女性が結婚前にすること・準備しておくこと7選を一挙紹介!美容・家事・メンタルなど

念願だった大好きな彼との婚約が無事に決まり、ご両親に挨拶・結婚式の準備…など何かとやることが増えてきますよね。

「結婚する」こと自体がゴールではなくこれから彼との長い共同生活がはじまります。

中には

「ああ…一人で生活していたときには気が付かなかったけど
 結婚前にちゃんと準備しておけばよかった…」

なんて後悔することもあるんです。

ちゃんと準備しておかないとせっかくの結婚生活スタートが台無しにもなりかねません。

そこで今回は「女性版結婚前に準備すること7選」をご紹介いたします。

紅子(婚活女子)

結婚前に確認してしっかり準備しましょうね。

Contents

結婚前にすること:美容面

女性は結婚前に美容ケアがマスト

永久脱毛


独身時代の美容ケアは、自分の好きな時に時間を割いて行うことができました。

ムダ毛のケアだって、毎日の習慣として時間をかけてできましたよね。

しかし結婚し、夫と一緒に暮らしていく中で、ムダ毛ケアをしている時間は思っていたよりありません。

ラブラブな夫婦であれば「毎日一緒にお風呂♪」となると、お風呂でムダ毛ケアなんてできませんし、一緒に過ごす部屋でも出来ません。

こっそりどこかでやるしかありません。

子供ができれば子供の面倒を見るのに必死で、自分のムダ毛ケアをする時間なんて全くありません。

紅子(婚活女子)

でもだからといってムダ毛ボーボーで過ごすのは、女として嫌ですよね…

そこで結婚する前に永久脱毛しておくことをオススメします。

できれば医療機関でしっかり全身をやっておくと、その後ムダ毛ケアはほとんどしなくて済むので、ずっとラクです。

永久脱毛は終了するまで2~3年かかりますから、婚活中にやり始めておきましょう!

スキンケア

結婚したって、誰にもスッピンは見せたくない!

と、毎朝夫より早く起きてメイクをし、夫が寝てからメイクを落とすという生活をしている強者も世の中にはいるようですが、ほとんどの女性は一緒に暮らし始めるとスッピンを見せることになります。

それまでスッピンを見せたことがなかった女性は「スッピンを見せて幻滅されたらどうしよう…」とハラハラすることも。

柴太郎

大人の男性は、女性が化粧を落とせば顔が変わることぐらい分かっていますが、心のどこかで「スッピンも可愛かったらいいな」とも思っています。

メイクが上手だったり時間をかけている女性ほど、メイクを落とせば目の大きさが小さくなり、のっぺり顔になることでしょうが、それでも「スッピンもなかなか可愛い」と思われるには顔の作りではなく「肌」を整えておく必要があります。

婚活中から、紫外線対策や、基礎化粧品でスキンケアをしっかりしておく必要があります。

結婚後は高い化粧品を買いにくいこともあるので、ある程度コストパフォーマンスの高い化粧品を自分なりに見つけておく必要もあります。

▲目次に戻る

結婚前にすること:家事面

結婚前に家事ができるようになっていないと苦労する

料理


共働きが多くなった現代、家事を分担する家庭も多くなっています。

料理だって「できる方がやればいいよ」と言ってくれる優しい男性もいますが、やはり美味しい料理を作って家で待っていてくれる奥さんに憧れる男性は多いです。

柴太郎

はっきり言って料理は出来て損はないです。

結婚する前にある程度料理の基礎は身につけておいたほうが、自分の為になります。

結婚すると、独身の頃より自分の時間が無いですから、ゆっくり料理を勉強している暇なんて無いと思っておいたほうがよいでしょう。

ササッと手際よく料理を完成させるスキルを身につけておいたほうがいいんです。

料理教室はいくらでもありますし、ネットで調べたり本を見ながら独学でもいいんです。

「料理が全然出来なくても、結婚してから出来るようになる人もよく聞くし、とりあえず結婚が決まってから料理の勉強すればいいや」なんて言ってると、結婚後大変すぎて後悔することになりますよ。

