで選考に通らないのかもしれません。

書類は相手のことを考えて作るものです。字が詰まって読みにくい書類だと、「相手の立場に立てない人」「仕事ができない人」とみなされてしまうからです。

職務経歴書はフォーマットが決まっていないので、作成が難しいのも無理はありません。

「職務経歴書」で検索するとインターネット上で多数のサンプルがヒットします。転職エージェントのdodaのホームページでは133職種の職務経歴書のサンプルをダウンロードすることができます。

ぜひ、見本を活用して読み手に配慮した職務経歴書に仕上げましょう。

 

 

転職が決まらない理由4:面接対策に原因がある場合とその解決策

面接対策が不十分だと転職が決まらない

面接対策は転職の肝とも言える、最重要事項です。

以下では面接対策に原因がある場合とその解決策について説明します。

服装に無頓着

面接時の服装に十分気をつけていますか。身だしなみは第一印象を左右します。

セットされていない髪型、シワが入ったシャツ、サイズの合っていないスーツなど、身だしなみが乱れていると「細かい気配りができない人」「相手の気持ちがわからない人」と思われてしまいます。

そうなると、いくら面接で力説しても面接官の心には届きません。

身だしなみをきっちりと整えてから面接に出向くようにしてください。

 

質問の受け答えができていない

あまりにも面接で落とされる場合、質問の受け答えが適切にできていないことも考えられます。

話しているうちに質問を見失ったり、聞かれたことに対して微妙に外れた答えをしたりしていませんか。特に長々話す癖があると受け答えに一貫性がなくなるので、できる限り簡潔に答えることが大切です。

質問の受け答えに自信がないなら、模擬面接をして練習を積みましょう。たとえば自分の受け答えを録音して後から聞いてみると、どれだけ正確に質問に答えられているのかがわかります。

 

面接マナーが分かっていない

面接マナーを把握していないせいで「常識がない」「マナー違反」と思われ、落とされているかもしれません。以下の面接マナーに則って面接に出向いていますか。

 

  • 面接の指定時間の5分前には会場に到着する
  • 3回程度ノックしてから扉を開ける
  • 部屋に入るとまず面接官に挨拶する
  • 席にはすすめられるまで座らない
  • 勝手に話し始めない
  • 相手の目を見て話す

 

どれも基本的なことですが、意識しなければ抜けてしまうこともあるでしょう。

面接マナーで落とされてしまうのは非常にもったいないので、気をつけるようにしてください。

 

自信がなさそうに見える

自信がなさそうに見えると、面接に受かりません。

企業は今までの経歴や自身のスキルに自信がある人を採用したいと思っています。と言っても、面接に何度も落ちていると自信がなくなり、その元気のなさが現れてしまうのも無理はありません。

疲れた時にはしっかりと休み、自信を取り戻しましょう。

また、面接に落ちても何がダメだったのかを振り返り、「次ならどう答えるか」を考えるようにしてください。そうすることで、失敗を次に生かすことができ、自信を保つ助けになるでしょう。

 

熱意ややる気が伝わらない

熱意ややる気が面接担当者に伝わらないと、内定は獲得できません。熱意ややる気は、さまざまな部分から見てとれます。

 

  • 整った身だしなみ
  • 明るくてハリのある声
  • 説得力のある志望動機
  • 答えの端々からわかる企業研究、業界研究の深さ
  • 企業に貢献したい気持ちが感じられる自己PR

 

上記の要素から面接官は候補者の熱意を感じ取ります。取りつくろったような受け答えや、乱れた身だしなみでは入社意欲を伝えられないのは当然です。

やる気が出ない時には面接に出向いてもよい結果にならないので、無理はしないようにしましょう。

 

 

それでも転職が決まらないときは

転職が決まらないならリフレッシュ

前述した転職が決まらない理由①〜④を実践したのに、それでも転職先が決まらないということもあるかもしれません。

そんな時に試したいことを、以下で紹介します。

 

思い切って休んでみる

転職活動が長引いて、その疲れが顔に出ているのかもしれません。疲れた顔をしていると第一印象が暗くなってしまい、面接官に「一緒に働きたい」と思ってもらうことができません。

一度疲れを癒すために、思い切って転職活動を休んでみましょう。リフレッシュすることで本当にやりたい仕事に気づいたり、転職活動への意欲が高まったりすることもあります。

 

未経験者なら紹介派遣で経験を積むのも手

未経験がネックでなかなか転職先が決まらないのなら、紹介派遣で経験を積む手もあります。

紹介派遣は、最長6ヶ月の派遣期間を経て、会社と本人が同意すると社員になることができる雇用形態です。派遣として実務経験を積みながら職場の雰囲気を掴むことができるので、あなたに合った職場選びができます。

たとえ社員になれなくても派遣期間で働いた経験は、転職の際のアピール材料として活用できるのもポイントです。

 

転職が決まらなくてつらいなら「転職のプロ」を頼るべし

転職が決まらないと、「社会から必要とされていない」とつらく感じるものです。

つらい思いを我慢するくらいなら、「転職のプロ」を頼って転職活動を効率的に進めましょう。転職のプロである転職エージェントは、あなたのように転職に悩む数々の人を内定に導いてきた実績があります。

応募書類がよくないのか、応募している求人があなたに合っていないのか、それとも面接の受け答えが悪いのか…適切なアドバイスのもと内定が出やすい求人を紹介してくれます。

独力での転職活動に限界を感じたら、転職エージェントに相談してみてください。

関連記事

いまや転職活動において自分が希望どおりに転職を成功させるためには「転職エージェント」を利用するのは必須です。 しかし、転職エージェントが増えている今、   「どの転職エージェントを利用したらいいのかわからない[…]

転職エージェントおすすめランキング

 

補足:焦りは禁物!とりあえず出た内定先に転職するのはやめよう

転職で厳禁なのは、焦りです。深く考えず、とりあえず出た内定先に転職を決めるのは安易すぎます。

あなたに合っていない企業だと、働いているうちに違和感を覚えてまた転職をしなければならなくなります。

また、ブラック企業は人手不足なので内定が出やすいのが特徴です。

内定先があなたに本当に合っているのか、ブラック企業ではないのかを慎重に確認するようにしてください。

 

 

転職が決まらないときに頼りたい「転職エージェント」って?