部屋の掃除


掃除・片付けのスキルは、育った家庭環境で元々上手に出来る人・出来ない人と分かれますが、出来ない人も結婚前にはある程度出来るようになっておく必要があります。

部屋をキレイに保つ感覚は、人それぞれ個人差があるでしょう。

結婚相手とあなたにも、感覚の差が必ずあります。

ですが、「部屋がとても汚い・部屋を汚された」と感じることは、人にストレスを与えます。

あなたが「これぐらい、汚くないでしょ」と思っていることでも、相手に大きなストレスを与えてしまい喧嘩の原因にもなりかねません。

部屋をキレイに保つと家でリラックスでき、良好な夫婦関係に繋がりますから結婚前にそのスキルを身につけておくといいでしょう。

断捨離

部屋の掃除と共通するところがありますが、部屋に物が多いと片付けも掃除も大変なので、夫と一緒に暮らす部屋に余計なものを持ち込まないようにしましょう。

独身時代に溜め込んだ「モノ」は処分し、必要最低限のものだけを新居に持ち込むことをオススメします。

捨てるものリスト

  • 多すぎる服、靴、装飾品小物
  • 大量のCD・DVD・本
  • 重要なもの以外の書類
  • 思い出の品々
  • 使用頻度が低い調理器具・古い食器
  • お土産の置き物等
  • その他夫との快適な暮らしを邪魔するモノ

▲目次に戻る

結婚前にすること:メンタル面

結婚に必要な柔軟性は独身時代に身に着ける


浪費癖を直しておく


結婚して家族になると子供の将来や老後の為に、2人で貯蓄を考えることになります。

そこで夫婦のどちらかに浪費癖があると、うまく貯蓄することが出来ず、夫婦間で不満が溜まってしまいます。

紅子(婚活女子)

いくらお金持ちの男と結婚しても、お金には限りがあります。

あなたの浪費癖で築き上げた資産を破壊しないようにしましょう。

浪費癖はすぐに直るものではありません。

買い物依存症も同じです。

独身のうちにお金を使わないことに慣れておきましょう。

自己主張の強さは家庭にはいらない


独身の場合、彼女はちょっとワガママなほうが可愛いだとか、「芯が強い女性はカッコいい」なんて言われますが、結婚して、家庭でもそのまま主張が強い女性でいると、男性は疲れてしまいます。

柴太郎

どんな気弱そうな男性でも、本能的には女性をひっぱり守っていきたい、という思いがありますから、嫁の言いなりにばかりなっている生活は屈辱的です。

旦那様の意見を尊重し、優しく話し合うことを結婚する前から練習しておいたほうがいいでしょう。

「『鬼嫁が恐い』と愚痴っているけどうまくいってる夫婦、たくさんいるんじゃないの?」と疑問が出てきますが鬼嫁と言いつつ、外には見えないところで実はきちんと夫を尊重し、夫に弱いところも見せ、うまくお互いに支えあっているものです。

▲目次に戻る

結婚前にすること:まとめ

抜かりない準備により、幸せな結婚生活を始めることができる


女性が結婚生活を送る前に準備することを7つご紹介いたしました。

女性はなにかと準備することが多くて大変ですね。

紅子(婚活女子)

全部いっぺんには難しくても少しずつ準備していきましょうね。

また今回ご紹介したこと7つって婚活中の女性も早めにやっておくことに越したことありません。

柴太郎

結局この7つが揃っている女性のことを男性は魅力的に感じるのです。

この7つをしっかり抑えれば素敵な出会いにつながりますよ。

無料の婚活診断
  • 婚活がうまく行っていない
  • 自分は恋愛に消極的かも
  • 『結婚できないのでは』と悩んでいる
自分の婚活力を知る無料の婚活力診断についての特集記事です。ぜひ一度ご覧になってください。

▲目次に戻る

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメントをどうぞ

コメントする

Contents
閉じる