転職エージェントおすすめ

いまや転職活動において自分が希望どおりに転職を決めるために「転職エージェント」を利用するのは必須です。

転職エージェントとは、企業と求職者(あなた)との間に入り、転職活動のサポートしてくれます。

企業側の採用したい人材の希望と、求職者の転職希望をマッチングさせ求職者にとっては、自分の適性を見極めた上で、希望に沿った仕事を代わりに探してくれます。

企業側にとっては、転職エージェントというフィルターを通して採用活動が行えるので、「欲しい人材」を効率よく採用することができるのです。

 

転職エージェントのサポート内容

転職エージェントはあなたに合った転職先を紹介するだけではなく、転職関すること全般をサポートしています。

 

転職エージェントの主な役割

  • 転職全般のサポート
  • 希望する企業を紹介
  • 応募書類の添削
  • 面接事前対策
  • 給与や待遇などの雇用条件交渉
  • 入社日の調整

 

「転職が決まらない!」とひとりで悩まず転職のプロである転職エージェントも積極的に利用していきましょう

 

転職活動の長期化に焦っているあなたにおすすめの転職エージェント

転職エージェントもキャリア・年齢によってさまざまあります。

代表的なおすすめ転職エージェントをご紹介いたします。

 

リクルートエージェント

リクルートエージェント
転職・人材業界では知らない人がいない「リクルート」が運営する転職エージェント「リクルートエージェント」です。

業界トップ企業が運営する転職エージェントは登録必須です。

 

求人件数 5.0
求人の質 5.0
サポート力 4.5
総合評価 5.0

 

リクルートエージェントの評判を徹底調査

 

 

doda

doda

カウンセラーの評判の良さ、求人の質が良いということで人気のdoda。面接対策から企業への交渉までdodaのカウンセラーは信頼できます。

こちらも登録必須の転職エージェントです。

求人件数 4.0
求人の質 4.5
サポート力 5.0
総合評価 4.5

 

dodaの評判を徹底調査

 

マイナビエージェント

マイナビエージェント

新卒採用に強いマイナビが手掛けてる転職エージェントが「マイナビエージェント」。

新卒時に利用した20代から人気で、企業側からも若手採用に強い転職エージェントとして評価されています。

求人件数 4.0
求人の質 4.0
サポート力 4.0
総合評価 4.0

 

マイナビエージェントの評判を徹底調査

 

ビズリーチ

ビズリーチ

テレビCMでおなじみに「ビズリーチ」。従来の転職エージェントとは異なりヘッドハンティングに近いサービスです。登録すると複数のヘッドハンターからのスカウトが届きます。

やり手のヘッドハンターと出会えれば転職活動を有利に進められます。

求人件数 4.5
求人の質 3.5
サポート力 3.0
総合評価 3.5

 

 

「総合型転職エージェント」や「20代におすすめの転職エージェント」「ハイクラス向け転職エージェント」「職歴なし向け転職エージェント」など特化型の転職エージェントについてはこちらの記事でも紹介紹介しています。

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

転職が決まらない まとめ

転職が決まらない時には、必ず理由があります。

転職の事前準備、応募書類、求人選び、面接対策のどこかでつまずいているはずです。あなたの転職活動のどこに原因があるのかを突き止め、解決するようにしてください。

また、転職活動に行き詰まった時は1人でどうにかしようとせず、「転職のプロ」転職エージェントに頼りましょう。

転職エージェントは転職の心強い味方になってくれます。1人で悩まず、ぜひプロからを借りてみてください。

 

関連記事

「今の仕事が自分に合っていない気がする」 「正直、仕事辞めたい、今日も会社行きたくない」 「転職したいけどどんな人が自分に合っているのかわからない」   これらは仕事をしているビジネスパーソ[…]

無料の適職診断
関連記事

「LinkedIn(リンクトイン)」とは、世界最大クラスのビジネス特化型SNSです。 日本では知名度こそありませんが、LinkedIn(リンクトイン)は高機能のビジネスSNSで世界ではユーザー数の多いサービスです。  […]

LinkedIn(リンクトイン)
関連記事

人生において大事な「転職」。その際に重要になってくるが「仕事の探し方」です。 仕事に対する条件や希望は人それぞれありますが、「仕事の探し方」が間違っていたためにブラック企業や、思ってたのと違うといった会社に転職してしまうことは絶対に避[…]

仕事の探し方
転職を成功させるために転職エージェントを活用しよう

転職エージェントおすすめランキング

いまや転職を成功させるためには転職エージェントの活用は必須。

年齢・キャリア別に転職エージェントおすすめランキングを発表!

転職エージェントのメリット・デメリット・活用方法までそのすべてを一挙に紹介しています。

 

>> 転職エージェントおすすめランキング <<

無料の適職診断
スポンサーリンク
転職が決まらない!期間は
最新情報をチェックしよう!
>今の時代、転職を成功させるには転職エージェントの利用が必須

今の時代、転職を成功させるには転職エージェントの利用が必須

転職エージェントも今はキャリア・業種によってさまざまあります。 自分に合った転職エージェントを見つけましょう。

CTR IMG
\今すぐチェック/
仕事のことで悩んでいるならオンラインで今すぐ無料
無料適職診断